昨日は、横浜駅西口で、SDH主催による『横浜街宣・署名活動』が行われました。

SDH主催での初街宣と言う事で、今回、ちょっと弁士としての参加者は少なめでしたが、
チラシ配布、署名集めなど、参加人数は、20名近く集まりました。

私は、忙しくて、街宣用スピーチ原稿を準備する時間が無く、弁士が多ければ、チラシ配布班に参加させてもらおうと思っていましたが、思いの外、弁士が少なかったので、当日の朝、急ごしらえで書いたもので、弁士として参加する事になってしまいました。
毎度の事ながら、もうちょっと、前もって、しっかり準備しておくべきでした・・・。

前日に、茨城つくば街宣があったので、そちらに人員がバラけてしまったのかも。

やはり、大津いじめ事件を、内容に絡めてスピーチされる方が多かったです。
それだけ、この事件の報道が、世間に与えたインパクトは大きかったと思います。
今まで、集団ストーカー被害を訴えると、被害者は、統合失調症として、被害の揉み消し、偏向報道される事が常でしたが、この大津いじめ事件報道で、警察、病院、地域、学校ぐるみで、揉み消そうとした事実が、次々と明らかになり、私達、被害者の置かれている状況が、世間でも理解されやすくなったと思います。

後は、電磁波・テクノロジー犯罪を、より多くの人に理解してもらえるかが、今後の課題ですね。

BLOG0136.jpg

街宣後は、参加者の皆で、ゴミ清掃のボランティア活動をして、終了しました。

今回、署名に参加された女性は、ご家族で被害に遭われており、ご家族の方の分も代理で署名して下さいました。
こういった活動に参加するのは、初めてだそうで、お話を聞かせて頂いた所、ご家族、皆が、酷いテクノロジー被害に遭われていて、年配のご家族への攻撃に、命の危機すら感じている様で、途中、堪えきれず涙される場面もありました。
どれだけ、不安な思いで、日々を過ごしているかが、痛いほど分かりました。

私も、被害者団体に参加するまで、家族の理解も無く、日々繰り返される、心臓へのピンポイント攻撃に、いずれ殺されると、孤独で不安な毎日を過ごしていましたが、街宣などに参加して、多くの被害者の方と知り合えてからは、気持ちが楽になり、毎日を、明るく過ごせるようになりました。

この女性も誘って、交流会に参加しましたが、帰る時には、明るい表情になられていた様で、ちょっと安心しました。

ちなみに、今回行った、署名は、SDHのホームページから、署名用紙をダウンロード出来ます。
どなたでも参加出来ますので、是非とも、皆様も、ご協力下さい!

「組織的嫌がらせ犯罪・テクノロジー犯罪撲滅に向けた法整備を求める署名」
http://s-d-h.org/modules/pico/index.php?content_id=14

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村   ←ブログランキング参加中!ポチッとクリックしてね☆


スポンサーサイト

職業支援訓練を申請してきました。

創価学会の異常性 各地域の敵対者排除/躾け

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)