にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村 ← 応援クリックお願いします!


今回は、防犯パトロールによる暴露動画を、拡散させていただきます!

【創価】足立区防犯青パトロール車が待ち伏せ!警視庁の指示だと暴露!


詳細は、以下のブログ記事を、ご覧ください。
『創価学会と反日朝鮮左翼の集団ストーカーとテクノロジー犯罪!』
http://ameblo.jp/jmuzujmuzu/entry-11478803590.html

ちょうど昨日の検査通院の帰りに、こんな特集記事の雑誌を発見!

『月刊 宝島 4月号』

全国で起こる不祥事は氷山の一角だ! 発表!全国警察「ワースト」ランキング

もはや日常茶飯事となった警察の不祥事や犯罪。国民の生活と安全を守るはずの警察がなぜ? などといまさら思うなかれ。日本でもっとも警察を知る2人の男が、「警察こそが最大の犯罪者集団」であることを明かす。

公式サイトでは、中身のチラ見が出来ます! http://tkj.jp/takarajima/201304/#feature1

宝島 2013年 04月号 [雑誌]宝島 2013年 04月号 [雑誌]
(2013/02/25)
不明

商品詳細を見る



先月の、神奈川県警訪問でも、やはり警察の酷い対応を、目の当たりにしたばかりだし、大和川病院事件(注1)など、警察経由で明らかな人権侵害が行われた実態もあります。
この雑誌で、“警察=犯罪者を逮捕する”という一般人が抱くイメージとは、かけ離れた実態を、知って欲しいですね。


※注1「精神病院不祥事件が語る入院医療の背景と実態――大和川病院事件を通して考える」より抜粋

大和川病院の入院経路について、「1993年当時、大和川病院の病床数は524名であったが、それに対し常時500人前後の患者が入院していた。しかし、その患者の大部分が警察・福祉ルートの入院患者であり」(里見1999: 79)、ここから大和川病院における入院には行政が大きく関係していたことが見て取れる。大阪府が1997年3月以降入院した患者87人に聞き取りした結果でも、大阪・京都・兵庫・奈良・和歌山の警察署経由による入院患者がほぼ半数の41人で、そのほとんどが診察なしで連行されている。またその内20人は、搬送時から拘束具で縛られたという。しかも、このうち10人は書類上本人の同意による「任意入院」だったにもかかわらず暴力的で強制的な入院が行なわれている(読売新聞朝刊 1997.6.23)



にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村 ← 応援クリックお願いします!


スポンサーサイト

【拡散情報】ストーカー規制法改正を求める要望書

神奈川県警訪問活動報告

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。