韓国「50人に1人」が創価学会会員 「倭色宗教」が「反日国」に受け入れられた理由- J-CAST(2013年12月29日11時08分)

池田氏に関する記事を掲載する最近の韓国雑誌

韓国人の50人に1人に当たる、実に100万人が、日本生まれの「ある宗教」に属している――というと、驚く人も多いかもしれない。

その宗教とは、「創価学会」だ。しかもその数は、日韓関係の冷却が続く現在も、なお増加傾向にあるという。「反日」ムードが色濃く漂う韓国で、創価学会は果たしてどのようにして拡大していったのだろうか。

2012年には池田大作氏の著書がベストセラーに

『ありがとう、韓国』――2012年9月、韓国の週間ベストセラーランキングに、1冊の本が名を連ねた。著者は創価学会の池田大作名誉会長だ。これまでの韓国に関する文章やスピーチなどをまとめたもので、最大手紙・朝鮮日報系の出版社から刊行、李寿成元首相が推薦の辞を寄せた。

日本ではあまり知られていないが、これに限らず、韓国の大手雑誌などには、池田氏の文章や談話などがしばしば掲載されている。最近でも、「月刊中央」「月刊マイダス」といった大手新聞社・通信社系の雑誌に、池田氏が相次いで登場した。

現在韓国SGI(創価学会インタナショナル)の会員数は約100万人で、海外会員175万5000人の半数以上を占める。いわば、日本に続く第2の拠点だ。人気コメディアンのチョ・ヘリョンさんやK-POPグループ「2PM」のウヨンさんなど、著名人の会員も少なくない。韓国全土280か所に施設(文化会館)を設け、首都ソウルの中心部には壮大な本部ビルも擁し、すっかり韓国社会の市民権を得たと言っていい。

だが、疑問が残る。韓国における「反日」の強さは、多くの人が知るところだ。現に10月、朴槿恵大統領がアシックスの靴を履いただけで問題になったように、日本企業もしばしばバッシングの対象になっている。実際、上述した『ありがとう、韓国』のベストセラー入りの際には、李明博大統領(当時)の竹島上陸・天皇発言の直後だったこともあり、韓国紙からは意外視する声も出た。

なぜそんな韓国で、「日本生まれの宗教」が受け入れられているのだろうか。

一時は「布教禁止」にもなった

韓国では1960年代の初め、在日韓国人の会員などを通じて創価学会の信仰が広がり始めた。しかし日本への反発から「倭色宗教」「歌う宗教」などとやり玉に挙がり、64年には「反国家的、反民族的な団体」として一時的に布教を禁止された。

そこからの「再起」の理由を、韓国の研究者は「教義が韓国人の考え方に合っていた」「一般信者も主体的に信仰へ参加できるスタイルが好まれた」などと分析する。一方、創価学会広報部は、現地会員の「粘り強い活動」を強調する。30年以上にわたり環境運動や災害救援、慈善バザーなどに力を入れ、単なる宗教ではなくボランティア団体として、じっくりと韓国社会での立ち位置を獲得したというのだ。

「10人中8人が『創価学会(SGI)』の名を知らないのに、その会員は100万人に達する」

池田氏を取り上げた「月刊朝鮮」も、その「静かな」拡大ぶりを驚きとともに紹介している。創価学会側は否定するものの、韓国内ではその「政治的影響力」を危惧する報道がされたことさえあるほどだ。

池田大作氏はなぜ韓国にこだわるのか

また池田氏が韓国を「文化大恩の国」「兄の国」と呼び、並々ならぬ思い入れがあることは一部では知られている。

特に「歴史認識」問題については、「どれだけ日本が貴国の人々に、非道のかぎりを尽くしたのか」と韓国人学者に語るなど、何度となく謝罪の言葉を繰り返すとともに、日本人が「正しい歴史認識」を持つことの重要さを説き、そして若い世代の民間交流の必要性を強く主張する。戦前、ソウルでの生活経験があった父親や、戸田城聖・創価学会第2代会長などからの感化だというが、こうした姿勢が韓国の識者層に好意的に受け止められる要因となっていることは間違いない。

もちろん、裏を返せばこうした「親韓」は、日本国内からは時に「反日」との批判を受ける。池田氏の年来の持論である在日韓国・朝鮮人への参政権付与にも、賛否両論は絶えない。

それでも――創価学会広報部の担当者は、「正しい歴史認識」が根本だ、という池田氏の考えを繰り返しながら、言葉を選ぶようにこう語った。

「両国の間にさまざまな緊張があることは、もちろん承知しております。さまざまな政治的な波風はあるかもしれませんが、それでも我々は、宗教の次元で、韓国との方々と揺るぎない信頼関係を続けていくことができると思っています」

http://news.infoseek.co.jp/article/20131229jcast20132193040?p=1



非常にわっかりやすいニュース記事を見つけたので、転載します。

教祖の池田大作(本名:成太作(ソン・テチャク)も出自が朝鮮人だしね。
…そりゃ教義も行動も、韓国の諺まんまなわけだわ。

『マンガ・嫌韓流』を読むと、韓国人の行動や思想が、集団ストーカー加害者達の特徴と一致していることに気付きますが、韓国国民50人に一人が学会員というのは、ある意味、納得ですよね。

…国民総ストーカー気質ってやつですか。

『マンガ・嫌韓流』を、ただの漫画と侮るなかれ!
一家に一冊、手元に置いておくべき教科書のような内容ですよ。

4863912471_01_IN09__SX497_SCLZZZZZZZ_V168653199_.jpg


相模大野図書館にも置いてあったぐらいなので、地元の図書館でリクエストを推奨します!


http://youtu.be/kGBHdlrxu_s


最近、年末年始の郵便局・短期アルバイトをしています。大量採用なので、普通に採用されて働けています。
連日、夜8時まで残業だけど、来年初旬は、懐が温かく過ごせそうです。
今日は久々のお休みでまとまった時間が取れましたが、ブログ更新は、今年はこれが最後になります。

来年も、マイペースに更新していきますので、宜しくお願いします。

皆様、良いお年を~♪

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

各局比較で判別!反日マスコミの特色!

今年最後の街頭活動 SDH定例会に参加してきました!

comment iconコメント ( -1 )

No title

集団ストーカーは創価や韓国系カルトのみならず、創価の対立組織である顕正会、及びその二組織の元である日蓮系の仏教組織も行っている可能性が高い。
よって、もし心が折れて何処か宗教に入ろうと思った場合、創価、韓国系のカルトのみならず、これら日蓮系の仏教集団も止めておいた方がいいでしょう。

一生集団ストーカーとの戦いの日々を送る上で、神を信じなければ、自分の人生の意味がわからなくなり、精神的限界が来る事もあると思われますので、神社に拝みに行く程度の事はやっておいた方がいいかと思われます。そして一人では決して解決の出来ない問題でもある為、出来れば上記カルト以外の何か他の安全な宗教団体に入り助けを求める事も、身を守る手段の一つとして考えてはみるべきです。

邪視とは怖い話として最近創作された妖怪の類の事では無く、執着や悪意を強く持ったある特定の人間の眼がもたらす呪いの事です。
籠の目が、対策の一つであるそうです。

名前: 蛇尾出 [Edit] 2013-12-31 13:51

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。