他者に聞こえない周波数による語りかけが、まだ、判ってなかった頃、
何とか、他の人にも事態を伝えようとして、真っ先に警察に110番通報したけど、電話が繋がらず、
本格的に焦って、救急車なら来てくれるはずだと、インスリン自殺を偽装してみました。

何とか、救急車は来てくれて、そのままいつも通ってる大学病院に運ばれました。
そこで、以前、入院時にお世話になった、緊急外来担当の医師や、看護師さん達に、事情を話しました。

低血糖の治療を終えた後、そこの大学病院の、外来担当の精神神経科の先生に、どういった声が聞こえるのか、
自分の知るはずの無い事柄が聞こえたり、自分の行動の揚げ足を取るような声が聞こえる事を話しました。

とりあえず、隣の病院の、精神神経科に紹介状を書くので、
そこを受診するように勧められました。また、自殺未遂の後遺症がないかと検査も勧められました。

運ばれる途中の救急車の中でも、最寄り駅からバスで20分以上かかる大学病院内でも、
語りかけは、途切れる事無く、聞こえてきました。

これは、普通じゃない、自宅に何かが仕掛けられている訳では無いと、なんとなく判ってきました。

そこで、警察署に、直接足を運んで、被害を訴えようとしましたが、
事態をまだ飲み込めていないので、上手く説明出来ず、
結局、家までパトカーで送ってもらい、盗聴器なり、証拠を持ってくるように言われました。

証拠と言われても、どういった事態かも把握出来てなく、
我が家には、ご近所トラブルなどの思い当たる節も無く、親には聞こえないので頼ることも出来ず、
インターネットだったら、この事態について、調べる事が出来るかもと思い、
パソコンを購入する為、バイトを探す事にしました。

タウンワークなどで、近場のバイトを探しては落選し、眠ることも阻害され、
とにかく、一時的にでも、自宅から離れようと、遠くのバイト先に応募してみることにしました。
応募のために電話をかけている最中、突然、電話回線が切れたりして、
すぐさま、もう一度かけ直しましたが、電話相手の方も驚いていました。

その後、面接日に駅前でバスの時刻案内を見ていたら、
突然、見知らぬオジサンに話しかけられ、時刻案内パネルの説明とかしてきました。
適当にあしらって、バスに乗った所、そのオジサンがまた現れて、停車中のバスに乗り込み、
また、こちらが既に乗車しているにもかかわらず、
「何番のバス亭に乗ればいい」とか、まるで、こちらの行き先を、分かっているような口ぶりで、
一方的に話しかけてきて、すぐさまバスを降りて行きました。

結局、このバイト先は断ることにしました。

その後、近場の、派遣会社で、やっと仕事を見つけました。

倉庫整理、ピッキング仕分け作業で、ロクに眠れない状態での、肉体労働は、本当に辛かった・・・。
仕事場の人との会話も、頭の中の変な語りかけで、横槍が入り、聞き取りづらくて、ミスも多く、
結局、短期で辞めてしまいましたが、何とか中古パソコンを購入出来るだけの資金は貯まりました。

しかし、どう調べたら良いかも判らず、
単純に盗聴器を探せば良いという問題でもないと思ったので、
黙って、耐え続けるしかありませんでした。

その後、近所の様子に注意しながら過ごし、また職探しを始めました。

自宅から、2駅離れたスーパーの、レジのパートに採用され、働き始めた翌日、
突然、店長に呼び出され、解雇されてしまいました。
他のパートの人は、3日位で仕事に慣れるとか、話していたにもかかわらず、
突然、解雇理由も告げずに、翌日の不当解雇です!

仕方ないので、また、バイトを探しました。

今度は、また近所のスーパーで品出しのパートが見つかり、働き始めましたが、
働き出して半月程経った頃、職場の上司に、突然、パートを辞めるように言われました。
理由を聞きましたが、何も言ってくれず、何度も、しつこく辞めるように勧められます。
あまりのしつこさに、根負けし、結局、辞めることになりましたが、
他のパート仲間も、「なんで辞めるの?」とか、「嫌なら嫌だと断っちゃえば良いのに。」とか、
私が、辞めなきゃいけない理由がわからず、釈然としない様子でした。

最近になって知ったことですが、この企業は、創価学会の、集団ストーカー企業リストに、載っていました。

そこも釈然としなかったので、近所の交番に、バイトを次々に解雇されたり、
不振人物に話しかけられた事を、通報しに行きましたが、こういった事態は対処出来きないと言われ、
精神神経科に通院を勧められました。

この辺りから、頻繁に同じような人にジロジロ見られたり、
明らかにこちらを知っているように話しかけられたり、アンカリングされていました。

その後、また同じ派遣会社から、短期で、大手音楽会社のDVD・CD製造補助の仕事をもらい、
その派遣先の会社に行った時、派遣された人員がオーバーしているとかで、
私の登録している派遣会社から数名が、そのまま返される事になりました。

・・・すると、その返される事になった、派遣社員のオバサンが、
そこの会社の担当に、もの凄い剣幕で食ってかかって、
その担当した正社員のオジサンを怒らせてしまいました。

その正社員は、すぐさま派遣会社の担当に電話を入れて、そのオバサンの事を話すしていましたが、
そのうち、「違う!○○さん(私の名前)じゃない!凄い失礼なババアだよ!」
「だから、○○さんじゃないって、何度もいってるだろ!!」と、
明らかに、電話相手は私の事を貶めようしている様で、そのオジサンも、キレかかっていました。
・・・・どう考えても、電話相手が派遣会社の人とは思えませんでした。

その後も、その派遣会社から、今度は大手通信会社のテレホンアポインターの仕事を請け負いました。
そこの仕事は、50分仕事をしたら、10分休みという、仕事形態でしたが、
今度は、すぐにトイレに行きたくなり、でも、行っても、実際には水分を摂っている訳ではないので、
トイレに駆け込んでも全く出ず、仕事どころではなくなってしまいました。
実際、今も、たまにやられていますが、尿意を操られていたようです。

その後は、体調不良もあって、仕事が思うように見つからず、
インターネットのポイントサイト内職で、お小遣い稼ぎを、始めました。

・・それから半年後ぐらいに、音声送信がピタリと止まったのです。

低周波攻撃?による、体への痛めつけは、たまに有りましたが、
ひとまず、ゆっくり眠れるようになりました。

テクノロジー犯罪被害者による被害報告集―遠隔技術悪用を告発する33名の被害者自身による被害実態報告テクノロジー犯罪被害者による被害報告集―遠隔技術悪用を告発する33名の被害者自身による被害実態報告
(2010/05)
内山 治樹

商品詳細を見る









スポンサーサイト

アンカリング

8月12日 近況 病院に行ってきました。

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)