9月13日(日)

Eの会の車両街宣に初参加させていただきました。

この日の、参加メンバーは、オリュウさん、ユノたんさん、Yさん、tokeさん、しゅうちょうさん、さくらさん、私の7名です。


池袋駅付近で合流し、そのまま高速で埼玉まで、録音音声を流しながら走行しました。

川越駅前で一旦停止し、その場でユノたんが生スピーチを行い、その後、ランチを取ろうと移動中、人のまばらな公園で、たった一人で街宣している公明党議員に出くわしました。

選挙期間中でもないのに、小雨の降りそうな中、待ち伏せするようなタイミングで現れたカルト議員。

川越市の公明党の待ち伏せ

普段、こんな場所で街宣を行っているのを見掛けたことは無いそうで、

「今の見た?こちらを覗き込んでたよね~。」

・・・と、車内にお笑いの嵐ww。

tokeさんがアドリブを利かせて、
「ご近所の皆さん、ご存知でしょうか?創価学会=公明党!公明党=創価学会です!」
と道すがら生スピーチを行い、更に大爆笑でした。

近辺を、流し街宣して廻って、もう一度この場所を通り掛かった時は、既に姿を消していました。



ファミレスに着いてオーダーを済ませると、すぐさま現れる救急車。
救急隊員が店内に入ってきていますが、いっこうに患者を搬送する気配は無し。
何度も店を出たり入ったり、出入り口付近をウロウロしていて、不自然極まりない。(…少しは落ちつけよ。)



皆の食事も終わり、会計を済ませて車両街宣を再開すべく駐車場へ。
30分以上経っても、未だ動く気配のない救急車…。(税金泥棒)

その後もtokeさん宅周辺を流し街宣して廻り、最後に、被害者Tさんの依頼で、板橋区高島平に向かいましたが、到着した頃には、すでに日も傾き薄暗くなっていました。

高島平団地を徐行しながら、街宣スピーチを流していると、暗がりの中、ぞろぞろと人が湧き出してきて、一定距離を保ちながら車の後をつけてきたり、此方の様子を窺いながら携帯カメラを向けてきたり、自転車に乗った警官が何度も通りすぎたり…。

バイオハザードや、サイレントヒルみたいな、「ホラーゲームさながら」の様子に、皆、圧倒されてました。

停車中には、先程から様子を窺っていた一団の中に居た、ガラの悪そうなオヤジが、車の窓ガラスを叩き、「テレビの音が聴こえない」と絡んできました。
絡んできた場面を、カメラで撮影した所、オッサンが切れて、誰の許可を得て撮っているんだ、直ちに消せ!と怒鳴ってきたので、「ドライブレコーダーと同じようなもので防犯上、念の為ですよ。あと数分で終了します。」と軽くあしらい、7時前になったので活動終了。
その後、池袋まで移動し、ドライバーYさん、オリュウさんと別れた後、6人で晩御飯食べて解散しました。



車両街宣に初参加してみて、やはりあちこちを何度か廻る分、通常の街宣より効果が絶大だと感じました。
また、ローテク人員の様子も、地域による被害の違いが感じられました。
…地元(相模原市)とは、全く違った様子ですね。

高島平団地の加害者集団に出くわした時は、皆が、「ゾンビ映画みたいだった」と感想を漏らしていました。

この日は、ずっとユノたんさんと、tokeさんが、生スピーチで獅子奮迅の活躍を見せてくれました。
さくらさんも、初めは緊張気味でしたが次第に慣れて、とても聴きやすいスピーチを披露してくれました。

私の方は、夜勤明けの病みあがりの参戦で、スピーチ原稿も用意しておらず、とっさにデモスピーチ稿を流用してみたものの、デモのシュプレヒコール部分まで思わず読み上げそうになったり、アドリブの効いたスピーチが出来ず、咳き込んでばかりで足を引っ張ってしまいました。


今回は、地域による被害の特色も肌で感じることが出来て、とても有意義な一日でした。

お誘いくださった、オリュウさん、Fさん、ユノたんさん、誠に有難うございました。
また、機会がありましたら、参加させてください!


《関連ブログ》

『第53回「Eの会」活動報告_埼玉にて2回目』
http://kkytea.blog44.fc2.com/blog-entry-306.html

『集団ストーカーの攻撃を綴る日記』
http://ameblo.jp/otitakyojin-kun/entry-12075617425.html

『引っ越したら、こうなった… テクノロジー犯罪、組織的ストーカー被害者のブログ』
http://pgha1117.blog.fc2.com/blog-entry-31.html

にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ


スポンサーサイト

先々週の半ばから、またまた体調を崩してしまいました。

微妙に節々が痛いと感じたのは、23日(土)で、明日は休日だからとタカをくくっていましたが、25日(月)の出勤前に熱を測ると微熱。
天気も悪い中、出勤。職場の冷房がやけに寒く感じる。30分残業して夜11時頃に帰宅。そのまま熱が上がってダウン。
火曜日は非番シフトでしたが、朝から38度近く出て、起き上がれない。
念の為、北里大学病院に連絡し、シックディの対処法を聞き、近くの内科でいいので受診するようアドバイスを受ける。
この日は悪天候で、高熱の中、来院はキツいので、一日安静にして過ごす。

27日(水)朝も、39.2℃と下がらず、止む無く職場に欠勤の連絡を入れる。
悪天候の中、普段のように自転車で30分掛けて北里大学病院まで行くのは辛いので、(駅前のバス亭まで徒歩13分)
自宅から徒歩5分の近所の内科を受診。

外来担当の先生に症状の説明しCT検査と血液検査を終えて、数分後にまた呼ばれると

「肺炎だね~。」の一言。

肺のCT画像見せながら、

「この辺の下の方のモヤモヤした黒い部分。
ここが炎症を起こした部分だけど、相当ひどいね。絶対安静にしなきゃ。入院が必要かも。」

「直ぐに、手紙を書くから、明日、北里の先生に診てもらいなさい。」


…と、言われ、抗生物質と生理食塩水の点滴してもらって、処方箋と北里へ渡す文書の封筒を受け取って帰宅。

翌日、北里大学病院まで、母に付き添ってもらいバス通院。

X線検査して、血液・尿検査した所、とりあえず、昨日より数値が下がり、抗生物質の効果がみられるので、このまま投薬治療で1週間様子見することとなりました。

とりあえず、入院せずに済んで、ホッと一安心。

給料が出たばっかりなのに、給料以上の治療費が飛ぶところでした。

何時から職場復帰していいか質問したら、熱が下がって、体力的に大丈夫だと判断出来たらと言われたので、
翌日、金曜日は欠勤し、とりあえず安静にして、土曜日から職場復帰しました。

数年前に、肺炎に罹った時は、インスリン自己注射が出来ず、血糖コントロールに重大な影響を及ぼし、ケトアシドーシスで2週間入院する羽目になりましたが、今回はポンプ治療だったので、シックデイ(病気時)にも関わらず、血糖コントロールはそこそこ安定してました。自動インスリン注入される、インスリンポンプ治療は、こういう時、楽で助かります。

そういえば、北里に渡す文書の封筒内に肺のCT検査画像の入ったCD-ROMが入ってました。
返却不要とかで、北里でデータ取り込んだ後、手元に帰ってきた。
…こんなん手渡されて、どないせーっちゅーねん。記念(?)に保存しておくけど…。



もう、咳が出る以外は、通常通り生活出来てますが、今週木曜日にもう一回、X線検査してきます。


8月30日(日)は、そんな体調の中でもちゃっかり、事前参加予約してた「靖国神社清掃奉仕活動」と、「日本会議神奈川 相模原支部定例会」に参加してきました。

それについては、また後日。

にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ


にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村

GW前に、ヤフオクで落札していたDVD-BOXが届いていたので、とりあえず入院中2週間分の録画番組を消化してから、暇を見つけて、鑑賞しています。

因みに、購入したDVD-BOXは、『攻殻機動隊 S.A.C』と、『攻殻機動隊 S.A.C 2ndGIG』です。
原作は学生時代から好きだったのですが、7月9日以降の在日の在留カード切り替え期限のXデーやら、吉本の「ラッスン・ゴレライ」炎上騒動とか見てたら、めっちゃこの作品を思い出し、全話一気視聴したくなって、安価な台湾正規版BOXを、購入しちゃいました。

※リージョンは日本国内と同じなので、字幕OFFにすれば、日本語音声なので、問題なく視聴できます。

この『2nd GIG』(TVシリーズ2作目)の方は、2005年に日テレ系地上波で放送されたアニメ作品ですが、昨今の情勢に非常にマッチした内容で、今の時期に観るのにピッタリです。
内容は、在日・右翼をテーマに扱っており、作品内では、九州南西海域工作船事件をモチーフに不審船を描かれたり、招慰難民の武装蜂起やら、核を巡る陰謀等、SFモノながら、昨今の国内情勢に非常にマッチしてます。

完全な続編なので、『攻殻機動隊 S.A.C』(TVシリーズ1作目)から視聴しないと理解出来ないと思いますが、メインとなる事件だけを追った総集編もあります。
でも、やはり総集編では理解しにくいので、『24』のような、海外ドラマシリーズ感覚で、是非、TVシリーズ全話を視聴してみて下さい。


https://youtu.be/gdRngW8nhBA

『攻殻機動隊S.A.C』(TVシリーズ1作目)の笑い男事件では、厚生労働省の新ワクチンにまつわるスキャンダルが題材なので、現実とフィードバックして、子宮頸がんワクチンを認可した、当時の厚生労働大臣・舛添要一(現都知事)などが思い浮かび、捜査にあたる公安9課の面々に、感情移入して視聴できます。

因みに、テクノロジー犯罪被害者には、1作目の第4話「視覚素子は笑う」は必見!
「自分の視ている情報が、加害者側に筒抜けになっている。」という状被害状況を感じている方に、被害概要イメージを誰かに伝えやすい内容だと思います。

ブレインジャック被害の方を、攻殻機動隊用語で言うと、「電脳ハック」ですかね。

サイバーパンク(SF)作品なので、登場人物達は、身体の一部を義体(サイボーグ)化している設定なので、攻殻の世界観では「電脳ハック」犯罪は、一般的ですが、現実にはSF設定すぎる。そんな技術が存在する訳がないなんて考える人が大半ですよね。

でも、現代科学・医療分野では、インプラントや義体化しなくても、遠隔から他者の肉体を操ったりする事は普通に可能だし、この手の特許技術は国内企業では、ソニーやNTTが既に持っているようです。

医療分野では、一般化も近いようです。

ロハスメディカル 広告

上記画像は、以前も掲載しましたが、この冊子は北里大学病院や東芝林間病院などの比較的大きな病院に置かれていたフリーマガジンです。

思考盗聴技術そのものの存在を裏付ける広告です。

この広告の会社日本メドトロニックは、心臓ペースメーカー等を中心とした医療機器メーカーで、私が今現在、着用中のインスリンポンプも、メドトロニック社の製品です。


…ちょっと話は逸れましたが、現実に作品中のように日本国内で在日に武装蜂起されちゃ堪ったものではないけど、最近、『余命3年時事日記』の通り、朝鮮総連幹部の息子の逮捕から、最近の在日系暴力団が次々に、逮捕され、テロ資金口座凍結されたり、連日のニュース(産経新聞アプリのプッシュ機能がオススメ)みてると、Xデーに向けて事態はどんどん加速しているようです。

昨今の情勢と重ねながら視聴すると、とても味わい深いので、興味のある方は、ビデオレンタルしてみて下さいね。


因みに、今現在、劇場版やTVで、1作目以前の時代を描いた新シリーズ『ARISE』が放映中ですが、キャラデザインも、声優も変更しちゃってて、昔からのファンとしては、まだまだ違和感あって慣れません。

にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村

前回の続きで、入院前の顛末から。

5月6日 PM 21:23の時点で、夕食前の血糖値151。
録り貯めたビデオ消化しながら、ゆったり過ごしていましたが、就寝前になって突然、体調悪化。
就寝間際になって、めっちゃ頭部と心臓への痛み、首から背にかけての皮膚のピリピリ感が来る。

7日の朝になっても症状は治まらず、吐き気が酷くて食事も摂れない状態。
昨晩の夕食も、夜間に全部吐いてしまい、ひたすら水分を摂っては、何度も嘔吐(胃液と水分だけ)を繰り返す。

 AM 11:32 血糖値 410 野菜ジュース1本(200ml)摂取。ボーラス6.5単位(インスリン)
 PM 13:50 血糖値 541 追加ボーラス
 PM 15:58 血糖値 450 出社時間前に栄養ドリンク(エスカップ)飲用。追加ボーラス注入して会社に向かう。

出勤するも、1時間15分でギブアップ早退。
家族に迎えに来てもらって、帰宅し、追加ボーラス打って安静状態。

 PM 22:25 就寝前血糖値 493 ボーラス5単位



翌朝、8日AM 8:34の時点で、血糖値が測定器限界値600超えて、自己処置は無理と判断。
口空けると吐きそうになるので、ロクに喋ることも出来ず、家族に救急車呼んでもらって、北里大学病院へ。

…で、そのまま入院。3日間、点滴のみで身動きも取れず。


点滴×4注入



集中治療室から、一般病棟に移るも、差額ベット代 16,000円(税抜き)/1日の個室という金銭的負担に精神的ダメージ。

入院中は、MRI、エコー、CT、骨密度、眼底検査等、検査のオンパレード。

食事が摂れるまで回復してからは、CGMS(持続性血糖測定器)を取り付け、血糖値グラフが安定するまで、基礎インスリン量や食事ボーラスの微調整を繰り返す日々。



検査で、担当医から、カルシウム不足を指摘されましたが、毎日、乳製品を必ず摂っているし、更にカルシウムウエハース等も補食してるんですけど。
…それでも追い付かないほど不足してるってんなら、電磁波によるカルシウムの漏洩が原因だろ。



他に検査結果で気になる所は、CT検査結果。
「中脳に淡い低吸収域。梗塞との共通性のある画像」…って、入院前にめっちゃ脳に攻撃喰らってる感があったので、妙に納得。

入院中は、ジョジョ第5部(文庫版)を読んでたら、採血に来た男性看護師と、「ブチャラティがカッコいい」とかジョジョ語りしたり、モンハン4Gしたり、保守速報や余名ブログをチェックしたりと、身体は鈍るものの、マイペースに過ごしました。

入院から一週間もしないうちに、スマホのデータ通信量オーバーして、速度制限でイライラはさせられましたが。

ま、お約束というか、個室から無料病室(4人部屋)に移ったら、左翼臭い工作員が湧きまくりでウザいとか、色々ありました。
消灯後にも、電灯つけたり消したりで眩しいわ、夜間や朝方までラジオやTVの音漏れが五月蠅いわ。

…後半、同病室に移ってきた老婆は、看護師や隣の患者相手に、「戦後60年、結婚して子供にも恵まれ…。」とか、戦争は嫌ですねぇとか「9条信者」っぽく昔語り始めちゃったり…。

今年って、大東亜戦争終戦70周年なんだけど。

…まさかの、朝鮮戦争(1950年~1953年)かッww⁈



血糖値グラフもようやく安定してきたので、23日(土)に、ようやく退院。

日曜日に丸一日休んで、25日(月)には、予約していた『田母神俊雄氏の神奈川講演会』に参加。
火曜から職場復帰で、慌しい日常が戻ってきました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村


前回の更新から、ずいぶん間が空いてしまいました。

医療費諸々の負担が大きくなる中、昨年末は残業続きで、扶養控除額を軽くオーバーしてしまったので、とにかく今年は年収を増やそうと、仕事時間を増やす方向で動いています。
惰性で何年も続けてた、ポイントサイト・アンケートサイトの小遣い稼ぎは、良く使うショッピングサイトのポイント還元率が高いもの以外、キャッシュバック完了後に随時退会しています。

4月から、更に勤務時間が増やしてもらえるよう、上司に雇用条件変更を申請しています。
昨年夏に、勤務時間が夜勤帯になってから、ほぼ夜型生活になり、帰宅後はPC起ち上げる気力すら湧かず、遅めの夕食を済ませた後、スマホ弄って、入浴して寝るだけの毎日で、ブログまで手が廻りません。

それはさておき、前回からの近況報告を。

2月22日(日)は、朝から、靖国神社清掃奉仕活動へ参加し、午後は、SDH定例会へ参加しました。

靖国神社清掃奉仕活動は、午前8時45分に集合し、9時から参加者全員で昇殿参拝、その後、清掃活動し、途中休憩を挟んで記念撮影。
そして正午頃に解散。靖国会館に設けられた参加者用休憩室では、お茶菓子が振る舞われ、参加者同士で交流し、流れ解散となります。

その途中休憩時間のトイレ中、インスリンポンプのチューブをズボンのベルトに引っ掛けて、大腿部に穿刺していた針の部分が剥がれ、トイレの床にコロンと落ちてしまいました。
本来は、外出時はテープで剥がれ難くガードしておくのですが、出発が早朝だったので、うっかりド忘れ。
本来、2日置きに交換する物なので、替えの針も穿刺用具も持参しておらず、トイレに落ちたモノを使う訳にもいかず、
ポンプ無し状態で長時間を過ごすことに…。
とりあえず、インスリン追加注入不可能なので、血糖値の急上昇を抑えるため、食事(糖質・炭水化物摂取)は我慢!我慢!
…と思いつつ、清掃奉仕活動後の、靖国会館の休憩室で、参加者との談話に花を咲かせ、参加者に振舞われる、お茶とお菓子にも、ついつい手が伸びてしまいました。(流石に昼食は我慢)

本来なら、早く帰宅して、ポンプ装着し直さなければマズイんですが、体調にも変化が見られなかったので、当初の予定通り、午後のSDH定例会に参加するため、飯田橋へ移動。

SDHの会報誌作成を担当しているのですが、定例会中にその経過報告をしました。
ほぼ徹夜状態のボケボケ状態で、ポンプの様子も気になる中、説明しようとした内容の単語(固有名称)が出てこず、「アレ」「アレ」状態で、マイク持って説明する羽目になってしまいました。

ポンプのトラブルがなくても、日常的にも、喋ろうとする土壇場で、脳内に霞がかかった状態になり、喉元まで出掛った単語が出てこないことが多いのに、更に、ポンプトラブルに気を取られつつ、ほぼ徹夜明け状態(前日も残業)で、早朝から動いているので、当日はテンパりまくってました。

街宣とかデモコーラーとかやってるし、別段緊張する性質でもないのに、アドリブが利かず、こういう場では、いつも醜態を曝しています。

口頭での説明は上手くいきませんが、肝心の会報誌の中身で勝負っす!

さて、定例会後は、翌日が非番で仕事への影響を考えなくて済むので、(ポンプの懸念は放置して)二次会にも参加。
この日は、NPOテク犯ネット定例会も飯田橋での開催だったので、居酒屋前で、向うの参加者とも鉢合わせ。
NPOは、道路挟んだ向かいのビルの居酒屋で二次会を行っていたので、両方の会に所属する被害者さんが、それぞれ挨拶がてら顔を出しあったり。

私は、今回はSDH定例会を優先して、NPO定例会には顔を出しませんでした。
NPOは最近は、定例会開催日が土曜日になることが多く、仕事があるのでずっと参加出来てない状態です。

とりあえず、インスリン無し状態なので、お茶(ゼロカロリー)と、小腹が空いたのでつまみを一品注文して、会報誌の打ち合わせして、途中切り上げしました。

帰りの電車で、急に体調が悪くなり、吐き気と頭痛がしたので、保守イベントや被害者団体の活動に参加した後に、高確率で起こる、「加害者側に歯向う活動をした罰のつもりの身体攻撃」なのか、ポンプトラブルによる高血糖の影響なのか、判断がつかず、自宅到着後すぐに血糖測定したところ、普段の食後二時間値程度の血糖値200台。…超、普通。

…高血糖症状(ケトアシドーシス)でない事を確認した後、シャワーし、ポンプ装着し直しインスリン追加注入しましたが、どんどん眩暈や心臓の痛みが酷くなり、翌昼過ぎまで、激痛と嘔吐でのた打ち回って一睡も出来ず…。

症状が治まったので、日課の体重・体脂肪率測定を行うと、前日から3㎏も落ちていました。


i Phoneのヘルスケア画面

この日は、非番取ってて良かった…。
で、火曜日は、疲労感の残る中、夕方から出勤。

ここ数ヵ月、勤務時間後半になると軽めの低血糖を起こし、思考力が低下して、単純な計算ミス連発、肝心の締め作業に悪影響が出ています。
帰宅後は、直ぐに血糖値測定してから夕食を摂りますが、連日のように血糖値70台。

ポンプ設定で基礎インスリン注入量を調整しても、ほぼ変化が見られないので、どう対処していいものか…。

今月の検査結果HA1cの数値は良くなってたけど、血糖コントロールが上手くいってる実感はゼロです。


そんなこんなで、体調管理と仕事のバランス調整に翻弄されまくった2月期でした。

にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村