今回、リブログする記事は、集団ストーカー被害者には、とても参考になると思います。



風評被害、レッテル張り、関係者や取引先への妨害...。

創価学会が主体であるとか、CIAやアメリカが主体だとかに、囚われている被害者さんにも読んで欲しい。

私個人は、平和・人権・福祉国家を目指した経済統制、家族制度の破壊と、国家観の否定を掲げる、ワン・ワールド系の全体主義思想こそが、真の敵であると考えています。

創価学会の教えも、コミンテルンのテーゼも、大差無い。

平和・反戦を謳いながら、敵対者への暴力を推奨する。
根っこの思想は同じで、異論を認めない好戦的な体質です。

異論を唱える者は、人間ですらない。




敵対者を、攻撃する事は正義!

そんな身勝手な正義感で動く、議論すら成り立たない連中を、駆逐する為には、インテリジェンス(諜報能力)を磨く事が、最優先だと思います。


役所等に周知活動する前に、読んでおくべき一冊


「女子のインテリジェンス」
(川添恵子・杉田水脈)







にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

10月31日(月)

金曜日から体調を崩し、本日、堪え兼ねて会社休んで病院に行ったら、肺炎と診断。
北里大学病院への入院を強く勧められました。



…返事は当然



…北里大学に入院しようもんなら、肺炎が治っても、血糖コントロールが安定するまで退院させてくれず、2~3週間は拘束させることうけあい。(2度も経験済み)
おまけに、同病室にやたらザイ臭い輩とナマポ患者が入院してくる率、激高
(3~4日程度で、入れ代わり立ち代わり病室移動してくる。)

体調悪いときくらい、「ナマポン」にもアカい老人」にもイライラさせられず、ゆっくり療養したいねん。



…で、毎日通院して抗生物質の点滴を受ける事を条件に、自宅で絶対安静となりました。


…欠勤してる罪悪感もあって、普段の終業時刻までは、ひたすら自戒の為、安静に過ごし、午後6時以降は、読書とスマホという相変わらずの日常です。


今日は、10月30日に発売したばかりの新刊

「昭和天皇物語(1)」を読みました。


とりあえず近況報告まで。


多忙に体調不良も相まって、なかなかブログ更新出来ない為、当分は、オススメ記事のリブログ中心にさせていただきます。

※FC2ブログでは、当該記事は、以下のリンクから閲覧ください。

https://ameblo.jp/kujirin2014/entry-12321688844.html




にほんブログ村

多忙のため、おすすめ記事のリブログにてお茶を濁させていただきます。

※FC2ブログでは、当該記事は、以下のリンクから閲覧ください。

https://ameblo.jp/sikihanana156/entry-12321452810.html




にほんブログ村

…最近、しばき隊界隈・共産党系左翼の動きが活発になってきました。
選挙前ともあって、敵対者攻撃・レッテル貼りに必死なようです。

これは、集団ストーカー被害者にも知っておくべき、三島由紀夫の「反革命宣言」からの一節です。
特に赤字にした部分に注視してください。

三島由紀夫「反革命宣言」


戦後の日本にとっては、真の民族問題はありえず、在日朝鮮人問題は、国際問題であり、リフュジー(難民)の問題であっても、日本国内の問題ではありえない。

これを内部の問題であるかの如く扱う一部の扱いには、明らかに政治的意図があって、先進工業国における革命主体としての異民族の利用価値を認めたものに他ならない。※新潮文庫『裸体の衣装』初版306頁

敗戦によって現有領土に押し込められた日本は、国内に於ける異民族問題をほとんど持たなくなり、アメリカのように一部民族と国家の相互関係や民族主義に対して国家が受け身に立たざるをえぬ状況というものを持たないのである。(略)従って異民族問題をことさら政治的に追及するような戦術は、作られた緊張の匂いがする(略)

左翼のいふ、日本における朝鮮人問題、少数民族問題は欺瞞である。

なぜなら、われわれはいま、朝鮮の政治状況の変化によって、多くの韓国人をかかへてゐるが、彼らが問題にするのはこの韓国人ではなく、日本人が必ずしも歓迎しないにもかかはらず、日本に北朝鮮大学校をつくり都知事の認可を得て反日教育をほどこしているような北朝鮮人の問題を、無理矢理少数民族の問題として規定するのである。

彼らはすでに人間性の疎外と、民族的疎外の問題を、フィクションの上に置かざるを得なくなってゐる。

そして彼らは、日本で一つでも疎外集団を見つけると、それに襲いかかって、それを革命に利用しようとするほか考えない。

たとえば原爆患者の例を見るとよくわかる。
原爆患者は確かに不幸な、気の毒な人たちであるが、この気の毒な、不幸な人たちに襲ひかかり、たちまち原爆反対の政治運動を展開して、彼らの疎外された人間としての悲しみにも、その真の問題にも、一顧も顧慮することなく、たちまち自分たちの権力闘争の場面へ連れていってしまふ。


三島由紀夫「反革命宣言」より






それにしても、現在まで続く社会問題を、45年以上前に的確に批判しているのが凄すぎる!


やたら「人権!」「平和!」を唱える連中ですが、戦後の重大事件史を知れば、多くの凄惨な事件を起こしてきた詐欺・テロリスト集団に過ぎず、連中の云う「人権」という言葉が欺瞞に過ぎないことは一目瞭然です。

…そして、連中が今、革命に利用しようと手を伸ばしている疎外集団には、私達、集団ストーカー被害者も含まれています。

NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク等の被害者団体にも、こう言った連中が理解者・協力者を装って接触してきて、「脱原発」や「特定秘密保護法反対」「安保法制反対」運動等の、反政府・共産思想の左翼活動に誘導しようとしてきています。

流石に、昨今のNPOテク犯ネットへの左翼誘導・反体制への誘導工作には、我慢ならなくなってきました。
この一年、定例会は、仕事や他の保守イベントを優先していたので全く参加出来ませんでした。
そもそも二次会での被害者同士の交流が目的で参加していたので、会自体に、被害解決までのサポートを期待している訳ではなかったのですが、会員にACPデモへの参加自粛を求めたりと、逆に被害解決の足枷になってきてしまいました。

まぁ、日弁連第二弁護士会館の左翼弁護士が講演し、共産党系パヨク利権団体「公益社団法人自由人権協会」らが特定秘密保護法の学習会に誘ってくる時点で、「正直、もうこの団体とはやっとれんわ~。」・・・って感じでしたが。

特定秘密保護法反対デモなんかも行っていますし、被害者ビジネスを利権にしている連中に、まんまと乗せられて、まさに革命に利用されちゃってます。(左寄りイベントは完全に不参加。)

やたら会の方で、スノーデン氏を推すけど、当時の朝日新聞紙面では、まるで英雄扱いのスノーデン上げ報道が展開されていたので、私個人は全く信じていません。(反日メディアは、真実を見極めるバロメーターです。)
大体、共産・社会主義国家に亡命を図ってる時点で、信用ならねぇだろ…。(アメリカも信用出来ないけど)

そろそろ更新時期ですが、名ばかり会員で年会費だけ払うのも無駄なので、今年でもう退会しようと思います。


私は、前職場の労働組合の反基地運動・パヨク活動報告や民主党議員のチラシが掲示板に貼られているのに嫌気がさしたのも、離職理由の一つだったので、NPOテク犯ネットを退会後も、独自に保守メインの活動にシフトすることにします。

皆様も、左翼の革命闘争に利用されぬよう、気を引き締めていきましょう!


《参考サイト》
『連合赤軍事件スクラップブック』 http://ameblo.jp/shino119/

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村 ←まずは、ポチッとお願いします。


2015年11月22日(日)

『集団ストーカー撲滅デモ in渋谷』が、開催されました!

とりあえず、ダイジェスト版動画をご覧ください。



今回は、代表者のサンライズマンさんのおかげで、警察裏金告発者・警察による集団ストーカー犯罪について講演活動を行っておられる、警察裏金告発者:大河原宗平氏を、スペシャルゲストとして、お呼びすることが出来ました。

出発前には、大河原氏のご挨拶で参加者を盛り上げていただき、寒空の下、ようやく出発。
用意した横断幕が長すぎて、デモ隊の最前列に配置できないというハプニングもありましたが、曇天の中、参加人数は54名(最終確認時)と、なかなかの人数が集まってくれました。

私は、コーラー参加、撮影補助班として参加。

前回は、コール読み上げ中にゴール地点に到着して、途中で終わってしまいましたが、今回は、皆がコール文を短く抑えたので、各コーラーが2巡するぐらい余裕のタイムスケジュールでした。

撮影補助の方は、出発して早々に、デジカメの記録容量が無くなってしまい、撮影断念して隊列に加わりました。

終了後は、懇親会がありましたが、私の方は、前日の残業でロクに寝ておらずキツかったので、参加は辞退しました。
…大河原氏と懇親会で色々とお話ししてみたかったのに…残念です。

帰宅途中に駅前の、家電量販店に立ち寄り、ウェアラブル活動計「fitbit chargeHR」(ブルー)を購入しました。

まぁ、毎度のことですが、この手のイベントの後は仕返しとばかりに、身体攻撃が激化する傾向にあり、特に心臓への攻撃と睡眠妨害が顕著なので、防御策として睡眠計と心拍計の機能が備わったタイプを選択しました。
自動的にスマホやPCとワイヤレスでデータリンクして、外部サーバーに記録を残せるのも、安心感があります。



そんな訳で、fitbit使い始めて、早3週間、勤務日は、内勤の割に歩数も多く、摂取カロリーより消費カロリーが多く、どうりでなかなか体重が増加しない訳だ…とか、生活リズム全般を見直すきっかけとなっています。

…で、肝心の心臓への攻撃に関しては、あれから数回、強い衝撃を感じることがあったぐらいで、その時刻と最高心拍数も、グラフに記録として残されています。

これはハイテク被害者には、おすすめかも!(私はiPhone6 plus&PCに同期)
ローテク被害にも、睡眠計機能があるので、睡眠妨害された時刻が記録されますので、なかなか使えますよ。

…難点はバッテリーの持ちかなぁ。


話題が逸れちゃいましたが、デモのコーラー個別動画は、動画職人tokeさんが編集に奮闘中!
アップされたら、ブログにて紹介しますので、ダイジェスト版の拡散&応援を宜しくお願いします。

当日の参加者様、遠方から応援やネット告知拡散に協力してくださった皆様、そして他のデモ実行委員メンバーに、改めて御礼、申し上げます!

《関連サイト》

警察正常化協議会(警正協)
http://keiseikyo.blog.jp/

Fitbit Charge HR™ ワイヤレス心拍計・活動量計リストバンド
https://www.fitbit.com/jp/chargehr

にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村