にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村

2月3日(月)に、昨年末に、情報開示請求決定通知書が来たので、横浜市関内の県政情報センターまで警察相談受理・処理票の写しを受け取りに行ってきました。

開示結果の写しは、県警本部から送られてきた開示決定通知書を持参し、直接本人が足を運ばなければなりませんが、
ぶっちゃけ、都内(新宿・飯田橋近辺)より遠く交通費も掛るので別の用事がある時にでも、と後回しにしていましたが、5日から、パート勤務が決まり、平日の来庁が困難になるので、取り急ぎ横浜まで。



県政情報センターに到着し、個室に通され数分待っていると、担当官が来て、交付費用として、コピー代金2枚分(20円也)を支払い、行政文書の写しと領収書を手渡され、即、終了。

これだけの為に、高い交通費や時間を掛けるのは、馬鹿馬鹿しいが、仕方ない…。

受け取った警察相談受理・処理票は、案の定、警察が「いかにマトモに被害者の話を聞かないか」が判るシロモノでした。

因みに、この相談時は、『NPOテク犯ネット』のチラシやICレコーダー記録、ビデオ撮影記録、客観的資料を持参し、被害概要説明前に、同じ様な被害を訴えている被害者団体が複数存在していること、過去の相談時には、チラシ等の資料を受け取ってくれ、自宅まで確認の電話をした」対応だったことも告げた上、自分の被害を語ろうとすると、「誰が貴方に何の目的でやっているの?」「そんな話は一度も聞いたことが無い」「精神科を受診してみたら?」の一点張りで、NPOチラシすら受け取り拒否されました。

因みに、被害の説明が理論的に出来ない被害初期のパニック状態の時、家族に強制的に精神科に通院させられましたが、
精神科医の初診では、問診3分もしない内に、『統合失調症』と診断され、大量の向精神薬が処方されただけ。嫌がらせされていてストレスを抱えている事を説明し、嫌がらせ証拠写真などを持参しても、上記の警察官と同じ「誰が貴方に何の目的でやっているの?」と、お馴染みのマニュアル的台詞の後、資料にチラリとも目を通さず、『統合失調症』扱い。

…無差別テロなんだから、巻き込まれた理由なんか知る訳ねーだろ!(魂の叫び!)

当時は、医療利権すら絡んだ組織的犯罪だと知らず、脳波とCTR検査で犯罪の証拠が掴めないかという安易な考えや、睡眠妨害被害が酷かったので、体調を心配する親の手前、睡眠導入剤の処方箋目的で通っていました。

通院する度に、「ちゃんと薬は飲んでいるの?効いてない様なので、もう一錠増やします。」
…と、どんどん薬ばかり増やされるわ、患者を見下すような対応で、脳波とCTR検査の結果を聞いても、詳しい説明はせず、異常はないと言われるだけ。
処方された薬は、睡眠導入効果すらなく、服用する度に、どんどん具合が悪化し、ベッドから起きる気力すら無くなり「このままじゃ薬漬けで、生ける屍にされる」と、別の病院を受診してみたものの、その病院の2回目の受診の際、
「北里東病院の吉田先生は立派な先生でしょ?仲直りしたほうがいいよ。北里に手紙を書いておくから。」
…と、此方の病院に転院した理由は、「単に自宅から近いから」と話しただけなのに、何故か「北里の先生と仲違いしたこと」にされている上、患者の意向も聞かず、勝手に北里へ受診する手続きしたりと、胡散臭すぎる対応でした。

(…その辺のことは、過去の記事参照ください)

その辺の病院関係者の不審な対応について警察官に相談したものの、この結果(下の画像参照)ですよ。

警察相談受理・処理票 裏面
▲ 表側は住所や家族名など個人情報満載なので、裏面の「処理結果の概要」のみ画像掲載

コレを受け取る為だけに、高い交通費や時間を費やしたかと思うと腹が立つので、隣駅のランドマークタワーまで足を運び、ポケモンセンター横浜で、ご当地ピカチュウグッズを購入したり、ウインドウショッピングを満喫して帰りました。


▲ ポケモンセンター横浜(ランドマークタワー4F)

自分のハンドル名は、ブログ開設前・集団ストーカー被害者の会ネット入会申請した頃、丁度、「ポケモンB/W」発売前で、発表されたばかりの新ポケモン「ビクティニ」が可愛かったから「なんとなく」名付けただけなんですが、この名との付き合いも思いの外、長くなりました。



…ところで、現在、都知事選で舛添当選の悲報が入ってきました。

これで、全国警察のトップ、警察庁(公安)の予算を、左翼・創価学会の息の罹った奴に握られ、被害解決が益々遠のきそうです。(血の涙)

明日の朝は、悪路で自転車通勤が出来そうになく、早めに家を出なきゃならないだろうし、落胆が激しいので、もうフテ寝します…。

にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村

昨日は、SDH会員6名で、神奈川県警訪問活動をしてきました。

県警本部到着後、建物内に入る前に、守衛さんに用件を聞かれ、犯罪被害相談と要望に訪れたことを伝えましたが、予約が無いから大人数での相談は受け付けられないと断られ、2名のみ入室可能と言われました。

一昨年までは、入り口前で守衛に呼び止められる事も無く、アポなしでも、受付まで普通に入ることが出来、受付で、用紙に訪問目的と訪問者名を記載。代表者の身分証明確認の後、ロビーで担当者が呼びに来るまで待機。
その後、相談室に通される…という流れでした。
今年の2月にSDHの副理事達と訪問した時は、建物内に入る前に、やはり守衛に呼び止められ、訪問理由を聞かれ、受付で「相談は30分以内」などの注意書きを提示されたり、初めて訪問した時とは大違いの対応でした。

とりあえず、相談時間制限は30分の筈なので、最初の相談者が終わったら、次の2名も…という風にお願いし、寒空の下、県警本部前で待機していたのですが、先に入室した2名が相談を終えて出て来たのは、1時間以上過ぎてからで、今日はもう時間だから、他のメンバーの話を聞くのは無理だと言われ、そのまま帰される羽目に。

結局、事前に用意していった要望書や資料も、受け取り拒否されたし…。

同行メンバーは、毎回、違いますが、訪問する度に、どんどん胡散臭い対応になっていってますね。


その足で、皆で、県民情報センターに立ち寄って、この日の相談票の個人情報開示請求を行い、ついでに、私が個人的に所轄の相模原南署で行った被害相談記録の情報開示請求も行ってきました。

相模原南署へは、2012年1月に相談に行ったきりで、オウム真理教の菊池容疑者に関する市民からの通報を無視したという曰くつきの場所なので、相模大野街宣の道路使用許可申請に訪れて以降、一度も近付いていません。


この日は、県警本部前に到着後すぐに、両足ふくらはぎに、肉離れのような激痛攻撃を受けました。
ふくらはぎに、浮腫みや痣など目立った外傷はなく、お風呂でマッサージしましたが、1日経った今も、痛みが治まっていません。

年末年始は、バイトの予定が入っているので、それまでに治まっていると良いけど…。

肉離れ攻撃は、久々なので、完全に油断してましたね。
道路を横断中にやられたら堪ったもんじゃないけど、県警本部前で立ち止まって会話していた時で良かった。
以前、同じ攻撃を受けたのは、ちょうど東日本大震災の直後の帰宅途中、自宅マンション前に辿り着いた時です。
マンションのカルト住民と集合ポスト前で出くわした直後の激痛で、こちらが、足を押さえて痛がってるのに、何事も無かった様子で、あの震災直後に平然と自転車で外出していったので、よく憶えています。

とりあえず、左翼が必至に阻止したがっていた特定秘密保護法案が、無事に通りました。
法案には国籍条項もあるし、これで、反日スパイ公務員が、少しずつ処分されてくれればいいですね。

特定秘密保護法案 反対派の過去の言動
最後にブーメラン画像! 尖閣ビデオ流出時は、こんな発言していたのにね…。

にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村


遅ればせながら、7月8日にツイート拡散したニュースサイトから転載記事です。

芸能界の裏事情なので、一見、自分達の被害には、無関係にも思えますが、芸能事務所関係からのメディア被害から、集団ストーカー被害が始まったという、顔見知りの男性被害者さんから、自分の被害に近いとのDMをいただきました。

同様の被害に遭われている方は、まだまだ居ると思いますので、元ニュース記事が消去される前に、転載しておきます。

「あいつを徹底的に追い込んでくれ」芸能界から消えたタレント、その“潰し方”とは- サイゾーウーマン(2013年7月8日13時00分)

 第一線で活躍していた芸能人が、ある出来事を境にこつ然として表舞台から消える。今の矢口真里の動きを見ていると、芸能界から着実に干されつつあるのがわかる。自身の積み上げてきたキャリアが一気に消し飛んでいく恐怖たるや、相当のものなのではないだろうか。

 そんな干され芸能人の中には、世間にはまったく知られることのない闇のグループの工作により、お茶の間から消されてしまった哀れな人たちもいる。

 日比谷のホテルで待ち合わせた50代半ばの小太りの男性T氏。表向きの顔はスポーツイベントやアイドルタレントの興行を取り仕切るプロモーターだが、中部地方で長年、某組織の代紋を預かる幹部でもある。

「この仕事を本格的にするようになったのは、平成に入ってからだね。主な取引先はバーニングプロダクションのS。彼とは昭和40年頃からの付き合いでね。俺も最初はビックリしたよ、Sが『どうしても潰したい芸能人がいるからTちゃん頼む! 死ななければ何してもいい!』なんて言うんだ。長い付き合いだから、むげに断ることもできないしね。どうやって追い込むか? まぁ俺たちが使う方法は、グループで行う典型的な脅しだな。それに『俺流』の効果あるアレンジを加えてるよ(笑)」

 バーニングのドンS氏の周りには、常にキナ臭いうわさが漂っている。T氏率いるグループは、そのS氏の闇の部隊ということなのだろうか。

■標的となった芸能人とは

「2003年末頃だったな、Hを潰してくれって言れてね。どうもSが目をかけていた女に手を出しちゃったみたいでさ、『あいつを徹底的に追い込んでくれ』って、そりゃとんでもない剣幕だったな(笑)。マチャアキの逆鱗に触れたって言われてるけど、あれは表向きの理由。実際は、Sの女を寝取った制裁的な意味合いが強かった」

 大御所の逆鱗に触れて追放されたHだが、その相手が堺正章ではなくバーニングのS氏だったとは……。

 その徹底ぶりは警察も顔負けである。

「まずは内偵。Hの個人情報は、ウチの表企業で顧問を依頼している県警OBからもらって、バーニングからは奴のスケジュールをもらって、スタジオの出入り、ロケ先まで完璧に把握する。俺のグループには通信機器の得意な奴がいてね、そいつにHの愛車に発信機つけさせたり、収録中に楽屋で携帯電話を拝借して、友人・知人の連絡先も確認させた。外堀を埋めた後は、実働部隊の出番だ」

■Hを追い詰めた手口

「まずはメールだな。お前の裏を知っている人間がいるんだ、ってことを知らせる。移動中に写真を撮ってメールに添付したり。彼がアドレスを変更した直後に、『変えても無駄だ』って送った時は、しばらく自宅から出てこなかったな。仕上げは交友関係から、最近付き合ってる女を突き止めてね、お楽しみのとこを押えさせてもらった。接触は最後だけだ、シンプルな質問をする。『表舞台から潔く消えるか、もっと不幸な目に遭いたいのか』、もうその時点で抵抗する奴はいないわな。え? どうしてそこまで徹底的にできるかって?そりゃギャラがいいからね(笑)。まぁ大手企業のCM制作費くらいはもらえると思ってくれよ。俺たちは、芸能人の最後を演出する裏プランナーみたいなもんだな(笑)」

 その後、Hが表舞台から一切姿を消したことは、皆さんご存じの通りだ。T氏は得意げに続ける

「最近だとKもSから依頼されたな。『俺のことをベラベラしゃべるバカがいるから、どうにかしてくれ』って。あいつの場合は本人へのアプローチはもちろん、直近でやろうとしていたイベントの関係先にも圧力をかけた。次々キャンセルになって、相当あいつの精神にこたえたらしい。最後はKの実家近くで本人に『あんた、疲れただろ? しばらく表舞台から身を引いた方がいいんじゃないのか?』って忠告したら泣き崩れたな(笑)。それから間もなくだ、無期限休養を発表したのは」

 やはり巷でささやかれていたバーニング激怒説が正しかったと確信すると同時に、S氏の敵対する者への容赦ない攻撃に背筋が寒くなる思いだった。

■女タレントの潰し方

「Iが事務所とギャラで揉めた時は、彼女がホストとベッドにいる写真を差し出して『お前もKみたいになりてーのか?』って言ったら効果てきめん。もちろん、そのホストを仕込んだのは俺だけどね。それだけで事務所の言うことを聞くようになったな。ま、俺、女には優しいから」

 バーニングは、資本力の低下した事務所に資金を提供する代わりに、系列、業務提携を持ちかけ吸収。その枝葉を伸ばし、いまや芸能界の最大派閥といっても過言ではない存在となった。この隆盛の一翼を担っているのが、T氏のような決して表に出てくることのない闇部隊の存在なのである。
(高須基三)

転載元: http://news.infoseek.co.jp/article/cyzowoman_20130708_3107512013?p=1



この記事で注目すべき点は、特定個人を追い詰める行為に、県警OBが加担しているのを暴露していることです。

「本当にワルイのは警察」寺澤 有(著)の6章では、警察からの個人情報流出について書かれています。

(108Pより、元警視庁巡査部長でジャーナリストの黒木昭雄氏(故人)談を転載します。

「私が現職のとき、しばしば上司から『個人情報を外部へ漏らすな』という注意がありました。それだけ同様の不祥事が、表沙汰にならないまでも多発していたわけです。しかし、警察OBを通じて個人情報が外部へ流れることは、いわば警察社会で慣習的に行われています。興信所などより、警察幹部がたくさん天下っている大企業のほうがたくさんの情報を得ていると思います。」



…この本の別の章には、警察の天下り先についても書かれています。

東京電力(関連子会社含む)、パチンコ業界(メーカー、ホール、プリペイドカード会社、換金会社、業界団体)、ソフトバンク、ゼンリン、日本マクドナルド、ヤマダ電機、JTB、ニフティ、大和証券、朝日新聞、三菱UFJニコス、プロミス、伊藤園、パナソニック、アデランス、学習院…etc

…北朝鮮の資金源・パチンコ業界や、ナンミョー企業が名を連ねていますねェ。
企業名の記載はありませんが、大手スーパーとも書かれていました。

集団ストーカー被害者にとって、真っ先に立ち塞がる障害が、国営暴力団(警察)ですね。(怒)


参考資料

黒木昭雄の「たった一人の捜査本部」
http://blogs.yahoo.co.jp/kuroki_aki

【風化させないために】 黒木昭雄氏の不可解な死 と 岩手少女殺害事件。
http://blog.livedoor.jp/bettycat530-shinjitsu/archives/7616536.html

にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村




最近、体調がすぐれず、ブログ更新が滞っています。
ちょっと時間が、空いてしまいましたが、先週の警察署訪問についての報告です。

先週の火曜日、6月19日(火)に、被害者数名で集って、神奈川県警訪問しました。
神奈川県警には、『NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク』が、昨年11月24日(木)に、陳情・街頭活動を実施しています。
定例会の資料に載っている活動報告によると、

広報県民課相談係の方は、当会(テク犯ネット)の訴えをよく理解しており、かなりの数の相談を受けている事が分かりました。特に夜間の電話相談が多く、被害がひどく眠れないため、電話される方が多いそうです。
相談者の電話は、相手が切るまで切らないそうで、この態度は、相談対応の全係員に徹底していると言っていました。
当方がアンケート調査に基づいて、個々に説明していくと、これも知っている、それも知っていると、本当に良く認識していたそうです。
この時に、県警本部宛の要望書、被害者400名アンケート集計結果、神奈川県在住会員の名簿、11名の被害概要報告を提出しました。


・・・で、実際に、私達が先週、広報県民課警察相談係の方に相談に行くと、

Q: 集団ストーカー犯罪・ガスライティングという言葉を知っていますか?
A: 聞いた事もありません。

・・・・でした。

ちなみに、SDHでも、各市役所宛の陳情・要望へ、「最寄りの警察にご相談ください。」との返答を受けており、その役所からの返答書のコピーを見せた上で、相談しました。

一緒に相談に来られたミズキさんが、加害に使われてると思われる、電子機器を扱った、通販サイトを印刷した物を見せ、こういった電磁波犯罪が容易に可能な事を説明し、また、探偵業者のチラシに、盗撮、盗聴・電磁波調査の項目がある事を指摘したりと、結構、理論的に攻めていきましたが、担当の方は、相槌を打つだけで、結局、分からない、こういった事には対応が難しいと、はぐらかされました。

最後に、NPOテク犯に相談結果報告書を提出する為、担当官の名前を聞いた所、以前、ミズキさんが、電話相談した時に応対した方だった事が判明しました!
その電話相談の際に、冷たくあしらわれた相手だったのです!

・・・これも、理事長が訪問した時の対応とは、大違いです!


ただ、複数で集って相談に行ったので、単身で相談に行く時と違って、即、精神疾患扱いして追い払われるような事は、ありませんでした。
・・・やはり、多人数で行くのは必須ですね。

明日25日も、被害者が集って、また神奈川県警を、訪問するそうです。
私は、明日は予定があって不参加ですが、皆が、頻繁に相談する事によって、「また集団ストーカー被害者が相談に来た!」と印象付け、警察官が動かざるを得ない状態を作る為、月1,2回は、連携して訪問しようとの事。

時間の許す限り、出来るだけ参加して、対策を練りたいですね。


神奈川警察相談先

045-211-1212 (代表)相談係


とりあえず、今後の予定としては、26日(火)に、花王デモに参加して、集団ストーカー防犯チラシを、撒いて周知活動してこようと思っています。


『第4期花王デモ告知』
6月26日(火)11:30集合、12:00出発予定。
集合場所:【坂本町公園】
(告知サイト)http://kaodoff.blog.fc2.com/blog-entry-179.html

『片山さつき議員応援デモ』
7月1日 (日)集合13:00 出発13:30
場所 柏木公園(新宿)
(公式サイト)http://netdemo.wiki.fc2.com/

こういった、デモの際の周知活動には、前例がありますので。

【フジTVへの抗議デモ終了後に集スト犯罪防犯チラシを捲く】

http://youtu.be/BtzWP-IfugE


今日、1月27日、相模原南警察署に被害相談に行ってきました!
私が到着したら、警察官集団が署前に集合していて、直にゾロゾロと署内に入って行きましたが、何なんだか?

DSCF0079_convert_20120127195732.jpg
相模原南警察署入り口前に集合している警察官

デジカメで撮影した証拠写真をプリントし、ICレコーダーに録音したデータ、ビデオ撮影したデータ、
集団ストーカー犯罪チラシや、各種資料を持参していきましたが、それすら見ようとせず、
ひたすら精神科への受診を勧めるという、お決まりの対応でした。
電磁波に関しては、警察では対応出来ない、現行法が無いからと、何度も聞かされた台詞ばかりで、
現行法にある、近所での付き纏いや嫌がらせに関してすら、対応してくれません。
用意した、証拠画像すら受け取ってくれず、持って行った物は、全部突っ返されました。

対応した警察官は、住民相談課の人で、他の課に通してくれすらしませんでした。
ネットに関するトラブルは、サイバー犯罪課、生活安全課が管轄の筈だし、そこの担当に廻すのが普通ですよね。

去年、相談に行った際には、「以前の(4年程)相談から時間が経っていますが。」と、言われて、こちらの記録が残っているみたいな対応だったのですが、去年の相談の受付受理番号を聞いたら、そんな記録は無かったと言われました。
去年は、自宅の父に確認の電話を掛けていたのに、その事実すら消されていました!

今回の担当の名は、警部補クラスではなく一般警官なので、個人名をネットで明かすわけには行きませんが、
一応、控えておいて、NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークに提出する報告書には記載しておきます。

本当は、一部始終をICレコーダーに録音したかったのですが、騒音などの音声データ証拠もこの機器に入っていたので、さすがにレコーダー2個は持ってないので、録音出来なかったです。残念・・・。

後日、電話で相談受理番号を聞いて、ブログにアップしようと思います!


それと、警察署を訪れたもう一つの目的である、道路使用許可申請を、して来ました。
相模大野駅前での街宣の申請の為です!

DSCF0080_convert_20120127195924.jpg
街宣予定地の相模大野駅前デッキ

2月は、午後の時間帯に空きが無かったので、3月17日~21日までを抑えておきました。
開催が近くなったら、ブログにて宣伝します!

Panasonic ICレコーダー シルバー RR-US300-SPanasonic ICレコーダー シルバー RR-US300-S
(2011/09/08)
パナソニック

商品詳細を見る