前回の予告通り、「朝鮮雑記~日本人が見た1894年の李氏朝鮮~」の感想と、特に印象に残った部分を引用してご紹介します。



『朝鮮雑記』は、1894年4月から6月まで「二六新報」という日刊新聞に連載されていた一種の紀行文であり、著者の本間九介は、日韓併合後の、1913年3月に三・一独立運動が起きた直後、暴動の情景を写真に撮ろうとしたことから誤解を受け、暴徒に殺されたそうです。

百年以上前の紀行文なのに、現代になっても、朝鮮人の気質が全く変化していないことに、ドン引くと共に、改めて、何百年経っても分かり合うことは不可能であろうと思い知りました。

19世紀末期の朝鮮と日本
▲画像の左側は李氏朝鮮、右側は同時代の日本の風景です。

放擲主義

 朝鮮はすべてにおいて、放任主義。いやむしろ放擲(放り出してしまう)主義の国だといえよう。それが、ただ古くからの習わしなのかと思えば、そうではない。積もり積もった弊害をかたくなに守ろうとしたものであって、そのさまは、どちらかといえば、国是(国民葬いの方針)ともいえるようなものである。
 そのため、殖産興業に用いるような財源も、そんな感じの所から生じてくるし、国家も、そんな感じで存在しているのである。つまり、こういったもの一切を国家が放擲してしまい、無知蒙昧な(知識のない)一般民衆に押し付け、悠然としながら、国家の存亡を度外視し、あえて意に介さないようにしているように思える。これは、大変憐れむべき状況にちがいない。
すべてにおいて、こうであるから、朝鮮において、いまだ新事業をみることが無いのは、もとより同様の理屈なのである。
―――――中略―――――― 
 わが国の人が、彼らの愚昧なのを憐れんで、新聞を発刊し、学校を設立し、くりかえし、彼らを文化というものに導こうとしても、うまくいかない。
 なぜなら、その説くところ、その授けるところが、彼らの立国の本源、彼らの立身の本体に反し、そして、仮にも、それが孔孟の教えから離脱し、また、朝鮮の積弊の基点を指摘するような内容になれば、韓廷は必ず、令を発し、法を設けるなどして、新聞の閲読を禁じ、校舎への出入りを罰するようになるからだ。それが、彼ら権力のわかりやすい反応である。
 いや、学校を設立しようとし、新聞を発刊しようとする以前に、浮説(流言)が百出し、「日本人は、学校や新聞を足がかりにして、奸作(悪だくみ)を行おうとしている。ゆゆしき国家の一大事が、必ずこの中に潜んでいる」などと、他人の赤誠から湧き出た恩恵的事業をも敵視して、それを破壊しようとするのだが、それも、大変わかりやすい反応である。
 ああ、魯酒薄くして邯鄲囲まれ、唇滅びて歯寒し――。このような愚邦(朝鮮)と境を接し、壌を交える邦国(日本)の不幸は、大きなものではないか。
 もっとも、そういった問題は、ただ韓国だけにあるのではない。弱邦人(弱い国の住人)が強国人の事業に抱く感情は、常にこのようなものだろう。思うに疑心というものが、おのずから暗鬼を描き出すだけである。憐れむべし、憐れむべし。



韓人は単純だ

 韓人は、比較的に正直というよりは、むしろ単純というべき人種である。彼らの喜怒哀楽は、すこぶる現金的(目先の利害や状況で、態度や主張を変える)なものだ。
 彼らは、人の面前を装い、あるいは飾るなどという、陰険の部類に属する性質が少ない人種である。というわけで、彼らは、眼前では、恩にも感じ、また威力にも服従する。しかし、しばらくすれば、たちまち忘れており、まるで知らなかったことのようにふるまうのである。
 これは、彼らの中に、心服する(強く心に感じ、したがう)という性質が、備わっていないからだ。誰かが、もし、彼らを心服させようと努力したところで、効果を得ることは、まったく稀である。たびたび威力を加えていると、恨むし、たびたび恩を施していると、それに慣れっこになってしまう。そういった意味では、たいへんあつかいにくい人種なのだろう。
 例として、彼らが金を借りたとしてみる。その借用書には、期限を経過しても返済の義務を果たさない場合は、違約金として五貫文を求めるとか、法的な手続きをして公裁をあおぐこととするとか、ゆったりと書いておいても、瓜期(期間の満了)になって、返済を催促したなら、彼らは必ず、こう答えるであろう、「一銭もありません。もう少し待ってもらえませんか」と。
 貸した人が、それは最初の約束と違うと責めれば、彼らは、こう言うのである、「ただいっときの苦しまぎれに、そう書いただけです。当時から、すでに、そのとおりにできるとは思っていませんでした」と。
 彼らは、常にこういった弁疏(言い訳)をするのであるが、いっこうに恥じる様子はない。しかし、不思議なことに、彼らは、借りた金を借りてないとは言わないのだ。実に単純な人種だといえるのではないだろうか。
 証文に期日を約するのは仮祖のもので、期日さえ伸びれば、貸借関係も引き継がれると考える。これこそ、韓人の真面目。



これに関しては、「陰険の部類に属する性質が少ない」の一文以外は、現代でも同じですね。
借金に対する感覚ですが、韓国人のクレジットカード利用率はアメリカの倍以上で、カード破産する者が続出しているそうです。

そういえば、日韓W杯のスタジアム建設費300億円も、未だ返済されていませんね。
それどころか、ネット工作員が、「借りてない、デマだ」と必死に火消しに駆り出されているようで…。

「陰険の部類に属する性質が少ない」「借りた金を借りてないとは言わない」
この2点においては、19世紀末期の韓人の方が、現代人よりマシですね。

《参考サイト》

韓国は、2002年日韓ワールドカップのスタジアム建設費の300億円を返還してないって本当???

[炎上]絶望の韓国!日本に嫉妬する理由が分かる韓国経済

「破綻」する韓国!?クレジットカード使用回数世界一の謎



…いろいろと引用したい文がありすぎて、長くなりそうなので、2回に分けることにします。


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村←ブログランキング参加中!

現在の派遣先に勤務してから、ようやく一ヶ月経過しました。
同時入社した新人が何人も辞めてしまいましたが、私の方は、来月の雇用契約継続も決まり、一安心という所です。

相変わらず、平均睡眠時間は3時間弱ですが、離職中にも、実質睡眠時間は変わらず、自宅にいる方が身体攻撃も激しいので、現在の方が気持ち的にも楽っちゃ楽ですね。


それでは近況報告を。

8月7日(日)
SDH定例会に参加してきました。
定例会の会場に近いので、午前中は靖国神社に向かい、遊就館にて8月限定上映作品の
『樺太1945年夏 氷雪の門』を視聴してきました。



この作品は、玉音放送後の樺太。ソ連軍が迫る中、最後まで電話交換手業務を続けた真岡郵便電信局の電話交換手だった9人の乙女の最期を中心に、ソ連による南樺太侵攻の史実に基づく映画です。
企画・制作に9年をかけた作品にも拘らず、公開10日前になって上映中止となり、その後、九州と北海道(札幌以外)のみで上映された幻の作品だそうです。

伊丹十三の遺作である、「創価学会タブー」がテーマの作品も、公開中止に追い込まれてますが、この作品の上映中止もソ連からの圧力があったようです。
不都合なものは、力で封じてしまおうという左翼の本性こそ、連中が吹聴しまくる「残虐な日本人像」そのものですわ。




「大東亜戦争(太平洋戦争)は日本人が一方的に世界に対して侵略を開始した」「日本人の本性は残虐だ」なんてふざけたこと言ってる連中は、この作品を観たとしても、通州事件、シベリア抑留、北朝鮮拉致問題に対しても日本人が悪いからと、ほざくんでしょうね。

それはさておき、8月末までの限定上映なので、興味のある方は遊就館に足を運ばれてみては?

8月12日(金)
コミケ開催初日ということで、通勤時間を30分早めましたが、それでも、カート引いたコミケ客が満杯で、りんかい線の混雑は凄まじかった・・・。

8月12日 7:48

この日は、通勤が一番疲れた・・・。

8月13日(土)
お盆なので家族でお墓参りしてきました。

8月21日(日)
【女性のための憲法カフェ 相模原たちばなの集い】に参加してきました。
地元の公民館で開催されたので、会場に行くのがとても楽でした。
「たちばなの集い」の参加は2度目なので、既知の内容ばかりでしたが、災害時の緊急事態条項の必要性など、素人の女性でも分り易い構成なので、憲法問題に無関心な一般人にこそ、参加してみてほしいです。

最後に、最近読んだ本の紹介です。

「ジャパニズム32号」が発売され、読み始めた矢先に、図書館でリクエストしていた「朝鮮雑記~日本人が見た1894年の李氏朝鮮~」が届きました。

まだ読み途中ですが、「朝鮮雑記」は、めっちゃ内容が分り易く読みやすいです。
19世紀末期の記録なのに、今とまんま変わらぬ朝鮮人の考え方、本質には怒りを通り越して呆れるやら…。
読了後の感想は次回レビューします。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

今の職場に派遣されてから、2週間ほど経過しました。

相変わらず、睡眠妨害やらは続いてますが、なんとか職場にも慣れてきました。
通勤時間がネックですが、クーラーも効いてて清潔で静かな職場だし、ランチの仕出し弁当もボリューム満点で自宅の夕食よか豪華だし、自宅にいるより快適です。

明日は、コミケ開催日ですが、職場が開催地の近くなので、通勤で地獄を見そうです。
改札で入場制限が掛かるそうなので、遅刻しないように、2本早い電車で出勤しなけりゃならないんですよ…。

普段6時半に家出てるのに、それより2本早いって・・・。orz

夏は窓を開けて寝ていますが、現在の生活リズムに変わってから、目覚ましセット時間より前の早朝5時前後から、閑静な住宅街にストーカーオバちゃん連中のお喋りが響いてきて、強制的に起こされるので、鬱陶しいことこの上ない。

深夜や早朝に、普通の神経の持ち主なら、挨拶を交わす程度はあるにしても、住宅街で大声で騒いだりしないと思うのだが・・・。

このオバちゃん声は、実際のストーカー工作員と、音声送信(他の家族も聞こえる音)による騒音とで半々みたいです。
実際にきてようが、どっちにしろ煩いのは変わらないけど。

今日は休みなので、母と一緒に撮りためたビデオ視聴してたら、飛行機の轟音が立て続けに鳴り響いてきました。
ビデオ一時停止して飛行機音が通り過ぎるまで待ってたら、1分もしない内に立て続けに3回も飛行機音が来て、めっちゃ不自然でした。

これは、怪しいと思い、飛行機の爆音中に窓を開閉してみたけど、飛行機の騒音だけは音量に変化なし。
セミの声は、窓を閉めれば音量が小さくなるのに、飛行機音だけ変化なしって、明らかにおかしいやろ?

そもそも、本物の飛行機が、住宅街を1分間隔で低空飛行してくる訳ないじゃん。

近隣には、「共産党ポスターor社民党ポスター+米軍基地・飛行機の騒音に抗議を!」のセットで貼っている家が多いので、飛行機の騒音に関しては、左翼の自演臭さがプンプンします。

ドップラー効果のないサイレン音やら、台風の日に倍速で鳴くカラスやら、サヨクオリティの音声送信には、毎度の事ながらドン引きしますわ。


・・・で、騒音被害の影響ですが、睡眠測定記録にバッチリ現れております。


入浴中(充電時)以外は、睡眠計や心拍計機能付きの「fitbit HR」というウェアラブル端末を着けっぱなしで生活しています。

…で、今週の睡眠データがこんな感じです。

画像はスマホ版の睡眠記録。



就寝~起床時間と、実質の平均睡眠時間の差が激しいです。



グラフの紺色の部分が実際に寝付けてる時間帯。
眠りが浅く寝返りを繰り返す時間は水色。
ピンクは完全に目覚めた状態。(時計を見るために起き上がったり、トイレ行ったり)

グラフを見ると、眠りが浅い時間(水色)が多すぎて、睡眠感度をSensitiveに設定すると、センサーが自動的に睡眠中だと認識してくれず、毎朝、起床時に手動で就寝時刻と起床時刻を入力しなければならない…。

こうやって、睡眠計睡眠妨害被害の度合いが判りますが、それが被害との因果関係の証明にはならず、別の測定機器での測定とを組み合わせたりしなくちゃならないので、色々とハードルは高いです。

被害の因果関係の証明は置いといて、心拍計機能も付いているので、就寝中に心臓に攻撃された時は、安静時bpmから突然、グラフが赤に伸びるのが記録されているので、深夜何時頃に攻撃されたかという記録が残るわけですよ。

こういう地道な測定データは、いつか何らかの形で役に立つ時が来ると信じてます。

ウェアラブル端末は、家電量販店の健康機器(体重計や電動歯ブラシ等)売り場に置いてありますので、被害の種類にあわせて選んでみては?

にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村



仕事が決まりました。

7月下旬から、求職者支援訓練を受講予定でしたが、土壇場で就職が決まりました。
雇用保険受給期間中に、無事に決まって一安心でした。

通勤時間と交通費が難点ですが、収入面も申し分なく、なかなか良さそうな職場環境です。
セキュリティ面が厳重な職場なので、今の所、不審人物に出くわすことも、露骨な仄めかしや嫌がらせも有りません。

7月末に新人研修が終わり配属されたばかりで、まだまだ憶えることだらけで、今の所、余裕がありません。

とりあえず、今の所は、派遣雇用期間満了まで、キッチリ仕事が続けられるよう、生活リズムと体調管理に心血を注ごう。

通勤時間の関係上、早寝早起きの生活リズムになり、帰宅後にネットする時間が取れなくなってます。
あまり自宅PCに触れる時間が取れませんが、「余命三年時事日記」、「News u.s」の他、「なでしこりん」、「坂東忠信の太陽にほえたい!」、「あつの解放ブログ」、「Doronpaの独り言」は、頻繁にチェックしています。

通勤時間は、一時間半も掛かるけど、スマホゲーム&読書してると、あっという間なので、電車通勤も苦ではないです。
「ポケモンGO」のせいで、バッテリー切れだけは心配ですね…。

そういえば、7月半ばから、図書館の予約本の貸出順が大量集中してしまい、返却期限までに読み終えるべく悪戦苦闘してます。
数ヶ月も前から予約してたのに、なんでこのタイミングで順番廻って来るかなぁ・・・。

ここ最近、図書館貸し出しや購入も含めて、読んだ本は、

◆韓民族こそ歴史の加害者である  石平/著
◆若い有権者のための政治入門  藤井厳喜/著 
◆アングラマネー タックスヘイブンから見た世界経済入門  藤井厳喜/著
◆朝鮮紀行 英国婦人の見た李朝末期  イザベラ・バード/著
◆白洲次郎という生き方 「ブレない男」の華麗なる交渉術と人生哲学  別冊宝島ムック
◆週刊ダイヤモンド 6/25号 特集 創価学会と日本共産党 (雑誌)
◆MAMOR 扶桑社 (雑誌)
◆凍りの掌 シベリア抑留記  おざわゆき/著 (漫画)
◆影の権力者 内閣官房長官 菅義偉  松田賢弥/著 (←今、読んでる最中)

あと、コミックスでは、「空母いぶき」「鬼灯の冷徹」「海賊とよばれた男」。

「韓民族こそ歴史の加害者である」と、「アングラマネー」は特にお薦めの良書です。


最後に、ポスティング活動報告を!

7月30日(土)に
戸塚ポスティング大会に参加してきました。
参加者9名中、新規参加者2名で、隣の市に住む被害者女性と連れ立って参加しました。

戸塚は、集合住宅中心の区域と一軒家と坂道の多い住宅地の2チームに分かれてスタート!
私のチームは、坂道と階段だらけでしたが、知り合いの被害者さんの居住地域なので、加害者共への怒りを込め、気合入れて撒きました!

この日のポスティング成果は、2144世帯でした。


《関連ブログ》

第6回横浜ローカルポスティング報告
http://ameblo.jp/vega521/entry-12186348563.html

ポスティングをして頂きました
http://pgha1117.blog.fc2.com/blog-entry-332.html

横浜・戸塚ポスティング
http://ahoudorimetoo.blog.fc2.com/blog-entry-587.html

にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村

7月2日(土)

「集団ストーカー認知撲滅ための勉強会」に参加してきました。
普段は関西中心に活動されている認知撲滅の会ですが、この度、初の東京開催だそうです。

受付を済ませると、主催者の著書「集団ストーカー認知・撲滅」を1冊、進呈されました。
既に所持していますが、相模原市内の図書館にも既に所蔵されているので、図書館に寄贈せず、別の周知用に役立てることにします。

勉強会前半は、主催者の馬苦路会長(PN:安部幾多郎)が著書にも書かれているように、この加害者の主体・目的が「日本を弱体化させコントロールすること」であり、この被害がテロ・間接侵略であるとの観点から、選挙前ということで、戦争法案反対のマスコミの偏向報道・レッテル貼りの危険性に騙されないよう、しっかり情報収集した上での選挙の重要性を訴えていました。

レジュメには、終戦の詔勅(現代語訳)、70年談話全文、安保法政法の概要なども掲載されていて、勉強会前半はまるで日本会議関連イベントに参加しているような感覚でした。
・・・流石に、国歌斉唱はなかったけど。

因みに、会長も、「余命三年時事日記」や「カエルの楽園」を予言の書として薦められてました。


後半では、被害撲滅の為に、どう活動すべきかというディスカッションが行われ、他の被害者団体の活動とは一線を画した、攻め姿勢の、より実践的な内容でした。
馬苦路氏自身が、第1級陸上無線技術士資格を持っているので、GPSの概要に関する説明などのハイテク系の講義内容も含まれていましたが、他団体のように被害測定や防御という内向き姿勢ではなく、被害測定記録を実際に、どう証拠として世間に認めさせるか、一般周知に有効な方法など積極的なディスカッションが行われて、非常に好感の持てる内容でした。


認知撲滅の会の活動報告では、関西の地下鉄車両内に「集団ストーカー認知・撲滅」の書籍の広告を出したり、看板広告を出したり、都内では難しそうな周知活動に成功されているそうです。

関東でも出来そうなのは、今の段階では、車両街宣・デモ・ポスティングという既存の活動ぐらいしか思いつかないですね。
なんせ、他の地区と違って、関東圏のテレビ番組の地上波は左派一色。

「そこまで言って委員会」「ウラマヨ(※過去、集団ストーカー犯罪を報道したバラエティ)」も関東圏では放映できず、報ステの裏番組「ニュース女子」(TOKYO MX)位しか保守系の地上波番組が見当たらない・・・。
以前、関東地区での「そこまで言って委員会」の地上波放送を求める署名活動もありましたが、残念ながらネット放送のみという結果に。

関東圏では、反日メディアの影響力が強すぎて、思い通りに周知が進まないですね。


実弟ですらテレビと労組に洗脳され、一切こちらの話は聞く耳を持たず「アベノセイダース脳」のパヨク化しております。
選挙日は、実家に顔を出した弟と大喧嘩しましたよ。


ところで、参院選の結果について。


私が投票した比例代表の西村眞悟氏は残念ながら落選され、「日本のこころを大切にする党」は惨敗してしまいましたが、神奈川地区の、国会優良質問数No1の実績を持つ中西けんじ氏は無事に当選されました。

青山繁晴氏の当選と、改憲派過半数という結果はグッドニュースでしょう。
…有田芳生、クイズ王小西、蓮舫、福島みずほの当選という結果には、血管がブチ切れそうですがね。


過半数を獲得したものの、公明党は改憲となると土壇場で裏切るだろうし、現時点では、憲法改正には、まだ一般に周知が足りてないので、じっくり周知して国民の理解を深めてから国会で発議という流れになるんですかね?
南シナ海や半島情勢もキナ臭いし、被害者の立場としては、劣勢に立たされた加害者側が、発狂して攻撃を激化させてくる傾向にありますので、とっとと憲法改正して、加害勢力に反撃を加えてほしいですね。


《関連サイト》

【結果報告】第12回 集団ストーカー認知・撲滅のための勉強会 in 東京
http://blog.livedoor.jp/ninntibokumetu/archives/62810133.html


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。