今年は、小学校の道徳教科書の採択の年ですので、地元の、教科書展示会に足を運んできました。
神奈川県での教科書展示会の開催スケジュールはこちら。⇒http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f6671/

私は、6月24日(土)、25日(日)の2日間、地元の相模大野・南区役所の臨時会場に足を運びました。





教科書採択の時期になると、左翼団体や在日本大韓民国民団などの反対派による抗議運動が活発化します。
自分たちに都合の悪い情報を隠蔽し、自虐史観や、自分たちの主張を押し付けるために、幼児期から洗脳教育しようと目論んでいるんですね。

・敗戦国・日本を一方的に悪者にすることで、自分たちの戦争犯罪行為を隠蔽したい連中
・戦時中、日本国家転覆を図り収監されGHQによって赦免された犯罪者
 (※コミンテルン日本支部(日本共産党)、創価学会創始者の牧口・戸田らがコレ)
・GHQの犬になり財を成した敗戦既得者(マスメディア、教育者、法曹界に多い)

こういう連中が、教科書採択の時期になると、市民活動家を装い、教科書採択に介入してきます。
因みに有名な事件では、「杉並区歴史教科書採択騒動」ですね。
※警察白書平成18年度版では、この事件について中核派が「つくる会の教科書の採択阻止を訴え、市民運動を装いながら、杉並区役所を包囲するなどした。」としている。

とりあえず、ざっとレビューします。

まずは、左翼活動家が目の敵にして、粗探しに躍起になっている「教育出版」から。



国旗・国歌の意味を学べ、日本の偉人を多数紹介している。

二宮金次郎、伊能忠敬、勝海舟、西郷隆盛、杉原千畝、野口英世、天才棋士 村山聖、徳川家康のしかみ像(三方ヶ原での敗戦の教訓)、郵便の父 前島密、石橋正二郎(タイヤ会社)、ブータンに日本の農業を、渋沢栄一、ノーベル賞受賞者 大村智(北里)など、日本人であることに誇りを持てるような素晴らしい内容でした。


次は、「光村図書」



特定アジアからの外国人、テロリスト、密入国者、生活保護者などの連中の自己擁護全開!

特に酷い内容は、「世界人権宣言」、
・「第四条 どれいはいやだ」 人はみな、どれいのように働かされるべきではありません。
(…生活保護不正受給者の擁護)
・「第九条 簡単につかまえないで」人はみな、法律によらないで、また好き勝手に作られた法律によって、つかまったり、閉じ込められたり、その国から無理やり追い出されたりするべきではありません。
(…密入国者擁護)
・「第十一条 つかまっても罪があるとは限らない」 うそのない裁判で決められるまでは、だれも罪があるとはみなされません。
(…中核派、しばき隊、山城 博治の擁護ですか?)
・「第十四条 にげるのも権利」 だれでも、ひどい目にあったら、よその国に救いを求めてにげていけます。
 (…共謀罪成立したら亡命する発言の小西洋之議員ですか?)
・「第十五条 どこにでも住める」 私たちはみな、今いる国のどこへでも行けるし、どこへでも住めます。
(…沖縄で基地反対活動したりウトロみたいな治外法権の部落つくる気か?)



「差別のない社会を目指す」等、外国人を差別するな、在日に配慮しろ的な意図がミエミエな内容でした。
最も、最低最悪な洗脳教科書です!
この教科書が採択されたら、家庭内で洗脳教育を解くよう、しっかりサポートしなきゃなりません。


日本文芸出版 学習ノート付
杉原千畝、エルトゥールル号など定番の他に、5年生では、ドラえもん「のび太に学ぼう」という内容。
…なんつーか微妙。

学校図書 (読みもの、活動の分冊)
鑑真、吉田松陰、杉原千畝、マザー・テレサの定番の他に、原爆症などのエピソードは、日教組の連中が核廃絶から脱原発に誘導しやすい内容かも。

廣済堂あかつき ノート付
スティーブ・ジョブズ、新渡戸稲造、キング牧師、岩崎弥太郎など、
4年生では、ドラえもんの漫画「ぼくの生まれた日」が丸々掲載されていました。(…いきなりの漫画に吹いたww)

東京書籍
龍馬の心、手塚治虫 まんがに命を、付録の「先人の言葉に学ぶ」に、上杉鷹山、田中正造、福沢諭吉、南方熊楠など

…左巻きと謂われる東京書籍だが、学研や、光村図書に比べると案外、普通でした。

学研
6年生の教科書は、初っ端から「子どもの権利条約 4つの柱」で、自己の権利を主張することを教え込む、左翼臭漂う内容に嫌な予感しかしない。
…で、極めつけはコレ「ラッシュアワーの惨劇」





新大久保駅で韓国人留学生が人命救助しようとして死亡した事故を、ことさら美談に仕立て上げている。
ぶっちゃけ、この手の人命救助なんて、年に何度も起こる大して珍しくもない事件なんですが、新大久保+韓国人留学生というだけで、英雄扱い、美談に仕立てあげちゃう、韓国ゴリ押しの気持ち悪さにドン引きしました。
他は、リンカーン、ミッキーマウス、マザーテレサ、大村智等、日本の偉人の紹介が殆ど無い。

いかりや長介風に言えば「ダメだコリア」ww。


そんなわけで、教科書レビューは以上です。

多くの地域で、教育出版の教科書が採択されることを願ってやまない。


最後に、いつもの如く、6月に読んだ書籍の紹介

「余命三年時事日記 共謀罪と日韓断交」 著者)余命プロジェクトチーム (青林堂)
「田母神裁判傍聴記」 著者)瀬戸 弘幸 (青林堂)
「通州事件 目撃者の証言」 著者)藤岡信勝 (自由社ブックレット)
「慰安婦 謀略戦に立ち向かえ!」著者)マイケルヨン、杉田水脈、高橋史朗、西岡力、徳水信一、山岡鉄秀(明成社)
Will 歴史通 増刊 追悼「知の巨人」渡部昇一 (ワック出版)
マンガ入門シリーズ「皇室入門」 渡部昇一(原作)
Will 2017年7月号 (ワック出版)

…渡部 昇一先生が亡くなられたこともあり、最近は、延々と渡部先生の著書を読みふけっております。

次回は、7月29日(土)に開催された「通州事件80周年 記憶と慰霊の国民集会」をレポートします。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

通州事件80周年 記憶と慰霊の国民集会

日本第一党勉強会「リベラルとは何か?」

comment iconコメント ( 2 )

道徳教育って大事ですよね!
若い世代が、しっかりとした価値観で育ってくれることがネットなどの情報が活きて、マスコミのおかしさに気付く切っ掛けになると思います。
マスコミは集団ストーカーのことを意図的に報道せず(事実、20年位前まではテレビで集団ストーカーの報道がありました。)、ネットでは工作員が医者でもないのに被害者を統合失調症などとレッテル貼り。
見事に被害者は加害者たちはやられっぱなしです。それは、大多数の人々がテレビ等の価値観に囚われているから、この様な犯罪を想像できないのです。
私は経験から、この犯罪には反日外国人勢力(たぶん北朝鮮?)が行っているものである思います(一部日本人も仕方なく協力、もしくは操られてます。)。なぜ北朝鮮だと思うのかと言うと、元いた会社(この犯罪に気付く切っ掛けになったところ)が北朝鮮系のザイニチが多かったことと、北朝鮮は外貨を獲得する為に多くの同胞を海外に派遣しているが、その者たちを監視するのにテクノロジー犯罪は打ってつけだと思ったからです。このテクノロジーを使うことにより、点である超汚鮮人を線や面で結びつけることができるのです。
超汚鮮人は日本の盲点を利用しています。
この犯罪を無くす為には、日本を当たり前のことを普通にできる国家にすることが解決につながると思ってます。

名前: - [Edit] 2017-08-22 23:12

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2017-09-26 19:38

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)