12月14日は、選挙投票を済ませた後、ACPデモ実行委員会・戦略情報会議と、忘年会に参加してきました。


地元投票所の様子 気温も低いし朝早くでもないので、あまり人が居ない…。

投票所から、電車で新宿近辺まで移動しました。
車内では、次世代の党の当選を願って、田母神俊雄(著)の『間接侵略に立ち向かえ!』を、宣伝も兼ねて読書しながら移動しました。

会議では、デモ当日の様子や反省点、改善点を話し合い、また次回に繋げるよう、話し合われました。

私は、デモ当日は入院中で参加が叶わず、退院後、すぐに仕事が忙しくて時間的余裕が無くなってしまったので、繁忙期が終わって落ち着くまで、その後の周知活動に参加することも出来ない状況ですが、久々に、アクティブな被害者さん達と話せて、元気を分けてもらえました。

ACP参加メンバーは、ハイテク被害のキツイ方ばかりで、この犯罪被害は死活問題なので、犯罪撲滅に賭ける意気込みが違います!

こちとら、毎日、命懸けですので、本気で犯罪撲滅に向けて動いている被害者に対して、統合失調症のレッテル貼ったり、偽被害者だと証拠も提示せず騒ぎ立てたり、理解者の振りして近付いてきて、左翼寄りに政治誘導する輩には、怒りを通り越して憎悪しか湧きません。

デモ当日にも、不審人物数名が、参加者として紛れ込み、実行委員や参加者に粘着質に絡み、騒ぎを起こした挙句、後程、無断撮影した動画をアップし、SNSで風評を撒きちらすという、左巻き連中テンプレートの妨害工作が行われたようで、皆が憤慨して、工作員対策に追われているようでした。

次回も、5月に開催する予定ですが、この手合いへの対策マニュアルの作成や、雨天対策等、まだまだ課題は山積みです。

会議の後、mmsさんから、快気祝いに花束を頂きました。
…花なんて貰い慣れてなかったので、柄にもなく照れてしまいましたが、素敵なサプライズに感動しました。

その後、新宿の忘年会会場に向かいました。
忘年会には、SDH副理事のトシさん、オリュウさんら、4名の被害者が合流し、「鳥ちゃんこ鍋食べ放題コース」を堪能しながら歓談。

…早速、外食先でインスリンポンプの便利さを実感しました。

…以前だったら、アルコール面で消毒したり、注射針(1回使い捨て)を取り付けたり、注射が終わった後も医療ゴミの片付けやら、面倒臭かったのですが、スマホアプリから算出された炭水化物量に応じて、インスリン注入量を決めてボタン押すだけです。
「おかわりした~い!」…と思ったら、その分、ボタンを押してインスリン追加注入するだけ。


「鳥ちゃんこ食べ放題コース」!お代わり自由!飲み放題!幹事のサンライズマンさんに感謝♪



忘年会の後、翌日の仕事があるので、二次会には参加せず、近隣の被害者達と一緒に帰りましたが、
帰りの電車内で、田母神氏他、次世代の党候補の落選報告を聞き、気落ちしながら帰宅。

この悔しさと怒りを、次に繋げる為、決意を新たにし就寝しました!


※ブログ記事書き始めから一週間も間が空いたので、追加情報が入ってきました。

次世代の党の得票数を、共産党票に掏り換える不正の証拠動画がアップされました!
4年後の選挙で次世代が勝つために、動画の大拡散をお願いします!





因みに、「間接侵略に立ち向かえ!」は、「いまこそ情報戦争を勝ち抜け!」という表題に変更され、文庫版も刊行されています。
皆に一度は読んでほしい一冊です。(靖国神社・遊就館の売店でも販売してます。)




この書籍は、日本を取り巻く近隣諸国の動向や政治の流れが見えてきますので、民主・社民・共産・と並び立つ売国政党であり、最も被害者と対峙する機会の多い、加害組織「創価学会・公明党」の主張や目的も理解し易くなります。

…私の近所では最近、創価・公明党より、民主・社民ポスター貼ってる奴等の方が鬱陶しいです。
自宅に、民主党議員・もとむら賢太郎の講演会に誘ってくる電話やら、選挙終了後の平日日中に、投票しても居ないのに、「おかげさまで当選出来ました。」という(次世代シンパを挑発するような)電話やら、ローテク粘着を、露骨にやられています。

…一体、どうやって自宅の電話番号を知ったのでしょうねぇ、ストーカー売国議員のシンパ共は!

数年前は、通学時間以外、人通りの殆ど無い自宅マンション前に、日本共産党の選挙応援隊がハンドマイク持参して街宣しながら、脱原発チラシ配りに来たりもしましたが…。(通院帰りの昼過ぎに遭遇…当然、人通りナシ)

こいつらの主張に共通していることは、

●外国人参政権推進、
●集団的自衛権反対
●河野談話の見直し必要なし!
●原発再稼働反対!
●靖国神社参拝は近隣諸国への配慮と、憲法20条の政教分離に抵触しているから反対

・・・なんですよね。


SAPIO1月号より “創価学会に政教分離に抵触”とか言われたかねぇよ…って感じ。

その一つ一つの問題点(マスコミが偏向報道し国民に隠そうとする事実)を、解りやすく丁寧に解説されている本です。


靖国参拝にしたって、国のために命を犠牲にした戦没者に対して、日本国家元首が哀悼の意を示すのが悪いのか?


大体、原爆落とした国の大統領は、東京大空襲で民間人虐殺した兵の眠る「アーリントン墓地」を参拝してますが。
あそこの遊就館って、日本の歴史博物館として、吉田松陰や、坂本龍馬、木戸孝允やら、日本の歴史人物を祀っている場所だし、日本の発展のために尽くした朝鮮人や台湾人も、手厚く祀られているんですけどね。

日本だけを戦争犯罪国家に仕立て続けたい連中にとっちゃ、通州事件、シベリア抑留等、自分らの行った非道が知れ渡ると不都合なんでしょうね。

朝日新聞は、喉元過ぎれば何とやらで、安倍批判、安倍批判、気持ち悪い程の公明党・共産党ヨイショばかりですが。


集団ストーカー被害者さんは、何故、自分が被害に遭っているか、末端加害工作員の思惑は置いといて、ここまで執拗に一般人を潰そうとする、連中のトップの最終的な目的は何所にあるのか?
それを考えるために、知っておくべきことが満載の本です。
メディア被害者は、特に、日本のメディアの問題点も記載されているので、参考になると思います。


最後に、今年の完全オフの休日は今日が最後なので、今年のブログはこれで収めとなります。

また、ブログへのコメントや、メールでの情報提供、有難うございます。
多忙すぎて、なかなか返信が出来ませんが、仕事の合間に読んでいます。

(繁忙期過ぎたら、おいおい返信させていただきますね。)

皆さま、よい年末年始を。来年も宜しくお願いします!


プレゼントされた、快気祝いの花束は自宅に飾りました。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

iframe src="http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=rapid675n55-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=480021713X" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0">
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。