12月6日(日)

日本会議神奈川・相模原支部主催の「昭和の遺産巡り」バスツアーに初参加してきました。

案内役は、日本陸軍史研究家にして日本会議神奈川・相模原支部長の奈良保男先生で、今回の旅のテーマは
『昭和の遺産巡り~三浦路に、日本古代近代史を学ぶ~』です!

最初に、「大日本帝国憲法制定に尽くした先達の偉業を偲ぶ」をテーマに、横須賀金沢八景・野島・夏島周辺を巡りました。

大日本帝国憲法制定の地である、「憲法草創之處碑」に到着。
この記念碑は、憲法草案の起草の地、金沢・瀬戸にあった「東屋」という割烹旅館の庭に建てられたものが、東屋の廃業後に移転されたものだそうです。

BLOG0339.jpg

次に、野島公園にある「伊藤博文公金沢別邸」に向かいました。

BLOG0342.jpg

BLOG0341.jpg

BLOG0343.jpg
別邸内では、抹茶と御菓子をいただきました。

BLOG0345.jpg

BLOG0346.jpg
台所

BLOG0344.jpg
伊藤博文公の私的スペース、居間棟にある厠(便所)。

BLOG0347.jpg
客間棟から観える風景。海苔の養殖場らしい。

BLOG0348.jpg


BLOG0350.jpg
こちらは、「明治憲法起草地記念碑」


次なるテーマは「帝国海軍航空隊を回顧」

横須賀追浜の日本海軍航空隊発祥の地に向かいました。

BLOG0352.jpg
海軍航空隊発祥地記念碑

BLOG0351.jpg
「予科練誕生之地記念碑」の前では、皆で、ツアーの栞に載っている「若鷲の歌」を熱唱。


次なるテーマ、「横須賀鎮守府時代の帝国海軍を懐古」では、臨海公園(現ヴェルニー公園)海軍の碑を訪れ、ここで昼食をいただきました。

BLOG0353.jpg

BLOG0354.jpg

BLOG0355.jpg

BLOG0357.jpg


次なるテーマ「ヤマトタケル・オトタチバナヒメに相模国を憶う」

日本武尊(やまとたけるのみこと)と弟橘媛命(おとたちばなひめのみこと)が御祭神として祀られている、走水神社を訪れました。

BLOG0362.jpg

BLOG0358.jpg
舵の碑:1975年、弟橘媛が荒海を鎮めた故事に因み、航海の安全を祈念して建立。

BLOG0356.jpg
針の碑:昭和58年、針と衣類等に感謝して建立

BLOG0359.jpg
弟橘媛命記念碑:1910年、東郷平八郎、乃木希典らが建立。恒久王妃昌子内親王筆

BLOG0360.jpg
弟橘媛の碑の前からの眺め。対岸の千葉県が直ぐ近くに感じられます。
日本武尊が、「簡単に渡れる」と誤信してしまったのも納得。

BLOG0361.jpg
機械水雷:1910年に奉納された、日露戦争戦利品のロシア製機械水雷。


お次は浦賀ペリー上陸の地の碑・記念館にて「日本を開国させたペリーと対面」

BLOG0363.jpg
ペリー上陸記念碑

BLOG0364.jpg
記念館内の模型。サスケハナ号・ミシシッピー号・プリマス号・サラトガ号。


最後は、馬門山墓地(旧海軍墓地)にて「明治15年以降の海軍軍人戦没者慰霊」

BLOG0369.jpg

BLOG0368.jpg


今回のバスツアーで、神奈川在住ながら初めて訪れる場所ばかりでした。
近現代史は、勉強し始めたばかりなので、初めて知る事柄だらけで、すごく勉強になり楽しかった!

帰りのバスでは、ここ最近の残業疲れも相まって猛烈な眠気に襲われ、解散後の、奈良先生達との懇親会まで参加する気力もなく、そのまま帰宅しました。(…残念)


翌週12月13日(日)には、大和市で開催された、おしゃべり憲法カフェ「大和たちばなの集い」に参加してきましたが、この「たちばなの集い」の名の由来は、発足前にメンバー達で走水神社を参拝し「弟橘媛命」に肖って命名されたそうです。

今回、バスツアーでご一緒した日本会議神奈川代表も、「大和たちばなの集い」に来られていて、挨拶スピーチで、バスツアーと走水神社のことを語られていて、なんだか嬉しくなってしまいました。


次回もまた、昭和の遺産巡りバスツアーに参加して更に歴史を学びたいです!


にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

迎春! 皇居に一般参賀してきました。

「超大嫌韓デモ in 新宿」にて「ぱよぱよちーん」大合唱

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。