12月2日 SDH飯田橋駅前 街頭活動

12月2日(日)に『組織ストーカー電磁波犯罪被害の会』の定例会が行われました。

定例会では、青柳副理事による、被害軽減軽減機器の改良型試作機の説明が行われ、
前回の定例会で行ったアンケートの集計結果が発表されました。

今後の取り組みとして、別団体との協力や連携を強めていくとのことで、
まずは、「北朝鮮に拉致された日本人を救出する会」と協力しあい、街頭活動において、救う会の署名やチラシ配布も同時に行うことになりました。

北朝鮮拉致被害者の家族は、当時、拉致の存在を訴えた場合、村八分になったり、全く行政が対応しないどころか、被害を揉み消し、精神疾患に仕立て上げられたりと、現在、私達、テクノロジー犯罪・集団ストーカー被害者の置かれている状況、非常に似通っています。

加害団体の最大手である創価学会が、北朝鮮宗教と言われるように、拉致問題と私達が遭っている犯罪とは、無関係ではないでしょう。

救う会との協力は、私達、集団ストーカー被害者にとっても、先駆者として、学べるところも多いでしょうし、とても素晴らしいと思いました。

定例会後に、飯田橋駅前で街頭活動を行い、早速、救う会のトレードマークである、ブルーリボンを着け、SDHのチラシや署名活動と同時に、救う会のチラシ配布、署名集めも行いました。

今回は、街頭演説のスピーチ原稿を事前に用意する時間も無かったので、チラシ配布のみ参加でしたが、
(創価批判スピーチなら、アドリブでガンガン行けるけど、この会は、あくまで特定団体の名指しは厳禁なので。)
この日の気温はとても低く、ポケットに手を突っ込んで足早に通り過ぎる人が多かったので、署名の集まりや、チラシのハケは良くありませんでした。

翌日には、職業訓練最終日で、修了式が控えていたし、天気予報では、夕方から雨か雪の予報だったので、
街頭活動終了後は、二次会にも参加せず帰宅しました。




救う会の署名は、コチラよりご協力下さい!
北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会
http://www.sukuukai.jp/


にほんブログ村


スポンサーサイト

選挙が終わっての近況 自転車がまた壊されたり

第5回 花王 不買デモ行進 in新宿

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)