7月2日(土)

「集団ストーカー認知撲滅ための勉強会」に参加してきました。
普段は関西中心に活動されている認知撲滅の会ですが、この度、初の東京開催だそうです。

受付を済ませると、主催者の著書「集団ストーカー認知・撲滅」を1冊、進呈されました。
既に所持していますが、相模原市内の図書館にも既に所蔵されているので、図書館に寄贈せず、別の周知用に役立てることにします。

勉強会前半は、主催者の馬苦路会長(PN:安部幾多郎)が著書にも書かれているように、この加害者の主体・目的が「日本を弱体化させコントロールすること」であり、この被害がテロ・間接侵略であるとの観点から、選挙前ということで、戦争法案反対のマスコミの偏向報道・レッテル貼りの危険性に騙されないよう、しっかり情報収集した上での選挙の重要性を訴えていました。

レジュメには、終戦の詔勅(現代語訳)、70年談話全文、安保法政法の概要なども掲載されていて、勉強会前半はまるで日本会議関連イベントに参加しているような感覚でした。
・・・流石に、国歌斉唱はなかったけど。

因みに、会長も、「余命三年時事日記」や「カエルの楽園」を予言の書として薦められてました。


後半では、被害撲滅の為に、どう活動すべきかというディスカッションが行われ、他の被害者団体の活動とは一線を画した、攻め姿勢の、より実践的な内容でした。
馬苦路氏自身が、第1級陸上無線技術士資格を持っているので、GPSの概要に関する説明などのハイテク系の講義内容も含まれていましたが、他団体のように被害測定や防御という内向き姿勢ではなく、被害測定記録を実際に、どう証拠として世間に認めさせるか、一般周知に有効な方法など積極的なディスカッションが行われて、非常に好感の持てる内容でした。


認知撲滅の会の活動報告では、関西の地下鉄車両内に「集団ストーカー認知・撲滅」の書籍の広告を出したり、看板広告を出したり、都内では難しそうな周知活動に成功されているそうです。

関東でも出来そうなのは、今の段階では、車両街宣・デモ・ポスティングという既存の活動ぐらいしか思いつかないですね。
なんせ、他の地区と違って、関東圏のテレビ番組の地上波は左派一色。

「そこまで言って委員会」「ウラマヨ(※過去、集団ストーカー犯罪を報道したバラエティ)」も関東圏では放映できず、報ステの裏番組「ニュース女子」(TOKYO MX)位しか保守系の地上波番組が見当たらない・・・。
以前、関東地区での「そこまで言って委員会」の地上波放送を求める署名活動もありましたが、残念ながらネット放送のみという結果に。

関東圏では、反日メディアの影響力が強すぎて、思い通りに周知が進まないですね。


実弟ですらテレビと労組に洗脳され、一切こちらの話は聞く耳を持たず「アベノセイダース脳」のパヨク化しております。
選挙日は、実家に顔を出した弟と大喧嘩しましたよ。


ところで、参院選の結果について。


私が投票した比例代表の西村眞悟氏は残念ながら落選され、「日本のこころを大切にする党」は惨敗してしまいましたが、神奈川地区の、国会優良質問数No1の実績を持つ中西けんじ氏は無事に当選されました。

青山繁晴氏の当選と、改憲派過半数という結果はグッドニュースでしょう。
…有田芳生、クイズ王小西、蓮舫、福島みずほの当選という結果には、血管がブチ切れそうですがね。


過半数を獲得したものの、公明党は改憲となると土壇場で裏切るだろうし、現時点では、憲法改正には、まだ一般に周知が足りてないので、じっくり周知して国民の理解を深めてから国会で発議という流れになるんですかね?
南シナ海や半島情勢もキナ臭いし、被害者の立場としては、劣勢に立たされた加害者側が、発狂して攻撃を激化させてくる傾向にありますので、とっとと憲法改正して、加害勢力に反撃を加えてほしいですね。


《関連サイト》

【結果報告】第12回 集団ストーカー認知・撲滅のための勉強会 in 東京
http://blog.livedoor.jp/ninntibokumetu/archives/62810133.html


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村




相変わらずの歯科医通い&求職活動に奔走中です。

通院&就活の合間を縫っては、被害者仲間とランチしたり、ポスティング大会に参加したり、MOS検定受験したり、ハローワークから紹介された職業訓練校の見学に行ったり、e-ラーニングしたり、図書館の予約本を何冊も読み漁ったり、職場見学に行ったり、それなりに慌しく過ごしています。

6月17日(金)
川崎在住の被害者女性さんからランチに誘われて、丁度、川崎ヘイトスピーチデモ中止の偏向報道があったばかりなので、川崎の状況や被害状況・近況報告を聞いてきました。
以前、SDH定例会に来られる道中で事故に遭われ大怪我をされた方なのですが、その後、デモやSDH定例会で再開した時は、杖無しでも歩けるまでに回復されていました。

それが、久々に再開したら、怪我した側の足を引きずるような、ぎこちない歩き方になっていました。
一時期、すごく良くなっていたのに、一年近く経過して、また唐突に悪化するというのは、通常であればありえない状況だと思います。

同じように事故で怪我された、別の被害者さんも、以前、同じような歩き方をしていたので、ハイテク被害の影響を疑ってしまいます。

翌日の、6月18日(土)には、田園都市線 鷺沼駅近郊にて、ベガさん主催のポスティング大会に参加してきました。

4月に誘われた時は、離職直後で健康保険証が届いてなく、絡まれて怪我でもしたら医療費がシャレにならんなぁ…と、参加を辞退したんですが、その時のリベンジとばかりに、MOS検定の受験日を翌日に控えてたけど、まぁ、何とかなるだろうと、勉強ほったらかして参加しちゃいました。

お昼過ぎの鷺沼駅前は、日差しがカンカン照り。
この日に集ったメンバーは、私も含めて神奈川在住8名に、都内から1名が参加。

参加者全員が顔見知りなので、和気藹々と活動できるのを楽しみに集合場所に向かいましたが、参加者女性の一人が、以前とは打って変わった様子で現れたのには驚きました。

その女性被害者さんは、デモ実行委員として奮闘されていたのに、デモ当日は、体調不良で参加を断念されていたので、心配していたのですが、以前は、ピシッと背筋の伸びた佇まいだったのに、むち打ち症の様に首を曲げたままの猫背姿勢になってしまって、見るからにキツそう。

熱中症を懸念して、暑さのピークが過ぎるまで、駅前のカフェで時間を潰してから、2グループに分かれてポスティング開始しましたが、カフェでも痛みに顔をしかめた表情で見るからに辛そう。
具合が悪いならと、帰宅するよう勧められても、前向きに頑張ろうとされていました。

グループ分けで別行動になり心配していた所、途中でダウンしたとの連絡がありました。
それでも公園で休み回復次第、活動再開しようとされていたそうですが、最後まで体調回復せず、それでも皆を出迎えようと、皆が活動を終えるまで合流地点で待っていてくれていました。

この日のポスティング成果は、約2500枚

猛暑の中、体調不良にも負けず、頑張ろうとする生真面目な姿勢に脱帽し、活動終了後は自分を猛省し、懇親会は辞退して直に帰宅して受験勉強をしました。

翌日、6月19日(日)
MOS検定試験は、前日の疲れも抜けており、何とか無事に合格することが出来ました。

その後は、派遣紹介先の職場見学にも行きましたが、ここでは選考漏れしてしまい、慌ててハローワークで紹介された〆切間際の求職者支援訓練の受講申込みと面接予約を済ませてきました。


そんなこんなで、それなりに慌しく過ごしています。


最近、感じたことは、ハイテク被害の激化を感じられている方が増えているようです。

昨今の、中国・北朝鮮などの近隣諸国の不穏な動きと、選挙前ということで、反日国家と繋がりが深い左翼の焦りっぷりが感じられますが、ここの所の被害の激化とも関連がありそうに思われます。

私の被害は相変わらずですが、今現在は無職なので、キツイ時に直ぐに横になれる環境にあるので、会う人、会う人から、「以前に比べて顔色も良く元気そうだ」と言われました。

その分、治療費や受験費用等でガリガリ貯金が減ってく一方で、気持ち的には余裕がありません。
…雇用保険受給期間終了前に、早いとこ仕事を見つけねば!


次回は、6月26日(日)に開催された「日本会議神奈川・相模原支部 藤井厳喜先生 講演会」の感想をレポートします。


【参加メンバーのブログ】

ベガのブログ 『第5回横浜ローカルポスティング報告』
http://ameblo.jp/vega521/entry-12172351148.html

集団ストーカーが来たぞぉー! 『鷺沼ポスティング』
http://ahoudorimetoo.blog.fc2.com/blog-entry-577.html

引っ越したら、こうなった… テクノロジー犯罪、組織的ストーカー被害者のブログ 『ポスティングが出来なかった』
http://pgha1117.blog.fc2.com/blog-entry-284.html


にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村 ←ブログランキング参加中!まずはクリックお願いします。






2月下旬に、マンション上階から水漏れ被害があり、建具が歪んで洗面所のドアが閉まらなくなっていました。

マンション管理業者に相談した所、保険適用内で工事可能か見積もってからと言われ、そのまま数か月も放置状態。
まだ肌寒い季節なのに、寒気が入り込み放題で、隣室(私の個室)はめっちゃ寒かった・・・。

ようやくリフォーム工事開始したのが、5月9日から。

洗面所入口の壁を壊して、壁内部から大幅な修繕。
洗面所だけじゃなく、玄関内やトイレ周りまで全ての壁紙を剥がしての大幅リフォーム。

隣の個室入口まで大幅にシートで覆って工事しているので、別室やトイレの移動まで、いちいち断ってシート剥がして貰わねばならず、ほぼ身動き取れずに工事終了時間まで、ひたすら騒音に耐えながら、スマホ弄って時間を潰す…。




▲ドア枠は元の色合いの枠の在庫がなく、届くまで一時的に白い枠を仮付け。


5月25日に、ようやく壁板が塞がれ、ドア枠も取り付け直し、翌日に残りの壁紙貼りして完了。
…という段階で、洗面所ドアの開閉方向が逆向き(外開き)に間違っている事が発覚!



これでは、扉を開ける度に別室入口を塞いでしまい、風通しが悪くて堪らない・・・。
すぐさま業者へ連絡し、翌朝、ドアの開閉位置を直してもらって、5月26日にようやく全工事終了。

玄関と洗面所の片付けも終わり、イーサネットケーブルを繋ぎ直して、ようやく快適なネット環境が戻ってきました。


5月3日の「神奈川憲法フォーラムの講演」と、4日の「テクノロジー犯罪周知デモ」と、恒例の「靖国神社清掃奉仕活動」、それ以外は、歯医者通いとリフォーム工事だけで終わってしまった…。


▲ 3日の講演についてツイートしたら、講師の小川先生より、ご返信いただきました。 

にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村


2月・3月と、離職準備の為、色々と忙しかった。
社内システムの大幅変更に伴い、あと1ヶ月半で退職だってのに、一から仕事の手順を憶える羽目になり、てんやわんや。
アクセス集中によるサーバートラブルで、一向に業務が進まず残業、残業…。

3月末で、雇用契約期間を更新せずに、離職願を出すことにしました。

離職理由は、夜勤仕事での体調悪化が一番の原因。
就業当初は、夜勤事務2人体制で勤務してましたが、相方が辞めてから、夜勤担当は私一人。
シフト表は1ヶ月前に決定され、平日非番日のみ、日勤の先輩に臨時で夜勤シフトで入ってもらうので、急な予定が入っても、休みの変更が出来ず、知人からの誘いや、講演会や、保守デモ、裁判傍聴、ポスティングなど、多くのイベント参加を断念せざるを得なくなり、イライラMAX!
体調不良でも気軽に休めず、風邪が重篤化して肺炎になったり、ケトアシドーシスで救急搬送され入院する羽目になったり、流石に、仕事続けてくのには限界を感じました。

※糖尿病ケトアシドーシスは急性代謝失調で、ひどい場合には脳浮腫や昏睡を引き起こし、最悪の場合には死に至ることもある怖い症状です。

定時で夜10時以降帰宅なのですが、繁忙期は残業の為、深夜0時過ぎることもあり、食事の時間がズレ込んで、低血糖・高血糖を繰り返し、血糖コントロールが悪化の一途を辿っていました。


▲ 2月の血糖値データ。夕食前(帰宅直後)に頻繁に低血糖を起こしてます。

…いやぁ~、マイナンバーも終わったし、地元の在日韓国人への『赤紙(兵役通知)』を、この目で見届けるまでは、郵便局で頑張ろうと思ってたんだけどね。
流石に、医療費もかさんでくし、ここまで血糖コントロールが悪化しちゃ、離職せざるを得ないわ。


因みに、他の被害者さん達から、元の職場(※集スト加害で有名)での嫌がらせ被害について質問されますが、そもそも他の職場でも似たり寄ったりだったし、職場の人間関係や雰囲気自体は悪くなかったです。

…まぁ、社内には、民主党系ポスターや、労働組合の反基地運動報告が貼られている職場だし、やはり左翼系が多い職場は、居心地が悪いってのはありました。
(休憩室で「ジャパニズム」や「正論」などの保守本読んで、気持ちで抵抗したり。)
以前も、職場で核廃絶署名協力を頼まれ、やんわり断った事がありますが、郵政産業労働組合は、共産党系団体だしね。


そんな訳で、スパッと年休消化して3月末付で離職しました。


今現在は、未読本の山を片付けるべく、読書に時間を割いています。
ハローワークに通いながら、資格試験の勉強したり、放置していた虫歯治療&顎関節症の集中治療のため、連日、歯医者通いしたりしながら、過ごしてます。


-- 閑話休題--

『余命三年時事日記ミラーサイト』の官邸メール自動送信ツール。
チェックボックスにクリックするだけで、簡単に送信できる便利ツールです。
『ストーカー規制法に関する要望』もありますので、集団ストーカー被害者さんは、頻繁に要望メールを送ってくださいね。

『余命三年時事日記ミラーサイト』
http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=271


【号外645】 『ストーカー規制法に関する要望』

現在のストーカー規制法では取り締まれない犯罪があります。
それはターゲットになった者を集団・組織的に付け回し嫌がらせを行ない精神的に追い詰め自殺、精神病、社会的抹殺に追い込む手法の犯罪です。
宗教団体、反日組織が敵対する者に集団でつきまとい嫌がらせを行ったり、企業が社員をリストラする目的の為に組織的に嫌がらせをし精神的に追い込み退社させるという事件が実際に起こっています。
現在のストーカー規制法では恋愛感情が伴わないと「つきまとい等」に該当しないようになっています。
しかし恋愛感情がなくとも、加害者側の利益、怨恨などの理由での嫌がらせは存在しています。

「つきまとい等」の該当条件を恋愛感情を伴わなくとも集団・組織的な嫌がらせ行為も該当するようにストーカー規制法の変更の検討をお願いいたします。

今ストーカー犯罪は進化、多様化しています、恋愛感情の有無が該当条件になってしまうのはあまりにも無意味だと思います。
アメリカではTV番組でも話題として取り上げられており現在この犯罪行為を取り締まる法整備が進められています。

今現在も組織的に嫌がらせを受け精神的苦痛を強いられ必死で堪えている被害者が数え切れないほど沢山います。
早急に検討をお願いいたします。

http://quasi-stellar.appspot.com/kanteiForm.html



にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。