昨日は、NPOテク犯ネット東京定例会に参加してきました。

定例会の内容については、次回に記事にしますが、今回は、自分の被害報告について。

定例会当日の午前4時頃に、重度の低血糖症状を起こし、激しい動悸と痙攣、異様な発汗症状が起き、仕方なく起床してブドウ糖を摂取。数分後、症状が治まるも、汗で全身びしょ濡れ状態のまま、家族と同居しているので、シャワーをする訳にもいかず、眠くて、着替えるのも億劫だったので、そのまま眠ることに。発汗が治まると、身体が冷えて、布団の中で震える羽目に。

1時間ぐらい経過し、寝つけぬ内に、また同じ症状が起こり、結局、ろくに眠ることができず。

この低血糖で苦しんでいる間、加害者に音声送信で、笑い声と共に「ザマーミロ」などと聞かされ、神経を逆撫でされました。

私の音声送信被害は、24時間止まない上、時間によって口調も変化するので、(声はいつも甲高い電子合成音)単独犯でないことは明確ですが、その誰もが、こちらが苦しむと喜ぶような、精神異常者です。

この時は、血糖測定はしなかったけど、ここまでの症状だと、血糖値30以下でしょう…。
もう、慣れきってしまって、測定せずとも、おおよその数値が感覚で判るようになりました。

(こんなスキルいらね~。)

重度の低血糖症状を起こすと、異様な汗の量からも判るように、すごいエネルギーを使うので、物凄い疲労感で、
風邪引いて、高熱で寝込んだ後のようなダルさに襲われます。

ぶっちゃけ、豚カツ(高カロリー食)食べている最中にすら、こういう重度の低血糖が起こるし、他の被害者と電話中や、デモや、定例会、街宣前日の深夜に、狙ったようなタイミングで頻発するので、今回も、定例会参加の妨害のため、またまた血糖操作されたみたいですね。

代謝機能操作、生理現象操作(尿意・便意などの下劣な操作)被害の話は、よく聞きます。
直接会って話す機会のある被害者さんだけでも、甲状腺疾患患者(代謝機能過剰)が複数いますし。


この日も、定例会後に、飯田橋駅前・神楽坂付近で街頭活動があったのですが、さすがにキツかったのでパスしました。

前日、母に、「定例会後に、街頭活動もあったら、チラシ配布を手伝ってくるし、その後、二次会にも参加するから、帰りは遅くなるかもよ~。」と話していたのに、まんまと加害者にしてやられた感じでした。

二次会もそこそこで切り上げ、早めに帰宅して内職して、床に就きましたが、よほど肉体疲労していたのか、毎度の音声送信とラップ音の響く中でも、4時間ぐらいは熟睡することができました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村 ← ブログランキング参加中!応援クリックお願いします。









スポンサーサイト

第135回 NPOテク犯ネット東京定例会

テクノロジー犯罪周知デモ 動画公開

comment iconコメント ( -1 )

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2013-06-03 00:17

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。