昨日は、SDHの定例会に参加して来ました!
今回は、NPOテク犯ネットの総会と重なり、飯田橋には、かなりの数の被害者が集まりました。
SDH定例会だけで、44名も集まったそうです。
いつもの顔ぶれから、久しぶりに会う方も居て、なかなか有意義な時間が過ごせました。
身体攻撃被害が酷くて、なかなか参加出来ないと言われていた被害者さんとも、
久しぶりに会えて、元気な顔が見られて嬉しかったです!

参加者の何名かは、途中で抜けて総会に参加し、再びこちらの会場に合流されてました。

今回の定例会では、黒田大輔氏が、都合により来られなくなり、とても残念でしたが、
前回に引き続き、「加害者への公開質問状」のKさんによる、ボイスレコーダーとステレオプラグによる電界の計測を、行いました。

定例会が始まってすぐ、前方に座っている被害者から順に、5分間ずつ機器を持って計測したのですが、
途中、18名のデータが集まった所で、計測した波形を見せてもらいました。
私は、理数系はサッパリなので、詳しくは理解出来なかったのですが、
実際に、私から計測されたデータを、プロジェクターで見せられ、かなりのノイズ波形が見られるという説明に、
実際に身体攻撃を受けている証拠として、目に見える形で現されていて、非常に興味深かったです。

定例会の会場でも、相変わらず、身体攻撃は続いていて、ずっと胸部に火傷に触られたような、
ヒリヒリした痛みを感じていましたので、かなりの高い数値と言われて納得しました。

その後、副理事の青柳さんの製作された軽減装置モニターに関する説明がありました。
複数の被害者が、この軽減装置を使うと、身体的に楽になるだけでなく、冷蔵庫のモーター音が静かになった等、良い効果を実感されたそうです。
会場に繋いである、オシロスコープによる波形グラフは、かなりのギザギザの波があったのですが、その軽減装置をコンセントに差し込んでオシロスコープに近付けると、波形が穏やかになっていました。
この犯罪被害は、不可視なので、被害を受けている本人以外には解り難いのですが、
先程のボイスレコーダー計測と同様、実際に計測器のモニター上で、目に見える形で現されると、すごく現実的で、説得力があります。今度、私も借りて試してみようと思っています。

それから、音声送信(声被害)の、録音に成功したという骨電導マイク機器の紹介も有りました。
「業務用 高感度イヤホンマイク ZERO MIC ゼロマイク Bluetooth ワイヤレス オーディオ」
http://www.zeromic.com/zeromic/
私も、声被害は、ここ数年、ずっと途切れた事が無く、24時間悩まされていますが、ICレコーダーでは録音出来なかったので、証拠を撮れず、悔しい思いをしていました。
今は、金欠なので、とりあえず、欲しい物リストに登録しておこう。


『加害者への公開質問状』
http://mongar.biroudo.jp/guide.html

『NOTE BOOK』 副理事・青柳氏のブログ(軽減装置についてはコチラ)
http://blogs.yahoo.co.jp/falcon1net


にほんブログ村 ← 応援クリックお願いします!






スポンサーサイト

創価学会と闘うサイトの紹介

検査通院の帰り

comment iconコメント ( 1 )

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2017-01-24 18:59

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)