現在の派遣先に勤務してから、ようやく一ヶ月経過しました。
同時入社した新人が何人も辞めてしまいましたが、私の方は、来月の雇用契約継続も決まり、一安心という所です。

相変わらず、平均睡眠時間は3時間弱ですが、離職中にも、実質睡眠時間は変わらず、自宅にいる方が身体攻撃も激しいので、現在の方が気持ち的にも楽っちゃ楽ですね。


それでは近況報告を。

8月7日(日)
SDH定例会に参加してきました。
定例会の会場に近いので、午前中は靖国神社に向かい、遊就館にて8月限定上映作品の
『樺太1945年夏 氷雪の門』を視聴してきました。



この作品は、玉音放送後の樺太。ソ連軍が迫る中、最後まで電話交換手業務を続けた真岡郵便電信局の電話交換手だった9人の乙女の最期を中心に、ソ連による南樺太侵攻の史実に基づく映画です。
企画・制作に9年をかけた作品にも拘らず、公開10日前になって上映中止となり、その後、九州と北海道(札幌以外)のみで上映された幻の作品だそうです。

伊丹十三の遺作である、「創価学会タブー」がテーマの作品も、公開中止に追い込まれてますが、この作品の上映中止もソ連からの圧力があったようです。
不都合なものは、力で封じてしまおうという左翼の本性こそ、連中が吹聴しまくる「残虐な日本人像」そのものですわ。




「大東亜戦争(太平洋戦争)は日本人が一方的に世界に対して侵略を開始した」「日本人の本性は残虐だ」なんてふざけたこと言ってる連中は、この作品を観たとしても、通州事件、シベリア抑留、北朝鮮拉致問題に対しても日本人が悪いからと、ほざくんでしょうね。

それはさておき、8月末までの限定上映なので、興味のある方は遊就館に足を運ばれてみては?

8月12日(金)
コミケ開催初日ということで、通勤時間を30分早めましたが、それでも、カート引いたコミケ客が満杯で、りんかい線の混雑は凄まじかった・・・。

8月12日 7:48

この日は、通勤が一番疲れた・・・。

8月13日(土)
お盆なので家族でお墓参りしてきました。

8月21日(日)
【女性のための憲法カフェ 相模原たちばなの集い】に参加してきました。
地元の公民館で開催されたので、会場に行くのがとても楽でした。
「たちばなの集い」の参加は2度目なので、既知の内容ばかりでしたが、災害時の緊急事態条項の必要性など、素人の女性でも分り易い構成なので、憲法問題に無関心な一般人にこそ、参加してみてほしいです。

最後に、最近読んだ本の紹介です。

「ジャパニズム32号」が発売され、読み始めた矢先に、図書館でリクエストしていた「朝鮮雑記~日本人が見た1894年の李氏朝鮮~」が届きました。

まだ読み途中ですが、「朝鮮雑記」は、めっちゃ内容が分り易く読みやすいです。
19世紀末期の記録なのに、今とまんま変わらぬ朝鮮人の考え方、本質には怒りを通り越して呆れるやら…。
読了後の感想は次回レビューします。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

6月26日(日)

日本会議神奈川・相模原支部の定期総会・記念講演会に参加してきました。
当日は、日本会議神奈川(本部)の総会と日程が被ってしまい、横浜会場と此方で参加人数がバラけてしまいましたが、それでも、遠く船橋から来られた方もおられて、なかなかの盛況でした。

特別講演の講師は、藤井 厳喜先生でした。(国際政治学者 ニュース女子(TOKYO MX) チャンネルAJIER チャンネル桜などに出演)

講演のテーマは、「揺らぐ大国アメリカとどう付き合うか」でしたが、主題の前に、最近の時事問題、イギリスのEU離脱・パナマ文書に関して語っていただきました。

EU離脱問題の講演内容は、チャンネルAJERの動画でも語られていますので、是非とも、ご視聴を。

藤井厳喜『英国EU離脱大歓迎論:国家を取り戻すNeo-Nationalism①』AJER2016.6.30



EU離脱の関しての先生の見解は、マスゴミで反対意見とか、日本経済に大打撃という偏向報道とは逆で、最近のニュースUS記事と相違ない意見だったので、安心感が増しました。

EU離脱の理由が一目で解る画像
↑むしろ、この画像が一番、共感・納得できるでしょ。

イギリスは昔は工業大国のイメージでしたが、今や投資・金融業が中心で、ダイソンぐらいしか有名メーカーが無いとのこと。
投票直前まで残留派が優勢と言われていた理由についても、世論調査を行ったのはシティが中心で、シティ在住者の大半は投資・金融家中心。つまりEUでメリットを享受している側(移民も含む)を中心とした世論調査なので、実際のイギリス全土に暮らす昔ながらの国民の大半は、漁獲高の制限などの勝手なルールを押し付けられ、漁師などの地元労働者が、大勢、失職する羽目になっているそうなのです。

日本にとっては、一時的に円高で日本経済は悪化しますが、長期的に見れば保守派にとってはグッドニュースだそうです!

…と、こちらの話題が盛り上がりすぎて、主題である「揺らぐ大国アメリカとどう付き合うか」の講演時間は短縮されてしまいましたが、講演内容で印象に残ったのは「ローマ帝国時代のアテネでは、実際に国防を担う兵士にしか参政権が与えられなかった。」

売国政治家が、自衛隊批判や日本の国体の破壊を目論んでいますが、国防を担う者の意見こそ、より強く国政に反映されるべきですよね~。

・・・ところで、数年前の祖母の葬儀の時に初めて知りましたが、私の遠い親戚にも自衛官が居ます。
国防の為に一生懸命に働いているのに、「人殺し・暴力装置」扱いされずにすむ様、彼らの地位向上の為にも、「憲法改正」を成し遂げたいですね。

その後、著書にサインを頂いたり、藤井先生を交えた懇親会も盛り上がり、最後に「同期の桜」を皆で歌って終了。
めっちゃ充実した一日でした!


最後に、選挙前ということで、私が個人的に応援している候補者の政見放送を。

【日本のこころを大切にする党】参議院比例区 西村真悟


【東京都選挙区 維新政党・新風 鈴木信行 政見放送】


神奈川県民の私は、鈴木 信行氏に投票できませんが、都内在住の方は宜しくお願いします!

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村



恒例の5月の『テクノロジー犯罪周知デモ』も無事終わりました。
少し余裕ができたので、駆け足で滞っていた保守イベント参加報告を。


2月20日(土)
関内ホールにて、『今こそ憲法改正を!神奈川県民大会』に参加してきました。





相変わらず、政治家や著名人が多数参加する保守イベントなので、講演も聴きごたえがあります。
この日の、講師は、櫻井よしこ氏、百地章氏でした。
百地章氏の駄洒落を交えた講演に、クスリと笑わせてもらいました。



2月28日(日)
恒例の『靖国神社清掃奉仕活動』に参加。
生憎の天気予報で、昇殿参拝だけで終了するかと危惧しましたが、集合時間には、お天気も回復しました。
当日は、久々にちびっ子三兄弟が参加していて、掃除しながら、つい和んでしまいました。



3月26日(土)
土曜ですが年休消化して、「舛添都知事リコールデモin新宿」に参加してきました。

【実録】舛添都知事リコールデモ 2016/3/26 新宿 ダイジェスト版


舛添都知事リコールデモin新宿 デモ行進前の様子 しばき隊暇な三流を動員


恒例のプラカード紹介




『舛添都知事のリコール要求』が趣旨なのに、何故か、
しばき隊が出現し、「ヘイトだ!」「差別だ!」と騒ぎ立ててきました。

……舛添都知事批判の、どの辺が、おまエラへの差別なのか、意味わからん?

正しい日本語、学んで出直して来い!ボケ!おこった

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


またまた更新から間が開いてしまいました。
とりあえず、ここ数か月の近況については、写真撮影してあるイベントから、ざっくりご報告します。

・・・2ヵ月以上過ぎてしまいましたが、まずは、2月11日(祝)に横浜で開催された建国記念日のイベント報告から。

 「建国記念の日 記念講演会」 日本会議神奈川主催

◆演題 「建国記念の日に思う」
◆講師 國武 忠彦 氏

(昭和音楽大学名誉教授/元神奈川県立高校校長/高校歴史教科書「最新 日本史 -日本人の誇りを伝える-」の著者の一人)


第一部の奉祝式典では、多くの政治家・保守団体関係者からの祝辞の挨拶があり、
まずは 三原じゅん子 参議院議員(自民党)が壇上に立たれました。

fc2blog_20160215143300de6.jpg

元神奈川県知事の 松沢成文 参議院議員も登壇。

fc2blog_201602151433264dc.jpg

文教科学委員会としての立場から、18歳選挙権改正により、自国の歴史を学ばず、日教組に自虐史観を植え付けられた日本の若者が、反日メディアの影響を受け、SEALDsのような共産主義者に唆されることに危機感を持っていると語られました。

最近の高校生は、世界史は必履修科目ですが、日本史か地理は選択制なので、日本史を全く学ばず、「中国と戦争したことすら知らない」で卒業し、大学生や社会人になる人も多いそうなのです。
今後の対策として、2020年度を目標に、高校の地理・歴史の必履修科目に、日本史を加えるよう、文科科学委員会として動いているそうです。

(※高校の地理歴史の必履修科目:「世界史A」及び「世界史B」のうちから1科目、「日本史A」、「日本史B」、「地理A」及び「地理B」から1科目、計2科目を選択)


第二部は、國武 忠彦先生による「建国の日に思う」と題した「古事記」にまつわる話でした。

fc2blog_20160215143458fb1.jpg

 


講演内容については、以前、竹田恒泰氏の「現代語 古事記」を読んでいたので、すんなり理解できました。
・・・これを、事前に読んでなければ、難しかったかも・・・。

今回の講演会の感想ですが、松沢元神奈川県知事の高校「日本史を必履修科目」にという話が一番の収穫でした。
自虐史観からの脱却も、ちゃんとした歴史教育が行われてこそです。
小学校の道徳教育の教科化についても、日教組共が「戦前教育の復活」と反対しています。
イジメが社会問題化している中で、真っ先に教えなければならないが「道徳」でしょうが!

最近、日本共産党系≒民青系下部組織「SEALDs」の奥田愛基氏がこんな発言してました。




・・・日教組に洗脳された成れの果てですね。

くれぐれも、こんな風にならないように、気を付けましょう!

・・・っーか、大人は「余命三年時事日記ハンドブック」こそ、なにより読んでおくべき教科書だと思う。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村





前回の更新から、大分間が開いてしまいました。

とりあえず、駆け足で1月17日(日)に参加したイベント報告から。


1月17日(日)

靖国神社崇敬奉賛会主催のシンポジウム
「生きるということ 科学的視点から見た歴史と祈り」に、参加してきました。

月刊正論2月号にもイベント告知広告が載っていたので、ご存知の方もいるかな?


第一部 基調講演の講師は、「武田 邦彦氏」

※中部大学教授、著書「NHKが日本をダメにした」「図解版 武田邦彦の熱血講義 誤魔化されている5つの真実」
テレビ番組「やしきたかじんのそこまでいって委員会」「さんまのほんまでっかTV」「たけしのTVタックル」などに出演。


武田氏の講演内容は、大東亜戦争時代の歴史から始まり、昨今の国際情勢や、地震大国日本の状況、日本の国民性など、多岐にわたる内容を、毒を交えつつ語られていて面白かった。

初めに、大東亜戦争以前に欧米列強がアジア諸国に行っていた植民地支配と、日本が行った台湾、朝鮮併合時の統治の違いについて説明され、特定アジア(中北韓)三国の主張の矛盾について話されていました。

日本とシャム(現タイ王国)、エチオピア以外は全て欧米の植民地にされ、現地人が奴隷のように扱われていた時代、日本は、アジア各地を植民地支配している欧米側と戦ったのであって、アジア諸国を侵略する為に、現地人と戦った訳ではない。(欧米列強側に味方した、「中国」と戦い、当然、華僑と交流のある現地住民ら反抗勢力と戦った事実はあったが。)

日本は敗戦したが、日本の敗戦後に、アジア民族が、それぞれ独立を果たし、「アジア各地から植民地支配・人種差別」を無くした功労者であることを語られました。

(…この辺は、井上和彦氏の著書「日本が戦ってくれて感謝しています アジアが賞賛する日本とあの戦争に詳しく書かれています。←必読!)

一番、納得したのは、

アジア民族の中で、唯一白人側に付いたのは「中国」だけである。

…でした。

「日本はアジアに謝罪しろと言いながら、何故、中国・北朝鮮・韓国の三国以外との交流は軽視するのか、パラオやトルコなど親日国の報道や、ダライ・ラマ14世の訪日等は、TV報道しないのか?」

・・・なんて、疑問を投げ掛けられた時にピッタリ。目からウロコの模範解答

「中国だけが、白人側に付いてアジア民族の植民地支配に加担した‟アジア民族の裏切り者”だから」


因みに、この日に購入した、「図解版 武田邦彦の熱血講義 誤魔化されている5つの真実」の
第1章「太平洋戦争の真実」 Part2「白人のアジア蔑視を認めていた中国」に図解付きで載っています。


第二部 質疑応答には、「髙橋史朗氏」明星大学教授が、質問の聞き手役として壇上にあがられました。

髙橋史朗氏は、余命ブログで、「2016年の9人のキーマン」の一人に挙げられています。
今年の活躍に期待が高まりますね!

※藤井実彦、藤木俊一、山本優美子、鈴木規正、トニー・マラーノ、谷山雄二朗、高橋史郎、ケント・ギルバード、杉田水脈(敬称略)



ここからは、ここ数ヶ月の近況です。

繁忙期がようやく終わりましたが、仕事やら検査通院やら大忙しで、なかなか纏った時間が取れません。
仕事の休憩時間に、保守系の雑誌・書籍の読書&スマホゲームだけで手一杯。

…それはさておき、余命ブログ『407 労働組合思考』の記事にある「騙され飼いならされた労働者の救い方…」

「…これ、ぶっちゃけ、私が勤務してる職場じゃないの?」

http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2016/01/03/407-%e5%8a%b4%e5%83%8d%e7%b5%84%e5%90%88%e6%80%9d%e8%80%83/

とりあえず、公共交通機関利用時には、余命などの保守系書籍や、正論やジャパニズム等の雑誌など、読書という形でのさりげない周知宣伝を行ってますが、最近は職場の休憩時間中に、「ジャパニズム」の労働組合特集をこれみよがしに読んでます。


前号は、「弱者という名のモンスター」特集で、注目記事は、坂東忠信氏の外国人移民犯罪とその病原(前編)の他、
「新しい労組~ユニオンが破壊する日本の労働観」「労働組合の弊害」。
今月発売の29号は「共産党の正体」特集で、杉田水脈さんの、「共産党系労働組合のおかしさ」という記事が載っています。

あまりの多忙に、街宣やポスティング活動に時間を回せない中での、ささやかな抵抗活動で~す。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村