にほんブログ村

今年は、多くの被害者の集いや勉強会に参加したり、周知活動に明け暮れた年でした。

さまざまな被害者から話を聞くことで、この犯罪の常套手口や、創価学会を始めとする朝鮮カルトの危険性、
平和ボケした日本で起きているマスコミの報道しない真実について、たくさん学ぶことができました。

今年の締めは、ブックレビューで終わらせたいと思います!

今年、読んだ本の中から、「集団ストーカー・テクノロジー犯罪」に関係する本をピックアップしてみました。
2012年に購入した本

『電子洗脳 ~あなたの脳も攻撃されている』 著)ニック・ベギーチ博士           
現在のテクノロジー技術でどれだけの事が可能なのか、被害者が知っておくべき情報が満載。
NTTやノキアなど通信機器関連企業が所得している人体操作の特許技術や、海外のマインドコントロール実験の歴史など。

『精神科は今日も、やりたい放題』 著)内海 聡
精神医療業界について糾弾する一冊。いかに精神薬が危険かが、症例を基に書かれている。
向精神薬を飲まされている人や、その家族にこそ薦めたい一冊。

『大笑い!精神医学』 著)内海聡 マンガ)めんどぅーさ
「精神科は今日も、やりたい放題」より踏み込んだ内容で、精神医学会の詐欺行為を、4コマ漫画も添えて、より分かり易く書かれている。 

『池田大作と暴力団』 著)西岡研介+乙骨正生+森功+山田直樹ほか
最新の創価学会暴露本!
創体革命によって、政財界のみならず、医療従事者、公務員、自衛官、教員に、どれだけの創価信者が送り込まれているかが理解できる本。

『証拠調査士は見た!』 著)平塚 俊樹
オリンパスの集団ストーカー事件の詳細の他に、管理組合を使って、欠陥住宅を訴えた住民を怪文書、風評被害、騒音などで嫌がらせする事件など、集団ストーカー被害者が知っておくべき情報が満載。

『Lawより証拠』 著)平塚 俊樹
前述の本より、より分かり易くトラブル対処事例について書かれている本。
集団ストーカー、カルト宗教による被害の事例もあり、大いに参考になる。

ちなみに、『公明党・創価学会の真実』は、殆ど読んでいないので、レビューは割愛。
『大笑い!精神医学』も、届いたばかりの新刊で、まだ読破してないです。

それでは、皆様、本年中は、私の拙いブログを訪問下さり有難うございました。
来年も、被害に負けずに、頑張りましょう!


にほんブログ村




スポンサーサイト

謹賀新年!

第2回 集団ストーカー撲滅デモ 大成功!

comment iconコメント ( -2 )

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2013-01-04 15:27

業務用 高感度イヤホンマイク ZERO MIC ゼロマイク Bluetooth ワイヤレス オーディオ

いきなりぶしつけ申し訳ありませんが業務用 高感度イヤホンマイク ZERO MIC ゼロマイク Bluetooth ワイヤレス オーディオを購入したかったのですが売切ればっかりで貸してほしいんです。無理でしたら代替品おしえてほしいんです。メール送って欲しいです。音声取りたくて必死なのでよろしくお願いします

名前: 福田有沙 [Edit] 2015-08-09 18:25

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。