にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村

昨日は、SDH会員6名で、神奈川県警訪問活動をしてきました。

県警本部到着後、建物内に入る前に、守衛さんに用件を聞かれ、犯罪被害相談と要望に訪れたことを伝えましたが、予約が無いから大人数での相談は受け付けられないと断られ、2名のみ入室可能と言われました。

一昨年までは、入り口前で守衛に呼び止められる事も無く、アポなしでも、受付まで普通に入ることが出来、受付で、用紙に訪問目的と訪問者名を記載。代表者の身分証明確認の後、ロビーで担当者が呼びに来るまで待機。
その後、相談室に通される…という流れでした。
今年の2月にSDHの副理事達と訪問した時は、建物内に入る前に、やはり守衛に呼び止められ、訪問理由を聞かれ、受付で「相談は30分以内」などの注意書きを提示されたり、初めて訪問した時とは大違いの対応でした。

とりあえず、相談時間制限は30分の筈なので、最初の相談者が終わったら、次の2名も…という風にお願いし、寒空の下、県警本部前で待機していたのですが、先に入室した2名が相談を終えて出て来たのは、1時間以上過ぎてからで、今日はもう時間だから、他のメンバーの話を聞くのは無理だと言われ、そのまま帰される羽目に。

結局、事前に用意していった要望書や資料も、受け取り拒否されたし…。

同行メンバーは、毎回、違いますが、訪問する度に、どんどん胡散臭い対応になっていってますね。


その足で、皆で、県民情報センターに立ち寄って、この日の相談票の個人情報開示請求を行い、ついでに、私が個人的に所轄の相模原南署で行った被害相談記録の情報開示請求も行ってきました。

相模原南署へは、2012年1月に相談に行ったきりで、オウム真理教の菊池容疑者に関する市民からの通報を無視したという曰くつきの場所なので、相模大野街宣の道路使用許可申請に訪れて以降、一度も近付いていません。


この日は、県警本部前に到着後すぐに、両足ふくらはぎに、肉離れのような激痛攻撃を受けました。
ふくらはぎに、浮腫みや痣など目立った外傷はなく、お風呂でマッサージしましたが、1日経った今も、痛みが治まっていません。

年末年始は、バイトの予定が入っているので、それまでに治まっていると良いけど…。

肉離れ攻撃は、久々なので、完全に油断してましたね。
道路を横断中にやられたら堪ったもんじゃないけど、県警本部前で立ち止まって会話していた時で良かった。
以前、同じ攻撃を受けたのは、ちょうど東日本大震災の直後の帰宅途中、自宅マンション前に辿り着いた時です。
マンションのカルト住民と集合ポスト前で出くわした直後の激痛で、こちらが、足を押さえて痛がってるのに、何事も無かった様子で、あの震災直後に平然と自転車で外出していったので、よく憶えています。

とりあえず、左翼が必至に阻止したがっていた特定秘密保護法案が、無事に通りました。
法案には国籍条項もあるし、これで、反日スパイ公務員が、少しずつ処分されてくれればいいですね。

特定秘密保護法案 反対派の過去の言動
最後にブーメラン画像! 尖閣ビデオ流出時は、こんな発言していたのにね…。

にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村