image

午後からは、地元で、坂東忠信氏のブログで告知されてたイベントがあるので速攻で帰宅。

自宅に戻ったら、ランチ食べる時間もなく、自転車で中央林間の会場まで猛ダッシュ。

大和正論の会主催の坂東忠信氏の講演会
「移民・難民は呼ばれてやってくる」

image

講演内容をざっくり説明すると、

・難民の定義と実情、グラフによる難民申請者の人数や、現行の制度の説明

・日本周辺の海流の状況から、どう難民が流れてくるかの予想など。

・実際の外国人犯罪者アジトへの立入捜査現場の状況や、中国人犯罪者の言動・モノマネを交えたツッコミに会場も大笑い。

・北海道と沖縄の中国人移民の実態
北海道の移民は、永住権目当てに日本人を狙った結婚適齢期の中国人女性が多い。
(嫁不足という地方自治体の事情もあり)

・長尾敬先生など、複数の議員先生や、官僚(入管等の役人)などと組んで、資料をもとに外国人犯罪対策や行政不備への提言など、水面下で動いていることなど。

・今後、北朝鮮高官の亡命の報道が出たら、そいつは北朝鮮の貧困や悲惨な状況をアピールしする、人道支援目的の世論誘導のための工作員の可能性大である。

本物の亡命者なら北朝鮮の裏切者。
何食わぬ顔で、朝鮮総連の連中が闊歩している日本国内で、マスメディアに顔出しなんてしたら、総連の手先が差し向けられ、本国へ拉致、もしくは暗殺など、身の危険に曝される。

…なんて、講演で話されてましたが…





早速、ツイッターで総連関連施設の住所リストを上げてくれました。
講演会場の大和市学習センター付近にも、ありましたね…。ガーン

・参加者女性からの質疑応答で
「中国に渡航したまま何年も消息不明になっている親類がいる。こういう事件は何件もあるのか?」など、重い話も。
日本じゃ報道されないのが、日本人の行方不明者は多数いること。
チベットやウイグルでの弾圧・人身売買や、人肉加工処理場など、生々しい話も聞く事が出来ました。


終了後の懇親会にも参加したかったけど、
・インスリン注射を持参してこなかった。
・講演会の最中に軽い低血糖症状も出た(激しい運動(自転車で猛ダッシュ)が原因)
・早朝からの清掃奉仕活動の疲れ、の3連コンボで泣く泣く断念...。

弁護士懲戒請求の件で、実際に文書を見せてご意見伺いたくて、武蔵小杉合同法律事務所から届いた「恫喝書」も持って行ってたのになぁ。

駅までの道中は、参加者の女性と講演内容についておしゃべりしながら帰宅。
外国人留学生には返済不要な奨学金や生活補助金まで(税金から)出ているのに、息子さんの、大学の奨学金返済の苦労話、行政機関の対応などの実体験も聞けました。


清掃奉仕活動も好天で気持ちよかったし、地元に坂東さんが来てくれるだけでファンとしては嬉しいし、講演内容もモノマネや皮肉や冗談を交えてて盛り上がったし、著書にサインもいただけたし、最高の一日でした!
...翌日、久々に筋肉痛というオチで。ガーン



イシキカイカク大学2期目(7月生募集)では、坂東忠信氏ほか10名の講師陣から半年連続で講義を受けることができます。

「LAWより証拠」や「証拠調査士は見た!」の著者の平塚俊樹氏(オリンパスの「集団ストーカー犯罪事件」報道の立役者!)、佐藤守氏、ロバート・エルドリッヂ氏など、2期目も豪華講師陣です!

…因みに、第1期目の学びの感想については、伝えたい内容があり過ぎて、うまく文章に纏めるのに手こずりそう。
…いずれ時間のある時にアップします。



にほんブログ村


スポンサーサイト

イシキカイカク大学2期 リレー講演会

中野区議選 保守のホープ 「吉田康一郎」氏を応援しよう!

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)