8月の近況報告

7月末から、インスリンポンプ治療を停止し、ペン型インスリン注射に戻りました。

理由は、複数ありますが・・・

第一の理由は、やはり入浴時以外は常時ポンプ装着のため、動作時に邪魔なこと。
やせ型体型だと、お腹に針を刺せる面が少なく、太腿に針を刺すため、トイレの度に脚から伸びるチューブが邪魔。
ウエスト部分にクリップ装着の際、ベルト無だと、ポンプの重みでウエストゴムがよれ、ズボンが下がるなど不便極まりないこと。

もう一つの理由は、インスリンポンプ治療自体が、まだ国内では一般的ではないため、対応できる医療機関が限られていること。
以前、インスリンのストックを切らし、土曜に近所の病院で臨時処方してもらった際に、会計事務方のインスリンポンプ療法に関する知識不足で、処方箋に医師のインスリン単位指示の記載がないことで、説明に手間取ったことがありました。
(カーボカウント療法には、そもそも単位指示は存在しない。)
昨今の北朝鮮のミサイル等の国際情勢、災害時など、もしもの時に、緊急対応が出来ないんじゃ、不安ですわ。
※1型糖尿病は、体内でインスリン自己精製できない病気なので、外部からインスリン投与しないと死亡します。

もう一つは、ポンプの自動計算機能に頼らずとも、スマホアプリで、カーボ計算が可能になったこと。
「e-SMBG」というアプリが、便利にバージョンアップしました。
1型糖尿病患者のみならず、全ての糖尿病患者に、超オススメアプリです。

もう一つは、医療コストのバカ高い最先端のインスリンポンプ治療法(2ヶ月に1回 40,000円のコスト)より、安価な注射治療に戻すことで、今の派遣先の雇用契約期間切れに備えておくため。
…おかげさまで、12月末まで、雇用期間が再延長になりましたが、業務縮小中の職場なので…。

そんなわけで、治療法を切り替えて約1ヵ月。
・・・注射の量など、まだまだ調整に悪戦苦闘中です。

右肩の治療の方も、相変わらず毎週土曜日に通院し、アルツ注射+低周波&患部の温め、リハビリ継続中。
…痛めてから、半年も経っているのに、しつこいなぁ…。

8月27日(日)
「第90回 靖国神社清掃奉仕活動」に参加してきました。
5月は、体調崩してお休みしたので、実に半年ぶりの参加で、久々にいい汗流してきました。

他に報告すべきことは、余命プロジェクトチーム主導での、朝鮮学校に便宜を図っている弁護士への懲戒請求の件。



本日(9月3日)時点で、 日本弁護士連合会、第一東京弁護士会、第二東京弁護士会、神奈川、埼玉、群馬、仙台、千葉、愛知、広島、兵庫、福岡、大阪、岐阜、札幌、茨木から、返答が届いています。

大半の内容は、綱紀委員会にて事案の調査を開始したという「調査開始通知書」だったのですが、日本弁護士連合会からの封書は、「今後、同様の文書の提出がありましても対応いたしかねる。」という通知書に、わざわざ署名捺印した文書を送り返してきました。
東京第一弁護士会からは、同名の弁護士が埼玉にもいるが、当該弁護士は、どちらなのか返答しろという内容でした。
わざわざ東京第一弁護士会宛に送ってんだから、東京に決まってんだろ! 
…日本語不自由なのかね。

産経新聞 平成29年5月19日付の朝刊に、「戦後72年弁護士会 左傾のメカニズム②」という記事が載ってました。
同記事は、産経WESTでも読めますが、まさに北朝鮮スパイの巣窟に日本の司法が乗っ取られているのを実感できますね。

http://www.sankei.com/west/news/170523/wst1705230002-n1.html

最後に、恒例の8月に読んだ書籍の紹介

「日本の歴史①~⑤」 著)渡部 昇一/PHP出版
「空母いぶき⑦」 著)かわぐちかいじ/小学館

8月は、「日本の歴史シリーズ(全7巻)」を①~⑤巻の明治篇まで読み終え、9月3日現在、昭和篇を読んでいる最中。
明治篇を読んでたら、猛烈に「坂の上の雲」が観たくなり、父にDVDを借りたので、これから視聴します!

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

通州事件80周年 記憶と慰霊の国民集会

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)