5月4日(みどりの日)

今年も、ゴールデンウィーク中に【テクノロジー犯罪周知デモ】が開催されました。

今年は、例年と違い、開催地が新宿コースで、5月4日(みどりの日)の開催日に変更となりました。
今回のテーマは「原点回帰」ということで、第1回目デモのコール文に一部追加したものを使用し、コーラーもほぼACPのメンバーが担当しました。

参加人数は、44名で、「NPOテク犯ネット」などの被害者団体は、「会の方針として参加を推奨しない」旨の通達があったようで、運営実行委員などは参加を禁止されたそうです。
毎年参加してくれていたテク犯ネット会員の大半が不参加という状況。また当日に体調不良などの諸事情で参加を断念された方も多く、前年度より参加人数が減ってしまったのが残念でした。

それでも、前年度参加人数より微減でしたが。

「NPOテク犯ネット」からは、開催日前に、「昨今のマスコミ偏向報道・印象操作の影響で、「集団ストーカー」、「電磁波」などの文言が、一般人への誤解を生みかねないので被害者にとってマイナスになりかねない。」
という旨の、理事長からの会員向けメール配信をがありました。
…なので、私が担当したコールの追加文に、NPO会員の危惧を払拭しようと「マスゴミの印象操作による被害活動の萎縮」について盛り込んでみました。

…今年の開催は4日になるとの事で、祝日出勤日の関係から、事前に参加表明してなかったのですが、開催間近にコーラー参加を打診され、幸か不幸か離職して、祝日出勤予定もなくなったので、急遽参戦となりました。

前年までは、前日の夜勤で殆ど眠れぬまま、午前のデモ準備・最終ミーティング参加し、デモ本番で声を張れませんでしたが、今年は、たっぷり睡眠時間がとれ、万全のコンディションで臨むことができました。

デモ当日の様子は、ダイジェスト1分間のPR動画がアップされましたので、そちらで雰囲気だけでも感じていただければと。



我々被害者の活動に立ち塞がる、マスゴミ偏向報道・司法汚染の現状を打破すべく、そこを糾弾する内容を織り込んだデモや、官邸要望メール・政治家への個別要望メール等の活動は必要です!
要望メール等は、誰でも簡単に行えますので、同アドレスでの連続メール送信等の迷惑行為でブロックされぬよう注意しながら、継続的な活動協力をお願いします。

「余命三年時事日記ミラーサイト 官邸メール送信フォーム」
http://quasi-stellar.appspot.com/kanteiForm.html

…日本が、「カエルの楽園」みたいになってからでは遅いからね。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

上階からの水漏れ修理リフォーム

離職しました。

comment iconコメント ( 2 )

はじめまして。
神奈川集団ストーカー被害者の会への参加を希望しております。
入会方法、現在のご活動状況等お聞かせいだくことはできますか?

名前: 中込 [Edit] 2018-02-23 09:14

Re: タイトルなし

> はじめまして。
> 神奈川集団ストーカー被害者の会への参加を希望しております。
> 入会方法、現在のご活動状況等お聞かせいだくことはできま

返信が遅くなり申し訳ありません。

集団ストーカー被害者の会ネットワークの方でしたら、大半のメンバーが活動休止状態です。
栃木メンバー、東京の一部のメンバーのみが、現在も積極的な街宣活動などを行っています。
こちらの入会でしたら、被害者の会ネットワークのHPから、会の代表へご連絡ください。

SDH神奈川の方も、交流用MLを立ち上げておりましたが、既に、私も含め、大半のメンバーがSDHを退会しており、既に消滅しております。
今でも一部のメンバー同士との個人的な交流はありますが、被害者団体としての活動は行っておりません。

私自身、集団ストーカー被害周知活動より、もっと日本全体のことを考えた保守活動にシフトしております。
ですので、あまり、自身の被害を一般に訴えるような活動は行っておりません。
どちらかというと、加害勢力を叩く方に、一般人への協力&理解を求める方針で動いています。

私も被害初期の頃は、周知活動を積極的に行っていましたが、被害者によっても被害内容は千差万別ですから、被害者同士でも真に理解しあえていない。
それなのに被害の辛さを一般人の感情に訴える活動を行っても、一般人から理解や同情はあっても、実際に大きな社会問題化するような世論喚起までには至らないのが実情です。

まぁ、被害生活に慣れないうちは、被害者団体に所属して、周知活動のノウハウを教えてもらったり、被害者同士で交流するのも無駄ではないと思います。
長期戦覚悟で、気長に戦っていきましょう。

名前: ビクティニ・W [Edit] 2018-05-11 23:46

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)