昨日は、『テクノロジー情報and勉強会』に参加して来ました。

今回は、オシロスコープの説明がメインでした。

オシロスコープとは、測定したい事柄によって、取り付けるアンテナや機器を変える事で、
(例えば、ガイガーカウンターを取り付ければ、放射線の測定も可能になる)
色々な応用が可能な、とても便利な測定機器だと言う事です。

ds-5100b_front.jpg

オシロスコープは、医療機器メーカー、軍事産業メーカーにも使われているという事で、
私が着目したのは、病院で何度も経験した、心電図測定器・ホルター検査です!


私は、心臓への攻撃と喉に対する攻撃、子宮への攻撃を、頻繁に受けています。

被害に気付いた当初は、この犯罪に警察、医療関係者、政治家まで加担しているなんて、全く知らずにいたので、
とにかく医療関係の検査で、加害行為の証拠が取れれば、何とかなると重い、エコー検査、24時間心電図ホルター検査、MRI、CT検査などを、何度か受けました。
最初の2005年の入院中、「心臓の弁が開いているのが気になるので、もう一度エコー検査してみましょう。」
と言われた事が引っ掛かってたので、「これは心臓に加害行為があった証拠になる!」と思い、その後も、何度も検査してみましたが、全く異常は見つからずにいます。

無題  ホルター心電図装着図(画像元:日本光電)

ホルター心電図検査とは、携帯ラジオ程の大きさの記録機を装着して、自宅で通常通りの生活をして、心電図を記録し、翌日の装着時刻とほぼ同時刻に(24時間後)記録機をはずしに再来院。
装着中には簡単な行動日記「(例)何時何分、階段を昇る 軽い動悸アリ」を記入し、後の解析に使うのですが、
普段は、ガンガン心臓への攻撃、不整脈が頻繁なのに、検査中はピタリと止むので、異常が計測できず、検査費用や通院に掛かる交通費や時間を、無駄に費やしています。

ホルター心電図計測器があれば、オシロスコープで、いつでも自宅でホルター検査と同じ事が可能かもしれません。

それと並行して、病院でも同じ検査をしてみて、データに差異があれば、病院関係者によって、データ改竄されている可能性も考えられます。
実際、北里大学病院内で、何度も、仄めかし、不審な精神科への誘導(被害の話とは無関係の、下腹部の痛みについて相談したのに、突然、精神科を受診する様に勧められたり。)が行われています。
医師によっては、対応が親身な方も居ますが、大学病院全体としては、どうも信じる気にはなれません。

病院を何度か変えようと試みましたが、他の病院に駆け込んでも、うちでは診れないと断られ、紹介状まで送り返され、北里へ行く様に指示され、どうあっても北里大学病院に戻される状態が続いています。

まぁ、オシロ自体が高価で、一般人には手に届き難い物ですが、高い医療費、入院費を払わされるより、よっぽどマシだと思ったり・・・。

それなりの定収入を得て、生活の安定を図るのが先決なんで、当分は無理でしょうけど。
今、出来るのは、血糖測定器で、定期的に血糖値を測り、異常数値を記録しておくぐらいですね。

・・・本当に、何とかしてテクノロジー犯罪の証拠を掴んで反撃したいです。(切実)


にほんブログ村









スポンサーサイト

【拡散情報】 テクノロジー犯罪の防御法 

職業支援訓練 初日

comment iconコメント ( -2 )

No title


内山さんは偽被害者で、加害者と結託して、被害者を利用しているって本当ですか

警察はマル精(精神異常者のこと)リストが欲しいために、
被害者団体の会員名簿を公安に提出して協力して
その見返りでNPOの理事をやっていられる、
街宣や出版もあえて許可が出るように裏で加害者と繋がっているらしいです

万が一本当だったら酷いです

名前: - [Edit] 2012-09-15 21:11

Re: No title

そういった類の風評は、加害者の工作の可能性が高いです。

実際、私が被害者団体に入会する以前から、警察や緊急車両を使った被害を受けていますので、
内山さん経由で、警察が動いているという事は無いですよ。

それに、出版所宛に、内山さんやNPOテク犯会員を誹謗中傷する様な、出版差し止め要求まで送られているそうです。
街宣の許可についても、私でも簡単に申請出来るぐらいです。(相模大野街宣の時)
加害者と繋がっているという噂は、内山さん個人や、NPOテク犯ネットの活動を目障りに思う、加害組織の工作だと思います。

最近、SDHやNPOテク犯に対するネットでの風評被害も横行してます。
被害者同士の繋がりを絶ち、疑心暗鬼にさせ、孤立しやすい様に仕向ける意図が感じられますので、
くれぐれも加害工作に引っ掛らない様に注意しましょう。


名前: ビクティニ・W [Edit] 2012-09-16 22:25

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。