先週の金曜日、北里大学病院に検査通院しました。
検査結果は、血糖値が91でした。食後2時間値としては良好で、ヘモグロビンA1cも7.6と、まずまずの数値。
これが、操作された数値じゃなければだけど・・・。

自宅で血糖測定した際、低血糖症状も無いのに、38とか低い数値が出て、即座に測りなおしたら、51に変わってました。その日は、夕食後にも、同様に48→60の数値が記録されました。両方共、食後2時間値です。

前回の通院の時に、血糖測定器が誤作動する事を先生に話していたので、
受診の後、処置室で、看護師さんに血糖測定器をチェックしてもらいましたが、機械はちゃんと正常でした。
一応、新しい機種に変えてもらいましたが、誤作動の原因は、ストーカーによる操作なので、
新機種だろうとお構いなしなんだよなぁ。

その帰りにバスに乗って、相模原市役所まで足を伸ばしてきました。
懇談会の時に、NHKで、NPOテクノロジー犯罪ネットワークの取材を検討されている話を聞きました。
そこで、各地域の議員さんに手紙を書いて、NHKの方に、取材賛同している旨を伝えてもらおうというものです。

私は、NPOテク犯ネット会員ではないのですが、TV取材によって、この犯罪が広く世に知れ渡ってほしいと思い、
公明党以外の、相模原市議会議員41名に、手書きで、必死こいて書きました。
・・・・それにしても、ペンだこが、できるなんて、学生時代以来だわ。
加害者に音声や痛めつけで集中力を乱され、何度もミスっては書き直して、遅くなってしまいましたが、
議員事務局に、直接、足を運んで手渡し出来たので、ホッと一息です。

病院帰りに寄ったので、時間も遅めだし、インスリン注射針など、かさばる荷物を持っていて、ゆっくり出来なかったけど、市役所の建物内に生活安全課を見つけました。

今度、時間がある時に、デジカメ画像をプリントした物とかをちゃんと持って行って、集団ストーカー相談に行こう。相模原南警察署じゃ、何度、足を運んでも、印刷した画像を渡しても、「上司に話してみます」しか言わないし、その後も、連絡すらないし・・・・。

ただ、自宅で撮れる画像ばかりで、犯人を特定出来る様な証拠が無いんだよなぁ。
懇談会で、教わった方位磁石での磁場異常測定は、証拠になるとの事なので、撮影しました。

DSCF0010_convert_20111016182303.jpg

DSCF0009_convert_20111016172422.jpg
自宅リビングにて撮影。いくつかは北を指さず、微妙にズレています。

デジカメやI・Cレコーダー、ビデオカメラを購入してからは、マンションの自転車置き場などで、わざとこちらの出掛ける時に併せて、挨拶してくるだけで、もう、病院の待合室とか出先で、待ち伏せや仄めかしをされなくなりました。
マンション前で撮影しても、マンション住民なので、全く不自然ではないし。

家の中で撮れたのは、わっざとらしい咳払い音のみ。それもすごく小さくて聞き取り難い音。
これは、窓を閉めた状態で、自宅の私室で録音しました。外から洩れた声ではなく、ピンポイントで私の周囲の空間に音を鳴らす加害音です。
I・Cレコーダーのマイクじゃこれが限界みたいなので、集音マイクが必要かも。

NPOの方は、なりすまし工作員が多いとの話を聞いていたので、入会を躊躇っていたけど、
懇談会で出会った方達は、信用出来そうなので、私も入会することに決めました。

今月の29日に相談会の予約をしてきました。
30日には定例会があるそうなので、今月は、交通費やら会費やらで、出費がかさみます。
体調も酷いので、当分、働けそうにありません。

ポイント、アンケート内職じゃ限界が有るなぁ・・・。
家族もこの犯罪を認識してくれればいいけど、残念ながら非協力的なので、こういった活動資金は、全部自腹です。(泣)

テクノロジー犯罪被害者による被害報告集―遠隔技術悪用を告発する33名の被害者自身による被害実態報告テクノロジー犯罪被害者による被害報告集―遠隔技術悪用を告発する33名の被害者自身による被害実態報告
(2010/05)
内山 治樹

商品詳細を見る



スポンサーサイト

音声送信してきた加害者に聞かせる神曲!

『テクノロジー犯罪被害者による被害報告集』の読後

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)