にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村

2月3日(月)に、昨年末に、情報開示請求決定通知書が来たので、横浜市関内の県政情報センターまで警察相談受理・処理票の写しを受け取りに行ってきました。

開示結果の写しは、県警本部から送られてきた開示決定通知書を持参し、直接本人が足を運ばなければなりませんが、
ぶっちゃけ、都内(新宿・飯田橋近辺)より遠く交通費も掛るので別の用事がある時にでも、と後回しにしていましたが、5日から、パート勤務が決まり、平日の来庁が困難になるので、取り急ぎ横浜まで。



県政情報センターに到着し、個室に通され数分待っていると、担当官が来て、交付費用として、コピー代金2枚分(20円也)を支払い、行政文書の写しと領収書を手渡され、即、終了。

これだけの為に、高い交通費や時間を掛けるのは、馬鹿馬鹿しいが、仕方ない…。

受け取った警察相談受理・処理票は、案の定、警察が「いかにマトモに被害者の話を聞かないか」が判るシロモノでした。

因みに、この相談時は、『NPOテク犯ネット』のチラシやICレコーダー記録、ビデオ撮影記録、客観的資料を持参し、被害概要説明前に、同じ様な被害を訴えている被害者団体が複数存在していること、過去の相談時には、チラシ等の資料を受け取ってくれ、自宅まで確認の電話をした」対応だったことも告げた上、自分の被害を語ろうとすると、「誰が貴方に何の目的でやっているの?」「そんな話は一度も聞いたことが無い」「精神科を受診してみたら?」の一点張りで、NPOチラシすら受け取り拒否されました。

因みに、被害の説明が理論的に出来ない被害初期のパニック状態の時、家族に強制的に精神科に通院させられましたが、
精神科医の初診では、問診3分もしない内に、『統合失調症』と診断され、大量の向精神薬が処方されただけ。嫌がらせされていてストレスを抱えている事を説明し、嫌がらせ証拠写真などを持参しても、上記の警察官と同じ「誰が貴方に何の目的でやっているの?」と、お馴染みのマニュアル的台詞の後、資料にチラリとも目を通さず、『統合失調症』扱い。

…無差別テロなんだから、巻き込まれた理由なんか知る訳ねーだろ!(魂の叫び!)

当時は、医療利権すら絡んだ組織的犯罪だと知らず、脳波とCTR検査で犯罪の証拠が掴めないかという安易な考えや、睡眠妨害被害が酷かったので、体調を心配する親の手前、睡眠導入剤の処方箋目的で通っていました。

通院する度に、「ちゃんと薬は飲んでいるの?効いてない様なので、もう一錠増やします。」
…と、どんどん薬ばかり増やされるわ、患者を見下すような対応で、脳波とCTR検査の結果を聞いても、詳しい説明はせず、異常はないと言われるだけ。
処方された薬は、睡眠導入効果すらなく、服用する度に、どんどん具合が悪化し、ベッドから起きる気力すら無くなり「このままじゃ薬漬けで、生ける屍にされる」と、別の病院を受診してみたものの、その病院の2回目の受診の際、
「北里東病院の吉田先生は立派な先生でしょ?仲直りしたほうがいいよ。北里に手紙を書いておくから。」
…と、此方の病院に転院した理由は、「単に自宅から近いから」と話しただけなのに、何故か「北里の先生と仲違いしたこと」にされている上、患者の意向も聞かず、勝手に北里へ受診する手続きしたりと、胡散臭すぎる対応でした。

(…その辺のことは、過去の記事参照ください)

その辺の病院関係者の不審な対応について警察官に相談したものの、この結果(下の画像参照)ですよ。

警察相談受理・処理票 裏面
▲ 表側は住所や家族名など個人情報満載なので、裏面の「処理結果の概要」のみ画像掲載

コレを受け取る為だけに、高い交通費や時間を費やしたかと思うと腹が立つので、隣駅のランドマークタワーまで足を運び、ポケモンセンター横浜で、ご当地ピカチュウグッズを購入したり、ウインドウショッピングを満喫して帰りました。


▲ ポケモンセンター横浜(ランドマークタワー4F)

自分のハンドル名は、ブログ開設前・集団ストーカー被害者の会ネット入会申請した頃、丁度、「ポケモンB/W」発売前で、発表されたばかりの新ポケモン「ビクティニ」が可愛かったから「なんとなく」名付けただけなんですが、この名との付き合いも思いの外、長くなりました。



…ところで、現在、都知事選で舛添当選の悲報が入ってきました。

これで、全国警察のトップ、警察庁(公安)の予算を、左翼・創価学会の息の罹った奴に握られ、被害解決が益々遠のきそうです。(血の涙)

明日の朝は、悪路で自転車通勤が出来そうになく、早めに家を出なきゃならないだろうし、落胆が激しいので、もうフテ寝します…。

にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

大雪の影響

八つ当たり身体攻撃が激化してます。

comment iconコメント ( 3 )

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2014-02-12 16:18

告訴要件

この記事には、『NPOテク犯ネット』のチラシ、ICレコーダー記録、ビデオ撮影記録などの客観的資料を警察に持参したとあります。

まず、ICレコーダー、ビデオ撮影で一体、何を立証したいのでしょう。

加害者はレーダー技術を応用した電子機器を使っているので、
これらでは被害事実の立証にならないでしょうね。

警官は、電波が人間に聞こえないという前提で、貴女の話しを聞いているので、そもそも会話がかみ合わないのでしょう。

告訴要件を満たしていないでしょうね。


名前: patentcom [Edit] 2014-04-05 22:06

Re: 告訴要件

警察には、基本的に、人的な嫌がらせ、騒音被害や付き纏いだけでも取り締まってもらうため、侵入被害や器物破損、迷惑防止条例違反の被害の訴えをしました。
ビデオに関しては、家電が不審な誤作動した所、ネットバンクの不正ログイン画面など、あくまで客観的に判りやすいものを用意しています。

結局、「何の目的で貴方に、そんな事をしているの?」という、お約束の質問で返されて、話すら聞こうともしませんけど。

加害組織の目的なんて、「別冊正論 Extra.15」を読めば、想像がつきますけどね。

テクノロジー犯罪に関しては、ざっと概要の説明と、被害者団体が複数存在し、同様の被害を訴える被害者が全国に大勢いることを伝えるためと、被害者団体に相談結果報告書を提出するためだけです。

警察に対しては「現行法で取り締まれるものに対しては、きちんと対処してください。」ぐらいしか要求してませんね。

名前: ビクティニ・W [Edit] 2014-04-05 23:32

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)