「平成27年度 神奈川県 教科書展示会」に行ってきました。

28年度に使用する教科書の見本が会場展示され、実際に閲覧できるイベントです。
臨時会場の南区合同庁舎なら、自宅や職場にも近いので、出勤前に立ち寄ってきました。





チェックすべきポイントは、歴史&公民の教科書ですね。
それも、近現代史、戦後史の文面から、日教組の自虐史・洗脳教育のための教本かが判別できます。

上の画像だと、左側に並んでる方は、完全にNG! (…こんなとこまで左寄りかよ…www。)
周辺所j国との友好、過去の戦争への反省とか、完全に中韓寄りの視点での文面でした。

売国奴である、元首相・村山富市の写真が使われていたり、首相の靖国参拝を問題視するような文章まで書かれていたり、
子供に歴史を学ばせる教科書というより、共産主義洗脳教本と言う感じで、こんな教科書が採択されてしまったら、左巻きの子供ばかりになってしまいます。

…朝日新聞の、従軍慰安婦捏造問題が騒ぎになってるのに、未だに、慰安婦やら挺身隊やら、強制徴用やら嘘の歴史を子供に掏り込もうとしてるんですよ…。

とりあえず、会場のアンケート・ご意見用紙には、「東京書籍は日教組好みの内容で子供に悪影響を与える。
虚構の南京事件を載せず、実在した通州事件を扱った、自由社の「新しい歴史教科書」を推します。」と書いてきました。

「新しい教科書をつくる会」推薦だけあって、テッパンは、自由社、育鵬社ですね。

この教科書の市販本は、全国書店でも購入できます。



自由社の歴史教科書は、近所だと、相模大野駅ビルの書店にも置いてありました。
参考書売り場ではなく、「政治・社会」の売り場に置いてあります。

学生時代、日教組に自虐史を植え付けられた大人にこそ、改めて読んでほしい一冊です。
(…私も、学生時代ロクに勉強してこなかったクチなので、今読むと目からウロコですわ。)


「関連サイト」

『新しい歴史教科書をつくる会 official Web』
http://www.tsukurukai.com/

「これは一体どこの国の教科書なのか…新参入『学び舎』歴史教科書、検定前“凄まじき中身”と“素性”」産経ニュース
http://www.sankei.com/premium/news/150507/prm1505070008-n1.html



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ


スポンサーサイト

「みたままつり」と教科書採択署名

『日韓断交を求める国民大集会 in 日比谷公会堂』に参加してきました。

comment iconコメント ( 1 )

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2015-07-28 22:20

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)