にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

9月1日 防災の日に因んで、『関東大震災 朝鮮人虐殺の真相』の動画を拡散します。

関東大震災(大正12年)時、デマに惑わされた日本人暴徒が多数の朝鮮人を虐殺した。
学校教育等で、近現代史の汚点として、このように教えられますが、

実際は、不逞鮮人によるテロに等しい集団暴力事件の多発。軍も出動。
日本人は自身や家族を守る為に、自警団でそれに対抗。

不逞鮮人と自警団・軍隊の激突で双方に被害者がでた、一般鮮人にも死者がでた。
不逞鮮人と左翼系組織との連携があり、偶発的な事件ではなく計画性があった。

事後に、左翼学者による不逞鮮人の暴動の隠蔽工作、一般鮮人被害者数の水増し工作。
無実の一般鮮人を巻き添えにしたという日本人の良心の呵責を利用し、
疑問や反論も許さぬ「タブー」として、日本人が悪いと印象操作を行うことで、
お人よしで人を疑わない日本人を騙し、世論は朝鮮人と左翼の狙い通りになっていった。



関東大震災
京橋の第一相互ビルヂング屋上より見た日本橋及神田方面の惨状

大正12年9月15日(1923年9月15日) 大阪毎日新聞社



http://youtu.be/xxQaHNZdAjA


http://youtu.be/r0bZoEfXl2I


http://youtu.be/3YyOxJSarKc


関東大震災では、日本人がデマに踊らされ、朝鮮人を虐殺したという捏造史を教わりますが、そもそも強姦、放火など、日本人ならドン引きする行為を好むのは、支那人・朝鮮人特有です。
南京大虐殺と同様、お人好しの日本人を一方的に悪者に仕立て上げるプロパガンダです。

ベトナム戦争では、民間人を大量虐殺し、ベトナム女性を強姦し、その混血児である「ライタイハン問題」を引き起こしましたが、謝罪するどころか、ベトナム派兵記念館(虐殺記念館)を建設する始末。

98年、金大中は訪韓したベトナム大統領ルオンに対し、謝罪の言葉を口にしたものの、
その言葉につづけて「未来志向」を説き「これ以上この件について言及するべきではない」 と暗に釘を刺した。

このとき、退役軍人などは、
「お前たちはベトコンと同じ共産主義者だ、戦場で会っていれば殺すぞ」
「国のために戦い、三万人以上、枯れ葉剤による後遺症に苦しむ退役者がいる。孫の世代に 『良民を殺した』と 疑われるのは耐えられない。二度と新聞にベトナム人虐殺の記事を載せるな」

韓国軍の総司令官は「償いは必要ない、あれは戦争だった」と公式に発言した。

またベトナム戦争で韓国軍がベトナム人女性を強姦して生まれた混血子供が
“3万5千人以上”存在している、その子供は酷く差別され、社会問題化している。

★韓国政府は、それに対する謝罪と反省を、今だ一度たりともしていない。



自分たちの所業は、強姦すらも「戦争だから謝罪の必要が無い」そのくせ、日本人には謝罪しろと、金をせびる口実に使っています。
韓国内での性犯罪率は、群を抜いて高く、0歳児から老婆までもが犠牲になっています。
今現在、アメリカ国務省ホームページに「渡航の際は、強姦被害に注意」とまで記されています。

にも拘らず、反日マスコミの韓国ゴリ押し(韓国ブランド委員会)により、その本性に気付かない、平和ボケ日本人がいかに多い事か!

在日米軍が犯罪を起こせば、マスコミは、ここぞとばかりに激しいバッシングをして、アメリカを悪者に仕立て上げようと必死ですが、在日朝鮮人が、もっと非道を行っている事件は、殆ど報道されません。

関東大震災のような、ドサクサ紛れの非道が行われないように、地震大国として、別の意味でも備えが必要でしょう。
再び、悲劇を繰り返さない為に…!

《参考資料》

日本の現在(危ない日本)より「関東大震災の朝鮮人」
http://ccce.web.fc2.com/sinnsai.html

「ベトナムでは韓国軍だって、みんな戦場の性の問題として女性を利用していたんじゃないんですか」橋下徹、ベトナム戦争の韓国軍はベトナム人女性を強姦し混血児を産ませた、日本軍やアメリカ軍の慰安婦制度とは違う
http://blogs.yahoo.co.jp/warabidani3/17774034.html

バ韓国・誇らしいベトナム虐殺記念館完成
http://killkorea.iza.ne.jp/blog/entry/766367

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
一日一回、応援クリックお願いします。


スポンサーサイト

夏の終わり

朝日新聞抗議デモに参加してきました!

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)