1月2日(土)


靖国神社清掃奉仕有志の会のお誘いで、皆で皇居に一般参賀してきました。

年末年始は、職業上、日曜祝日も出勤なのですが、今年は2日に非番が取れたので、
初めて母を連れて、一般参賀し、靖国神社へ初詣に行きました。

BLOG0370.jpg

BLOG0372.jpg

BLOG0373.jpg

BLOG0374.jpg

一回目のお出ましでは、あまりに遠くてお姿が拝見できず、一時間待って、ようやくこのポジション。


清掃奉仕有志の会のメンバーとは完全にはぐれてしまったので、母と2人で日比谷公園を抜けて靖国神社へ向かいました。

BLOG0375.jpg

初詣を済ませた後は、甘酒をいただき、屋台で、ドネルケバブ、富士宮焼きそば、五平餅を食しました。


BLOG0376.jpg

その後は、福引きした後、遊就館を観覧。

遊就館では、特別展「新春奉納刀剣展」をやっていました。

BLOG0377.jpg

BLOG0378.jpg

BLOG0379.jpg
(…観てたら、久々に「モンハン」で太刀使いたくなってきた。)


遊就館を初観覧した母は、やはり郷土の志士である坂本龍馬の展示コーナーに食いついてました。

大東亜戦争の展示コーナーでは、陸軍の写真を観ながら、若い頃の祖父の軍服姿の写真が恰好よかったとか、展示品の勲章を観て、祖父が亡くなった年に勲章を戴いたことなど、祖父の思い出を語ってくれました。

私個人、成人してからは法事以外で帰省することもなかったので、祖父との思い出といえば、小学生の頃、庭で蛍を捕ったとか、龍河洞、桂浜や龍馬記念館に連れてってもらったとか、TVゲーム「ぼくのなつやすみ」みたいな体験ぐらいしか憶えてないなぁ。

祖父は、戦時中、足を負傷して療養中に終戦の日を迎えたので、靖国神社に入らずに20年前まで元気に生きていました。
3年前に祖母も亡くなり、今は、勲章や若い頃の写真等のしまってある場所が分からないみたい。

長めの休暇が取れたら、高知に帰省して、帝国陸軍時代の祖父の写真や勲章の実物を観に行きたいです。
(夜行バス片道11時間、新幹線+南風ルートでも9時間なので、長期休暇とらないと、そうそう気軽に帰省できないけど。)


帰宅後は、遊就館上映作品「わたしたちは忘れない」のDVDを、母とのんびり自宅鑑賞。

まだまだお花畑TV脳の母を覚醒させるのは難しそうですが、「日本一わかりやすい保守の本」は読んでくれたし、靖国参拝に初参拝して、祖父を思い出すことで、少しずつ愛国保守活動へ関心を持ってくれればいいと思いました。

(まだ、『余命三年時事日記』を理解するにはハードル高そうだけど、少しずつ団塊世代にも周知せねば。)

皆様、本年も、何卒よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。