SDH東京定例会から帰宅し、その日は、疲れて早めに就寝しました。

翌日、神奈川県在住被害者グループとの連絡の効率化の為、メーリングリスト作成していると、左下腹部から左足の付け根にかけて、凄まじい激痛が。
市販の鎮痛剤を飲んで、横になっても眠ることすら出来ず、夜間、御手洗いに立ち上がろうとしたら、全く全身に力が入らず、派手に倒れて強打してしまいました。

上の画像は、自宅で倒れた時に負った左手の痣。
あちこちをぶつけて、頭部も擦り傷ができ、絨毯にも、血が付着していたそうです。

翌日の夕方に、近所の婦人科を受診し、検査してもらうも、大学病院の検査を薦められ、そのまま帰宅。
その後は、意識がなく、気が付いたら、北里大学病院のICU(集中治療室)に居ました。昨日の夕頃、一般病棟に移されて、スマホ使用許可がでて、本日、面会に来た家族に、スマホを持ってきてもらったので、取急ぎ、ブログから報告しました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村     ← ブログランキング参加中! 応援クリックお願いします!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。