非常にわかりやすい、創価学会・反日左翼の偽善活動批判の記事をリブログします。


FC2では、こちらのリンクからご訪問ください。
https://ameblo.jp/kujirin2014/entry-12375591173.html



👇こちらは、創価学会員の有名人ね。





アグネスといえば、創価合唱団のこのイベント。
作詞の「山本伸一」とは、人間革命の登場人物名でもあり、池田大作のペンネームなんですよね。





自民党と連立を組んでいながら、先月の朝日新聞が大広告打って総動員かけた、国会前の「安倍辞めろデモ」に創価・三色旗がはためいてるんですけど…。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

中学校で使われている 『新しい歴史教科書』デジタル版が、無料ダウンロード出来る様になりました。

 自由社の教科書は、自虐史観に染まっていない保守系の教科書で、左翼教師御用達の教科書では、隠蔽されてきた通州事件などが記載されている唯一の教科書です。
 よって、日教組をはじめとする共産党系の左翼団体や、その意向通りに動く反日大手マスコミらに目の敵にされています。
 保守系教科書採択には、左翼団体から自治体への採択の妨害、脅迫などの圧力や、反日マスゴミのレッテル張りもあり、苦境に立たされています。
 市販版は、全国書店で販売されていますが、この度、NPO法人次世代の教科書を考える会のサイトから、無料でダウンロード出来るようになりました。

デジタル版「自由社 新しい歴史教科書」 無料ダウンロードページ

自由社 新しい歴史教科書 無料DL




CGS 目からウロコの日本の歴史 警察予備隊と共産党軍

↑…こういう事実を知らない、自虐史観の洗脳教育を受けてきた大人世代こそ、読むべき教科書ですね。

「平和憲法・9条守れ」だのと活動している連中は、こういう連中なんですよ~。


「スイス民間防衛  原書房刊」 232Pから引用します。

外国の宣伝の力

 国民をして戦うことをあきらめれさせれば、その抵抗を打ち破ることができる。
 軍は、飛行機、装甲車、訓練された軍隊を持っているが、こんなものはすべて役に立たないということを、一国の国民に納得させることができれば、火器の試練を経ることなくしてうち破る」ことができる・・・・・・。
 このことは、巧妙な宣伝の結果、可能となるのである。

 敗北主義――それは猫なで声で最も崇高な感情に訴える。―――諸民族の間の協力、世界平和への献身、愛のある秩序の確立、相互扶助――戦争、破壊、殺戮の恐怖・・・・・。
 そしてその結論は、時代遅れの軍事防衛は放棄しよう、ということになる。
 新聞は、崇高な人道的感情によって勇気づけられた記事を書きたてる。
 学校は、諸民族との間の友情の重んずべきことを教える。
 協会は、福音書の慈愛を説く。
 この宣伝は、最も尊ぶべき心の動きを利用して、最も陰険な意図のために役立たせる。



…この文から何かを感じ取った方は、是非とも、自由社の新しい歴史教科書で学び直して、今の日本社会を取り巻く悪意の根源に立ち向かえる妙案はないか、今一度考えてみましょう。

…っても、私にも、「マスゴミの嘘を糾弾する。」「歴史事実を糺すための周知活動。」程度しか、自分で実行できる術なんて思いつかないんですけどね・・・。

因みに、民間防衛の上文の通りに、外国の宣伝広報たる朝日新聞社は、「A-port という朝日のクラウドファンディングのサイトにて、学び舎(学ぶ会)のプロジェクト紹介を行い、外国の宣伝工作に適した教科書会社のサポートしています。

学び舎 歴史教科書

https://a-port.asahi.com/projects/manabukai/

身近な子供が、こんな教科書で洗脳される前に、事前にご家庭で、「自由社 デジタル版 教科書」で、アカ耐性をつけさせてあげてくださいね。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

数ヶ月ぶりの更新です。

12月末で、派遣先の契約終了で、会社都合で離職。
数ヶ月間は、雇用保険もらって、のんびり読書&勉強に時間を割く
・・・予定だったのに、すぐに次の派遣先が決まっちゃいました。

…で、1月半に、通勤1時間以内の派遣先を紹介してもらい、通勤の苦労ともおさらば出来ると喜んだのも束の間・・・。
ここの職場環境が自分には合わず、ストレスの連続。
ストレスから体調も悪化し、結局、すぐに離職してしまいました。

前の職場のルールとは真逆すぎて、1週間経っても仕事に慣れず。
前の職場ではNGでナレッジシート(自己反省文)を書かされるような行為が、この職場では当たり前のように強制されるので、つい前職の癖が出てしまい、1週間経っても仕事に慣れず。
人間関係がギスギスしてて、現場では、怒号、責任の擦りあいなど、うるさ過ぎて、指示も聞こえ難い。
ずっとイライラさせられ、仕事に集中できない環境。

前の職場は、電話業務と、上位エスカレ以外の私語厳禁で、静かな環境。
業務知識など覚えることが満載だったけど、業務研修もしっかりしていた上、忘れたときの為に、電子マニュアルなどのデータベースも完備してて、すごく快適だったのに、天国から地獄へ突き落された感じでした。

なにより、最大のストレスは、仕事の案件の顧客が、ナンミョーだらけだったこと!

創価学会公明党からの受注の為に、残業したいのか?
それも、前職より時給300円ダウンで・・・。

…この案件リストを見た瞬間、速攻で離職を決意しました。

…で、3月半ばに有給消化して、退職しましたが、ストレスが祟り離職2日目から熱を出しダウン。
この職場についてから、ストレスが原因で、血糖コントロールが凄まじく悪化。
就寝前の血糖値が、平常値(110~150目標)なのに、朝食前血糖値が、連日290とか、300超え。
おまけに、週1回ペースで、低血糖も起こす。

治りかけてた咳喘息も再発するわ、自律神経の乱れにより、常に体がだるく、ホルモンバランスの崩れで、生理不順、重い生理痛。皮脂の過剰分泌でニキビ大量発生…と、連続コンボ喰らって、3月から、ずっとダウンしていました。

で、今月に入り、ようやく会社から離職票が届いたので、速攻でハローワークへ。
・・・現在は、自己都合退職だと、受給まで3ヶ月も待たされるんですねぇ…。orz

年末の会社都合での離職時であれば、すぐに雇用保険を受給できたのに、大損ぶっこいちゃいました。

5月現在、咳の方は治まったけど、血糖コントロールは、未だ安定せず。


・・・集スト被害の方は、連日の身体攻撃、睡眠妨害、音声送信も相変わらず。

早朝に、騒がしくて窓の外見たら、突っ込み所満載の不自然な清掃員集団(6人)がわいている。
夕方頃には、バカが奇声を張り上げる。
暗くなると現れる、マンション前の道路(反対側は工場の壁)に、長時間、路上停車している不審車両。

その不審車といえば、つい先日、夜10時頃にマンションを出て、スマホを向けたら、その不審車は、逃げるように発進し、数十メートル先でまた停車していた。

…よっぽど追いかけてやろうかと思ったが、単にポケモンGOのデイリーボーナス回収のために、出ただけなので、ポケストップ触って、ポケモン1体捕まえて、すぐに帰宅。

そういや、昨年末、マンションの下階で、警察騒ぎがあった時にも、少し離れた場所で、様子探るように停まっていたなぁ。
因みに、この時の警察騒ぎについては、真相は不明。
お昼には他のマンション住人も何事があったのかと、道路まで野次馬しに来ていたらしい。
仕事帰りの8時過ぎまで、何人もの警官が出入捜査(現場見分?)してるなんて、ちょっと不自然ではある。
数日間、新聞がポストに溜っていたので、老夫婦の安否確認のためだと思うが、・・・中核派とか、アレ系の隠れ拠点だったのか?と邪推してみたり・・・。

・・・そんな感じで、いたって変化のない日常ですねぇ。

学校のレポート課題だけじゃなく、苦手教科の克服に苦心しつつ、体調回復に努めてます。
6月には、社会人専用のスクーリング合宿に参加予定なので、早いとこ体調を安定させねば。


にほんブログ村

今回も、転載記事です。




FC2ブログはここから
https://ameblo.jp/kujirin2014/entry-12355121289.html


メディア関係者と在日の関係については、以下の書籍の紹介動画が参考になりますよ。








「自演もおらん」ような、クリーンな報道になって欲しいね。


にほんブログ村

今回、リブログする記事は、集団ストーカー被害者には、とても参考になると思います。



風評被害、レッテル張り、関係者や取引先への妨害...。

創価学会が主体であるとか、CIAやアメリカが主体だとかに、囚われている被害者さんにも読んで欲しい。

私個人は、平和・人権・福祉国家を目指した経済統制、家族制度の破壊と、国家観の否定を掲げる、ワン・ワールド系の全体主義思想こそが、真の敵であると考えています。

創価学会の教えも、コミンテルンのテーゼも、大差無い。

平和・反戦を謳いながら、敵対者への暴力を推奨する。
根っこの思想は同じで、異論を認めない好戦的な体質です。

異論を唱える者は、人間ですらない。


法政大学 山口二郎



敵対者を、攻撃する事は正義!

そんな身勝手な正義感で動く、議論すら成り立たない連中を、駆逐する為には、インテリジェンス(諜報能力)を磨く事が、最優先だと思います。


役所等に周知活動する前に、読んでおくべき一冊


「女子のインテリジェンス」
(川添恵子・杉田水脈)







にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村