12月14日は、選挙投票を済ませた後、ACPデモ実行委員会・戦略情報会議と、忘年会に参加してきました。


地元投票所の様子 気温も低いし朝早くでもないので、あまり人が居ない…。

投票所から、電車で新宿近辺まで移動しました。
車内では、次世代の党の当選を願って、田母神俊雄(著)の『間接侵略に立ち向かえ!』を、宣伝も兼ねて読書しながら移動しました。

会議では、デモ当日の様子や反省点、改善点を話し合い、また次回に繋げるよう、話し合われました。

私は、デモ当日は入院中で参加が叶わず、退院後、すぐに仕事が忙しくて時間的余裕が無くなってしまったので、繁忙期が終わって落ち着くまで、その後の周知活動に参加することも出来ない状況ですが、久々に、アクティブな被害者さん達と話せて、元気を分けてもらえました。

ACP参加メンバーは、ハイテク被害のキツイ方ばかりで、この犯罪被害は死活問題なので、犯罪撲滅に賭ける意気込みが違います!

こちとら、毎日、命懸けですので、本気で犯罪撲滅に向けて動いている被害者に対して、統合失調症のレッテル貼ったり、偽被害者だと証拠も提示せず騒ぎ立てたり、理解者の振りして近付いてきて、左翼寄りに政治誘導する輩には、怒りを通り越して憎悪しか湧きません。

デモ当日にも、不審人物数名が、参加者として紛れ込み、実行委員や参加者に粘着質に絡み、騒ぎを起こした挙句、後程、無断撮影した動画をアップし、SNSで風評を撒きちらすという、左巻き連中テンプレートの妨害工作が行われたようで、皆が憤慨して、工作員対策に追われているようでした。

次回も、5月に開催する予定ですが、この手合いへの対策マニュアルの作成や、雨天対策等、まだまだ課題は山積みです。

会議の後、mmsさんから、快気祝いに花束を頂きました。
…花なんて貰い慣れてなかったので、柄にもなく照れてしまいましたが、素敵なサプライズに感動しました。

その後、新宿の忘年会会場に向かいました。
忘年会には、SDH副理事のトシさん、オリュウさんら、4名の被害者が合流し、「鳥ちゃんこ鍋食べ放題コース」を堪能しながら歓談。

…早速、外食先でインスリンポンプの便利さを実感しました。

…以前だったら、アルコール面で消毒したり、注射針(1回使い捨て)を取り付けたり、注射が終わった後も医療ゴミの片付けやら、面倒臭かったのですが、スマホアプリから算出された炭水化物量に応じて、インスリン注入量を決めてボタン押すだけです。
「おかわりした~い!」…と思ったら、その分、ボタンを押してインスリン追加注入するだけ。


「鳥ちゃんこ食べ放題コース」!お代わり自由!飲み放題!幹事のサンライズマンさんに感謝♪



忘年会の後、翌日の仕事があるので、二次会には参加せず、近隣の被害者達と一緒に帰りましたが、
帰りの電車内で、田母神氏他、次世代の党候補の落選報告を聞き、気落ちしながら帰宅。

この悔しさと怒りを、次に繋げる為、決意を新たにし就寝しました!


※ブログ記事書き始めから一週間も間が空いたので、追加情報が入ってきました。

次世代の党の得票数を、共産党票に掏り換える不正の証拠動画がアップされました!
4年後の選挙で次世代が勝つために、動画の大拡散をお願いします!





因みに、「間接侵略に立ち向かえ!」は、「いまこそ情報戦争を勝ち抜け!」という表題に変更され、文庫版も刊行されています。
皆に一度は読んでほしい一冊です。(靖国神社・遊就館の売店でも販売してます。)




この書籍は、日本を取り巻く近隣諸国の動向や政治の流れが見えてきますので、民主・社民・共産・と並び立つ売国政党であり、最も被害者と対峙する機会の多い、加害組織「創価学会・公明党」の主張や目的も理解し易くなります。

…私の近所では最近、創価・公明党より、民主・社民ポスター貼ってる奴等の方が鬱陶しいです。
自宅に、民主党議員・もとむら賢太郎の講演会に誘ってくる電話やら、選挙終了後の平日日中に、投票しても居ないのに、「おかげさまで当選出来ました。」という(次世代シンパを挑発するような)電話やら、ローテク粘着を、露骨にやられています。

…一体、どうやって自宅の電話番号を知ったのでしょうねぇ、ストーカー売国議員のシンパ共は!

数年前は、通学時間以外、人通りの殆ど無い自宅マンション前に、日本共産党の選挙応援隊がハンドマイク持参して街宣しながら、脱原発チラシ配りに来たりもしましたが…。(通院帰りの昼過ぎに遭遇…当然、人通りナシ)

こいつらの主張に共通していることは、

●外国人参政権推進、
●集団的自衛権反対
●河野談話の見直し必要なし!
●原発再稼働反対!
●靖国神社参拝は近隣諸国への配慮と、憲法20条の政教分離に抵触しているから反対

・・・なんですよね。


SAPIO1月号より “創価学会に政教分離に抵触”とか言われたかねぇよ…って感じ。

その一つ一つの問題点(マスコミが偏向報道し国民に隠そうとする事実)を、解りやすく丁寧に解説されている本です。


靖国参拝にしたって、国のために命を犠牲にした戦没者に対して、日本国家元首が哀悼の意を示すのが悪いのか?


大体、原爆落とした国の大統領は、東京大空襲で民間人虐殺した兵の眠る「アーリントン墓地」を参拝してますが。
あそこの遊就館って、日本の歴史博物館として、吉田松陰や、坂本龍馬、木戸孝允やら、日本の歴史人物を祀っている場所だし、日本の発展のために尽くした朝鮮人や台湾人も、手厚く祀られているんですけどね。

日本だけを戦争犯罪国家に仕立て続けたい連中にとっちゃ、通州事件、シベリア抑留等、自分らの行った非道が知れ渡ると不都合なんでしょうね。

朝日新聞は、喉元過ぎれば何とやらで、安倍批判、安倍批判、気持ち悪い程の公明党・共産党ヨイショばかりですが。


集団ストーカー被害者さんは、何故、自分が被害に遭っているか、末端加害工作員の思惑は置いといて、ここまで執拗に一般人を潰そうとする、連中のトップの最終的な目的は何所にあるのか?
それを考えるために、知っておくべきことが満載の本です。
メディア被害者は、特に、日本のメディアの問題点も記載されているので、参考になると思います。


最後に、今年の完全オフの休日は今日が最後なので、今年のブログはこれで収めとなります。

また、ブログへのコメントや、メールでの情報提供、有難うございます。
多忙すぎて、なかなか返信が出来ませんが、仕事の合間に読んでいます。

(繁忙期過ぎたら、おいおい返信させていただきますね。)

皆さま、よい年末年始を。来年も宜しくお願いします!


プレゼントされた、快気祝いの花束は自宅に飾りました。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

iframe src="http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=rapid675n55-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=480021713X" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0">
スポンサーサイト

10/22(水)から、北里大学病院に入院してきました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村

インスリンポンプ治療切り替えに伴う調整入院で、入院期間は3週間とのことでしたが、なんやかんやで延びて、11月16日(26日目)にようやく退院できました。



入院当初は、無料病室の空きを待って、差額ベッド代¥8640/1日の病室で過ごしました。
TV無料、個人用冷蔵庫完備で、広々としたスペース。

そして、ガリガリ削られていく貯金…。

…幸い、6日目に無料病室に異動することが出来ました。(ここは冷蔵庫もTVカード必要)

病院到着後、早速、持続血糖測定システム「メドトロニック ミニメド CGMS-Gold」を、お腹に装着。1週間に一回ぐらい、穿刺針の交換がありますが、基本的に着けっぱなし。

「メドトロニック ミニメド CGMS-Gold」
「メドトロニック ミニメド CGMS-Gold」

「メドトロニック ミニメド CGMS-Gold」は、皮下に一時的に留置したセンサー(電極)により組織間質液中のグルコース濃度を連続測定(1日に最大288回)する血糖測定システム。測定をひとつのセンサーで最大3日間行い、得られた測定値をセンサーに接続された携帯型のモニタシステムに5分ごとに記録する。医師はパソコンを介して複数日にわたるグルコース値の日内変動などを解析し、目標値からの逸脱パターンを認識できるようになる。



シャワー時は、お腹に刺したチューブが繋がったまま、測定機本体を、防水ビニールでガードし、濡らさないように注意しながら、シャワーを浴びねばならず、入院中はずっと不自由な思いをすることに。


腹部装着するとこんな感じ。逆側には同様にインスリンポンプも装着しているので、トイレ時が面倒臭い。

さて、この24時間血糖測定システムですが、毎朝、担当医が来て、測定器をPCに接続し、血糖値の変動グラフを確認します。

・・・が、お約束の電化製品エラー頻発。

この測定機器も、何度もエラー音が鳴り出し、その度に一時的に取り外して、お腹の針ごと差し替えする羽目に。
また、解析用PCもエラーが何度も起こり、電源をON/OFFしたり、時間を置いて試してみたり・・・。

因みに、スマホの回線も安定せず、テザリング接続しようと持参したPCも殆ど使えず・・・。

自宅から持参した、自己血糖測定器「メディセーフ」も、測定できないエラーを出し、新品に変えてもらうも、またエラー。
・・・看護師さんが、自身で試してみても、エラーが出てしまい、先生を呼んで注射で採血したりと、てんやわんやでした。

テクノロジー犯罪被害者にとっては、電化製品の異常は日常茶飯事なので、「あ~。またかよ・・・。ねちっこい嫌がらせするなぁキチガイカルト共は・・・。」程度ですが、医療スタッフは首を傾げていました。


画面左がインスリンポンプ本体。隣は相模原市立図書館にリクエストしておいた書籍。

入院3日目には、待望のインスリンポンプ導入開始。
本体カラーの在庫が、クリアとピンクしか無く、迷った挙句、クリアを選択。(本当はブルーが良かった…。)

ポンプ操作の方は、昔の携帯ゲーム機より、ボタン数もコマンド数も少ないので、楽チン。

あとは、私の体質・体調に合わせて、医師が血糖測定結果グラフを見ながら、基礎インスリン量の調整を行っていくのみ。

・・・ということだったのですが、やっぱり大勢のカルト工作員患者&医療スタッフが湧きまくり、いちいち仄めかすは、昼夜問わず奇声を発する患者はいるわ、無料病室に移ってからは、同室患者が夜間にまでナースコール押しまくるわで、常に人の出入りが激しく、ゆっくり眠ることも出来ず、ずっと微熱が続いて、逆に悪化しちゃってました。


入院1週目の測定データグラフ 血糖値400ぶっちぎりで超え。

おまけに、突然の歯痛で左頬が腫れ、痛みによるストレスも相まって、血糖測定器の登録上限オーバーの血糖値を叩きだし、正しい数値を入力できない事態が頻発。

歯科外来を受診した頃には、もう腫れも引き痛みも無くなっていましたが、痛みによるストレスが無くなった途端、低血糖を頻繁に起こすようになりました。

・・・結局、3週間以上経っても、全然、血糖値が安定せず、退院日程が延び延びになってしまいました。


入院中は、「SAPIO 11月号」を購入したり、図書館で予約していた「竹林はるか遠く」や「Will」、自宅から(カルト工作員へのプレッシャー用に)持参した「創価学会・公明党の犯罪白書 著)山崎正友」等を、読んで過ごしました。

「SAPIO 11月号」の方は、「医療のウソを暴く」というタイムリーな特集記事が掲載されていて、他人事ではないデタラメな糖尿病治療のこと、製薬会社の情報未開示リストには、ノボノルディクスファーマや、サノフィ、日本イーライリリー、大塚製薬など、普段から処方されている製薬会社の名がズラズラと・・・。

まぁ、ぶっちゃけ日本の医療なんて半分も信じてないけど。

…なんたって、舛添みたいな輩が厚生労働大臣に就いて、サーバリックス(子宮頸がんワクチン)を認可しちゃってるんですよ。

おまけに、北里記念医学図書館なんて、カルトタウン信濃町にあるぐらいですからねぇ。

それでも、「国際基準」のカーボカウントとインスリンポンプ(海外メーカー)で、なんとか自己で改善していくしかないんで、自宅に帰ってからは、カーボ計算に四苦八苦しながら過ごしています。


・・・「集団ストーカー撲滅デモ」への参加、すごく楽しみだったのに、結局、退院できず、デモ実行委員からの報告メールを読むだけで、何も出来ずにデモ開催日が過ぎていきました。

退院翌日、突然スマホが壊れ、せっかくカーボカウント計算アプリを入れたのに、すぐさま機種変更することに。
忙しすぎて、まだデータ移行作業も終わってませんが、iosに不慣れで悪戦苦闘中。

その後、仕事に復帰するも、年賀とお歳暮の時期なので、急激に仕事量が増え、連日残業・・・。

金曜日は出勤日だってのに、退院後の経過を診るために、すぐさま通院せねばならず、休む暇もありません。

そんなこんなで、ようやく連休で一段落。
今週は、慌しくてブログアップが遅くなってしまいましたが、なんとか元気に生きてま~す。

にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村

今月22日から、3週間を目途に、北里大学病院に指導入院が決定しました。

昨年冬頃から、現在の注射による治療法から、インスリンポンプ治療に変える検討をしてきました。

インスリンポンプ治療と言うのは、ポケベルサイズの機器を、24時間、身体に装着し、常に少量ずつ体内にインスリンが注入されるという治療法です。
その注入量を、患者の体調に合せて調整するため、長期入院で経過を見ることが必要なんだそうです。

6月頃には入院費の目処もたち、あとは入院日程の調整と言う段階でしたが、私個人の仕事の状況やら、主治医の産休や、病院の改装、入院患者用ベッドの空き状況など、諸々の事情が重なり、延び延びになっていました。


ようやく日程が決まったものの、ずっと準備してきたデモの開催日には入院中ということになりそうです。


現在の職場は、11月半ばから年末が繁忙期なので、繁忙期前の今の時期に、ちょうど、年末調整も兼ねて長期休暇を取ることにしました。



今の「インスリン注射治療」と言うのは、食前に注射し、食事で上昇する血糖値を抑えるものなのですが、ぶっちゃけ、血糖値と言うのは食事だけじゃなく、ストレスでも上昇します。
集団ストーカー被害がキツく、騒音による睡眠妨害やら、電磁波攻撃やらで日夜ストレスに曝されています。
普段から、食後の血糖値より、寝る前や、食前の方が数値が高いような状況で、1日3回の食前用「ノボラピッド」と長時間用「ランタスソロスター」の注射治療では、食事以外が要因の血糖値上昇には対処しきれません。

昼食後7時間位は経過しているのに、仕事から帰宅し、測定した夕食前の血糖値が350とか、就寝前でも290とか、とんでもない高数値が出まくっています。
痩せすぎのスタミナ不足にも悩んでいて、常に、血糖値を取るか、スタミナを取るかの、二者択一を迫られています。

かといって、量を多めに打って調整しようとしても、低血糖症状を頻発し、余計、悪化させるだけ。

・・・で、行き当ったのが、日本では未だマイナーな、インスリンポンプ治療法への変更と言う訳です。

今までの、インスリン注射するには、機材の消毒、注射針(消耗品)の取り付け、注射する箇所の消毒という手間が掛るのですが、外出時には、その作業を行うことが困難な場合が多々ありました。
不潔な場所だったり、公衆トイレが和式だったり、風が強くて消毒や注射がやり難かったり、人前で注射するのが憚られるような場所だったり・・・。
定例会後の二次会の席や、知人から軽食に誘われても、間食のために注射回数を増やすのは、注射針は使い捨ての消耗品なので、コスト面でもキツかったんですよね。


今度のポンプは、食事の際には、機器のボタンを押して追加注入するだけという手軽さなので、もうすぐ、そんな悩みともオサラバ出来そうです!


にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村

全国から50万人規模が集まるオタクの祭典、「コミックマーケット86」会場にて、11月に開催する集団ストーカー撲滅デモの告知チラシを配布してきました!



次のデモ開催地は、秋葉原ということで、コミケは、情報拡散能力のあるネット世代が集まる、恰好のイベントです!

この日のために、随分前から打ち合わせ準備して、チラシ6000枚、ステッカー2000枚を用意して臨みました!

まずは、開催前日、14日の設営日に、翌日出展サークルの机上に、チラシを置いていく作業です。
この日は、9名の有志が参加して、チラシ4000枚、ステッカー1000枚を配布しました。
私は、残念ながら仕事で参加出来ませんでしたが、翌日15日には休暇をとっていたので、「コミケ86」開催初日に、視察も兼ねて一般参加してきました。


当日の国際展示場駅の様子


企業ブースにて、「神撃のバハムート」のコスプレ発見!「雷迅卿・アン&グレア」ですよね?


土産物店で販売中の「孔明の罠」!こっちは公明党の罠に四苦八苦してるっちゅーの!

さて、1日目の閉会後は、チラシ設営タイムです!

2日目は、コミック系ファンサークルがメインです。チラシ枚数にも限りがあるので、少年誌系ジャンルをメインに「進撃の巨人」「銀魂」「その他ジャンプ系」辺りを、狙い撃ち配布してきました!

「進撃の巨人」は、言うまでも無く人気作品で、現代社会へのオマージュ的な作品なので、この作品のファン層は、此方の意図にも共感してくれるかなということで、このブースメインに集中配布。

次に「銀魂」を推したのは、「銀魂」自体が、風刺ネタに満ちた作品だってことと、アニメ「銀魂」の232話が、“どこぞの圧力”に屈して放送中止になった騒ぎが有った事で、圧力をかけた連中を敵視してくれるかなぁと。

アニメ「銀魂」が突然放送休止 蓮舫大臣ネタが過激すぎた? 
J-CAST News 2011/11/15 20:17
http://www.j-cast.com/2011/11/15113264.html?p=all



0757710b.jpg
地方局やCS視聴者は、連続シリーズ(蓮舫編 232話~236話)の第1話目をすっ飛ばして、2話目から視聴する羽目に。

07287a7b.jpg
震災で流れたACのCMのパロディも有り、これが放送中止の原因ではないかとの諸説も。



銀魂ブースには確実に全部、撒いたので、工作員によるチラシ抜き取り工作が無ければ、銀魂で出展したサークルさんのお手元に、デモ告知チラシは届いている筈!

たかだかパロディ、民主党議員に似たキャラにまで目くじらを立て、放送中止にするような連中を、許せないとは思いませんか?

そんなこんなで、14日、15日の2日間で、チラシ・ステッカー8千枚を撒きつくし、コミケ周知プロジェクトは終了しました。

チラシ配布参加者によると、此方のチラシ配布の様子を窺っていた不審人物がいたとのこと。
配布・搬入作業は事前申請制で、スタッフ証が無ければ入場できない筈なのに、件の人物は、チラシ配布もせず、搬入作業する様子も無かったとのこと。
参加者の中には、「チラシが抜き取られているのでは?」と懸念されている方も。

「集団ストーカー犯罪」の手口では、郵送物(配布物)の抜き取りも、常套手段ですので…。

前述の通り、「進撃の巨人」、「銀魂」出展サークルの机上には、下記の絵柄のチラシを、確実に撒きましたので、もし「見ていない」というサークルの方は、SNSで、チラシが抜き取られたという事実を拡散して下さい。

ジャムマン1ACPサイト用
イラスト: ジャムマン様

automaACPサイト用
イラスト: automa様

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←応援クリックお願いします★


にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村

ここの所、休日の度に、定例会やら、通院やら、所用で外出することが多く、なかなかブログ更新する時間が取れません。
思考力が低下していて、固有名詞や、伝えたい意図を上手く表す単語が思い浮かばず、たかだか十数行の文章を書くのに2時間も掛かる始末です。

「被害が酷くてブログも書けない状態」では無く、単純に現実(リアル)な活動に時間を割いているだけなので、ご安心を。
夏場は、自宅PC前に座っているだけでキツイので、当分はブログ更新が滞ると思います。


さて、今更ですが、7月27日(日)に行われたACP主催『第一回・ポスティング大会』のご報告をします。

この日は、事前ミーティングにも参加し、チラシ折り込み作業、小分け作業をお手伝いしました。

IMG_0011.jpg
【画像1】事前ミーティング風景

IMG_0012.jpg

IMG_0016_201407292203199fc.jpg
【画像2・3】チラシ折込み作業

この日は、3チーム、3地区に分かれ配布という事でチーム分けと担当エリアの話し合い。

私は、ベガさん、サンライズマンさんと組んで、C エリアを、担当することに。

IMG_0008.jpg
【画像4】私の担当はエリアC。地図だと、こんな感じ。

さて、集合時間になり、恵比寿駅改札口に集まった参加者は、総勢15名。

IMG_0023.jpg

IMG_0020.jpg

当日はかなりの猛暑日で、年輩の方もおられ、熱中症の心配もありましたが、ポスティング開始から1時間ぐらいで、急に空が曇りだし、ゲリラ豪雨に見舞われました。

私達の班は、商業エリアを、ざっと配り、最後に防衛庁宿舎に撒こうと移動中に、大雨に降られ断念することに…。
皆、ゲリラ豪雨に翻弄されたようですが、唯一、KGSさん班だけは、用意されたチラシを、あっさり配り終えて、いち早く合流地点に戻ってきていました。

その後、二次会で、コミケ会場で配布する、11月のデモ告知チラシのデザイン最終決定も行われ、今回のポスティング参加者の方も、デモ準備に協力してくれることに。

心強いメンバー加入で、着々と、「集団ストーカー犯罪撲滅」デモの準備が進んでいます!

デモ開催日時等の詳細が決まり次第、ACPサイト(▼下記URL)より告知致します!
http://acpnihon.blog.fc2.com/

ジャムマン1ACPサイト用
イラスト: ジャムマン様

automaACPサイト用
イラスト: automa様

にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。