バイト探しに奔走している間にも、近所で、仄めかしが頻繁にありました。

とりあえず、事態を把握しようと、脳に響く、語りかけが、どこまで届くのか測ろうと、遠出をしてみる事にしました。
また、専門学生時代の友人に関する話まで、知っているような口ぶりだったので、
本当に、当時から監視されていたのか、調べるため、急行列車で45分位かけて、
専門学校のあった新宿方面まで、行ってみる事にしました。

ちょうど、大手派遣会社の窓口があり、そこで職探しをしようと思い、足を運びました。
地下街から、デパートの中まで、人ごみをウロウロしましたが、
語りかけは途切れることもなく、また、人の余り居ない派遣会社のオフィスの中でも、
同様に聞こえてきたので、一定距離で付回されている訳では無く、
遠距離から、どこにでも加害が可能だという事も、判ってきました。

その帰り、マンション前の自転車置き場で、見知らぬ、中年女性に「お帰りなさい」と、話しかけられました。
自転車置き場の前を通りがかっただけで、見ず知らずの人には、私が、帰宅途中であるとは判るはずがありません。

他にも、この新築マンションに引っ越してきた当時から、住んでいる隣人の郵便ポストの表札が、
以前はプラスチック製で、苗字だけ書いてあった物が、紙に手書きで書かれた物に変わっており、
フルネームで奥さんの名前まで書いてあり、おまけに(有)○○と書かれた物に変わっていました。
何度か、その家に出入りする、若い男性の後姿を、玄関の窓越しに目撃しています。
その家には、20代位の息子が、住んでいる筈なのですが、その息子らしき名前は書かれていませんでした。

私が、入院する、数年前に越してきたという、下の階のお婆さんの家には、玄関前に表札が無く、
斜め上の階の家に至っては、インターフォンの横に謎のカメラか何かが取り付けられていて、
郵便ポストや玄関前にも、表札が無く、どんな人が住んでいるのか、まるで判りません。
今年になって、マンション全体でも、防犯カメラの取り付けが義務付けられるようになりました。
2011_0827デジカメ画像002_convert_20110827204519
斜め上の表札の無い住人の家。以前のカメラは下に移動されてます。

下のお婆さんには、母がゴミ出しの時に、何度か、話しかけられたりした事もある様ですが、
母は、そのお婆さんに、あまり良い印象を持たなかった様です。
どうやら、夫婦で住んでいるらしいのですが、その旦那さんを見かけたことがありません。

引っ越してきた当初から、母に話しかけてくる位なので、社交的な人なのかと思っていましたが、
家から出て来た所を見かけて、挨拶をすると、陰気に挨拶を返してそそくさと立ち去ってしまいました。
その後、たまに見かける時は、花粉の季節でもないのに、マスク姿でした。

そのお婆さんから、挨拶程度の付き合いしか無いのに、突然、シジミのインスタント味噌汁を頂きました。
どこかのお土産のような物ではなく、スーパーに普通に売っていそうな物です。
私か罹っている、バセドウ病は、貝類や、海草類など、ヨードを含んだ物を食べることは厳禁なのですが、
明らかに、私に対する、悪意あるメッセージのように見えます。

思い起こせば、入院前から、不振なことがありました。

夕飯時に突然、リフォーム業者がやってきて、強引にリフォームを勧められました。
他のマンション住民の家は、大概、リフォームが済んでいるし、
築年数からいって、そろそろお風呂場のリフォームをするべきだと言ったり、
トイレを貸してくれと言って、長々とこもったかと思えば、トイレのリフォームまで勧めてきました。
結局、父が根負けして、トイレとお風呂場のリフォームをすることになりました。

完成後、そのリフォーム業者は、近所の人にも完成した所を見せても良いかと聞いてきて、
マンション上階の夫婦が、私の家のお風呂場を見物に来ました。
他のマンション住民はもう、リフォーム済みだと言っていたにも拘わらず・・・・。

マンション上階の、Uの名前が書かれた自転車が、母と全く同じメーカーの自転車なのですが、
ブランド品でもなく、広告の品・何台限りみたいなママチャリで、同じものを探そうとしたって入手し難い物のはず。
その自転車は殆ど乗られた形跡が無く、ずっと同じ場所に、お揃いのように置いてあって不気味です。
母の自転車の方は、いつの間にかベルが盗まれていました。

他にも、マンションの管理会社のチラシを作っては、スーツ姿の若い男女が、
風呂場や脱衣所を点検の名目で、家に入ってきて、数分ブラブラ見物しては、帰って行きました。
どう見ても、PCで作られたチラシで、普段の、マンション管理会社の物とは違っていました。
また、点検などは、事前に、ポスト前の掲示板に貼られるので、明らかにイタズラ目的だと判ります。

他に、中学時代の友人N家のリフォームのお知らせのチラシが、私の家のポストに入っていました。
Nの両親は、同マンションに住んでいますが、私の家とは、離れた棟にあるので、騒音などある筈もないのに。

ちなみに、Nとは、中学卒業してから一度も連絡すら取っていませんし、N家とは付き合いもありません。
この頃から、私の母とNの母親は、買い物先で会って、話しかけられたりしています。
「○○ちゃんは?」と、私の事を、探るように聞かれたり、聞かれてもいないのに、
N自身が、離婚して子供連れで実家に出戻っていて、子供を親に預けて働いている事などを、話したそうです。

脳に直接、語りかけてくる声でも、Nのことを、“ちゃん付け”で呼んだり、(既に30代です。)
N家のことを、疑わせようと、必死に猿芝居しているようです。

中学時代の彼女は、キリスト教徒で、彼女の父親も、出版社務めで、至って普通の家庭でした。
家にも遊びに行ったこともあり、創価学会員とは、完全に無関係だと思います。
母が会ったと言う、最近Nの母親を名乗って、話しかけてくる人物とは、一体、誰なのでしょう?

「きもカルト」撃退記―創価学会員やシンパとのお笑い真剣バトル全記録「きもカルト」撃退記―創価学会員やシンパとのお笑い真剣バトル全記録
(2010/08)
黒田 大輔

商品詳細を見る





スポンサーサイト

電磁波攻撃の変態的な拷問

不当解雇の連続

comment iconコメント ( 3 )

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2011-08-25 17:53

キムチ悪い加害者

気味悪いババーですね!(怒)
はっきりとした悪意です。
マスクは聞いた事があります。
私の場合は家の前を必ず、集スト車両が”パコパコ”と
2回音をたてて通過します。

生きているのに殺されている毎日ですね。
被害者の今の状態を言葉で説明するならこの様な表現に
なると思います。
早く集団訴訟がしたいですね・・・。
気持ばかりが焦ります。

猛暑よりは涼しくなってきましたね。

名前: こんにちは [Edit] 2011-08-27 18:19

No title

そのリフォーム業者多分盗/聴/器やら盗/撮/カメラやら電磁波攻撃機やらを埋め込んでると見た。
法務局で登記簿を取り、今でもその会社が存在しているか従業員が働いているか調べた方がいい。

名前: 77c [Edit] 2012-03-24 15:46

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)