国連拷問禁止委員会における上田人権人道大使の発言「シャラップ!」

http://youtu.be/hkoQjIBA_3U

「シャラップ!」国連委で日本代表大暴言 人権問題追及にブチギレた「お粗末やりとり」
- J-CAST(2013年6月10日19時39分)


 英語で「シャラップ(Shut up)!」といえば、日本語の「黙れ!」に相当する。米国留学の経験がある人いわく、「かなりキツい言い方。公の場で使う表現ではない」。

そんな暴言を、国連拷問禁止委員会という国際的な席で、日本を代表して参加した「人権人道担当大使」が連発して物議をかもしている。しかも日本の人権意識を追及されての「逆ギレ」発言だ。

「自白に頼る日本は『中世』」指摘され…

問題の発言があったのは、2013年5月21~22日にかけて開かれた国連拷問禁止委員会だ。同委員会では国連加盟国を対象に、警察など国家権力による拷問などの非人道的な扱いがないかを調べており、今回は日本が2007年以来2度目の審査対象として選ばれた。

公開されている中継動画や会議要旨、また日本弁護士連合会代表団として傍聴していた小池振一郎弁護士がブログで記したところによると、事の次第は以下のようなものだ。

発端となったのは、22日の審査終盤にモーリシャスの委員から出た「日本は自白に頼りすぎではないか。これは『中世』の名残である」という日本の刑事司法制度への批判だ。

これに、日本側の代表として派遣されていた外務省の人権人道担当大使・上田秀明氏が色をなした。動画では生々しいその模様がしっかり記録されている。

上田氏はややギクシャクした英語で、日本代表としての最後のあいさつを行った。その中で、「日本は『中世』ではない」と上記の発言を打ち消すとともに、

「我々は、この分野(人権問題)において最も進んだ国家である」と高らかに宣言した。

しかしこれに、会場の一部からは笑いが起きた。あるいはジョークと思われたのかもしれない。ところがその瞬間、

「ドントラフ(笑うな)!」

上田氏の叫び声に、出席者たちは驚いた様子で、一斉に視線を集中させた。空気が完全に凍りつく中、さらに上田氏は、

「なぜ笑うのか! シャラップ! シャラップ!」

と、「シャラップ」を連呼、満足げにしんとした会場を見渡しながら「我々は、この分野において最も進んだ国家である」と繰り返し、得意げに「それが我々の誇りだ」と付け足した。

取り調べ問題など多数指摘されていた

日本政府は、国際的な人権問題に積極的に取り組む「人権外交」を標榜している。人権人道担当大使はその「顔」として2005年に新設された。また上田氏は駐オーストラリア全権大使などを歴任したベテランだが、その振る舞いはあまりにも大人気なく、公開された動画には「国の恥だ」などという声も寄せられている。

そもそも笑われても文句を言えないほど、同委員会では日本への厳しい追及が相次いでいた。国内報道では慰安婦問題ばかりがクローズアップされたものの、むしろ厳しい批判が多く寄せられたのは、日本の警察制度の問題点についてだ。特に他の先進国に例を見ない長期の拘束と、連日の取り調べを伴う留置場制度に対しては、廃止も含め検討するよう求められるなど、日本側は多数の改善要求を突きつけられている。そこに来ての「シャラップ!」は問題だ。なおこの件につき外務省に取材を申し込んだが、担当者が不在のため回答は得られなかった。

ちなみに「シャラップ!」には、米国の若者言葉で「マジで?」という比較的軽い意味もあるという。上田氏の発言には、それこそ「マジで?」の声が多く上がりそうだ。

転載元 http://news.infoseek.co.jp/article/20130610jcast20132176956?p=1



この記事から読み取れるのは、国連拷問禁止委員会が、国家権力、日本の刑事司法制度の在り方を疑問視しているということですね。
1983年には、「宇都宮病院事件」をきっかけに国連人権委員会などの国際機関でも日本の精神医療現場における人権侵害が取り上げられ、日本政府に批判が集中しています。

」">「大和川病院事件」では、警察・保健所の職員の手によって、拉致まがいの手段で、精神病院に強制措置入院が行われていた実態も明らかになっていますよね。

…で、30年経った今も、改善されるどころか、精神保護制度が改悪され、保護者の同意なしでも医療保護入院させられるよう、国会で可決されてしまいました。

親、配偶者等の保護者が同意しなくても、カルト信者の親類・縁者の手回しによって、気に食わない人間を、合法的に精神病院に強制措置入院させることが出来るわけです。

精神保健及び精神障害者福祉に関する法律の一部を改正する法律案
(内閣提出第65号)(参議院送付)

http://www.shugiin.go.jp/itdb_rchome.nsf/html/rchome/News/kourou18320130612020_f.htm

総体革命によって、完全に共産・社会主義国家に変貌しつつある日本。純日本人狩りが横行する日本!

選挙で、正しい選択をし、語学の堪能な方は、国連人権委や、海外メディアに、きちんと日本の人権侵害の実態の告発を行いましょう!

(…とか偉そうに書きつつ、英語力ダメダメな私。…語学力のある方、ヘルプ求む!)

にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

【転載】朝鮮総聯の大罪 被害者が知っておくべき予備知識

最近の被害記録 2013/6/15

comment iconコメント ( -2 )

No title

総体革命によって、完全に共産・社会主義国家に変貌しつつある日本。
とは意味が分かりません。
総体革命とは、創価学会が進める日本のっとり計画の事だと思いますが、創価学会と共産主義・社会主義は全く関係が無いと思います。

名前: 大西信二 [Edit] 2013-06-20 20:59

Re: No title

> 総体革命とは、創価学会が進める日本のっとり計画の事だと思いますが、創価学会と共産主義・社会主義は全く関係が無いと思います。

「ふくろう部隊」についてはご存知でしょうか?
創価学会の手口や考え方は、朝鮮総連の「ふくろう部隊」と酷似しています。
犯罪手口のマニュアル性、組織力、メディアコントロールなどを考えると、密接な繋がりを感じます。

日本では、在日朝鮮人による凶悪犯罪が多発していますが、マスコミは通名を使った偏向報道をし、在日朝鮮人による生活保護不正受給問題を追及しようとした、片山さつき議員に対して、マスコミもバッシング。
昨年は、片山さつき擁護デモでは、本人談で、日常的な脅しや、嫌がらせ被害に遭っていること告げています。
大津イジメ自殺事件でも、イジメを内部告発した生徒の周囲に、複数の不審人物が付き纏い、見せしめに嫌がらせされ、それに耐えかね、転居されたお宅もあるそうです。
警察関連の不祥事と、それを内部告発したマスコミ(北海道新聞社など)や、個人に対して、集団ストーカーと同じ手口で、吊し上げられ潰されています。

拉致被害者家族も、当時、家族が拉致被害に遭ったことを話すと、村八分にされ、現在、私達が受けている被害と酷似した、不当な扱いを受けていたそうです。

単純に、創価学会の日本乗っ取り計画という問題だけではなさそうですよ。

参考URL: http://bokumetu.o.oo7.jp/Hukuro_butai_.html

名前: ビクティニ・W [Edit] 2013-06-20 22:24

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。