2月・3月と、離職準備の為、色々と忙しかった。
社内システムの大幅変更に伴い、あと1ヶ月半で退職だってのに、一から仕事の手順を憶える羽目になり、てんやわんや。
アクセス集中によるサーバートラブルで、一向に業務が進まず残業、残業…。

3月末で、雇用契約期間を更新せずに、離職願を出すことにしました。

離職理由は、夜勤仕事での体調悪化が一番の原因。
就業当初は、夜勤事務2人体制で勤務してましたが、相方が辞めてから、夜勤担当は私一人。
シフト表は1ヶ月前に決定され、平日非番日のみ、日勤の先輩に臨時で夜勤シフトで入ってもらうので、急な予定が入っても、休みの変更が出来ず、知人からの誘いや、講演会や、保守デモ、裁判傍聴、ポスティングなど、多くのイベント参加を断念せざるを得なくなり、イライラMAX!
体調不良でも気軽に休めず、風邪が重篤化して肺炎になったり、ケトアシドーシスで救急搬送され入院する羽目になったり、流石に、仕事続けてくのには限界を感じました。

※糖尿病ケトアシドーシスは急性代謝失調で、ひどい場合には脳浮腫や昏睡を引き起こし、最悪の場合には死に至ることもある怖い症状です。

定時で夜10時以降帰宅なのですが、繁忙期は残業の為、深夜0時過ぎることもあり、食事の時間がズレ込んで、低血糖・高血糖を繰り返し、血糖コントロールが悪化の一途を辿っていました。


▲ 2月の血糖値データ。夕食前(帰宅直後)に頻繁に低血糖を起こしてます。

…いやぁ~、マイナンバーも終わったし、地元の在日韓国人への『赤紙(兵役通知)』を、この目で見届けるまでは、郵便局で頑張ろうと思ってたんだけどね。
流石に、医療費もかさんでくし、ここまで血糖コントロールが悪化しちゃ、離職せざるを得ないわ。


因みに、他の被害者さん達から、元の職場(※集スト加害で有名)での嫌がらせ被害について質問されますが、そもそも他の職場でも似たり寄ったりだったし、職場の人間関係や雰囲気自体は悪くなかったです。

…まぁ、社内には、民主党系ポスターや、労働組合の反基地運動報告が貼られている職場だし、やはり左翼系が多い職場は、居心地が悪いってのはありました。
(休憩室で「ジャパニズム」や「正論」などの保守本読んで、気持ちで抵抗したり。)
以前も、職場で核廃絶署名協力を頼まれ、やんわり断った事がありますが、郵政産業労働組合は、共産党系団体だしね。


そんな訳で、スパッと年休消化して3月末付で離職しました。


今現在は、未読本の山を片付けるべく、読書に時間を割いています。
ハローワークに通いながら、資格試験の勉強したり、放置していた虫歯治療&顎関節症の集中治療のため、連日、歯医者通いしたりしながら、過ごしてます。


-- 閑話休題--

『余命三年時事日記ミラーサイト』の官邸メール自動送信ツール。
チェックボックスにクリックするだけで、簡単に送信できる便利ツールです。
『ストーカー規制法に関する要望』もありますので、集団ストーカー被害者さんは、頻繁に要望メールを送ってくださいね。

『余命三年時事日記ミラーサイト』
http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=271


【号外645】 『ストーカー規制法に関する要望』

現在のストーカー規制法では取り締まれない犯罪があります。
それはターゲットになった者を集団・組織的に付け回し嫌がらせを行ない精神的に追い詰め自殺、精神病、社会的抹殺に追い込む手法の犯罪です。
宗教団体、反日組織が敵対する者に集団でつきまとい嫌がらせを行ったり、企業が社員をリストラする目的の為に組織的に嫌がらせをし精神的に追い込み退社させるという事件が実際に起こっています。
現在のストーカー規制法では恋愛感情が伴わないと「つきまとい等」に該当しないようになっています。
しかし恋愛感情がなくとも、加害者側の利益、怨恨などの理由での嫌がらせは存在しています。

「つきまとい等」の該当条件を恋愛感情を伴わなくとも集団・組織的な嫌がらせ行為も該当するようにストーカー規制法の変更の検討をお願いいたします。

今ストーカー犯罪は進化、多様化しています、恋愛感情の有無が該当条件になってしまうのはあまりにも無意味だと思います。
アメリカではTV番組でも話題として取り上げられており現在この犯罪行為を取り締まる法整備が進められています。

今現在も組織的に嫌がらせを受け精神的苦痛を強いられ必死で堪えている被害者が数え切れないほど沢山います。
早急に検討をお願いいたします。

http://quasi-stellar.appspot.com/kanteiForm.html



にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

【16’テクノロジー犯罪周知デモ】の感想 「PR動画告知」アップ

2月・3月の保守イベント参加報告

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)