韓国「50人に1人」が創価学会会員 「倭色宗教」が「反日国」に受け入れられた理由- J-CAST(2013年12月29日11時08分)

池田氏に関する記事を掲載する最近の韓国雑誌

韓国人の50人に1人に当たる、実に100万人が、日本生まれの「ある宗教」に属している――というと、驚く人も多いかもしれない。

その宗教とは、「創価学会」だ。しかもその数は、日韓関係の冷却が続く現在も、なお増加傾向にあるという。「反日」ムードが色濃く漂う韓国で、創価学会は果たしてどのようにして拡大していったのだろうか。

2012年には池田大作氏の著書がベストセラーに

『ありがとう、韓国』――2012年9月、韓国の週間ベストセラーランキングに、1冊の本が名を連ねた。著者は創価学会の池田大作名誉会長だ。これまでの韓国に関する文章やスピーチなどをまとめたもので、最大手紙・朝鮮日報系の出版社から刊行、李寿成元首相が推薦の辞を寄せた。

日本ではあまり知られていないが、これに限らず、韓国の大手雑誌などには、池田氏の文章や談話などがしばしば掲載されている。最近でも、「月刊中央」「月刊マイダス」といった大手新聞社・通信社系の雑誌に、池田氏が相次いで登場した。

現在韓国SGI(創価学会インタナショナル)の会員数は約100万人で、海外会員175万5000人の半数以上を占める。いわば、日本に続く第2の拠点だ。人気コメディアンのチョ・ヘリョンさんやK-POPグループ「2PM」のウヨンさんなど、著名人の会員も少なくない。韓国全土280か所に施設(文化会館)を設け、首都ソウルの中心部には壮大な本部ビルも擁し、すっかり韓国社会の市民権を得たと言っていい。

だが、疑問が残る。韓国における「反日」の強さは、多くの人が知るところだ。現に10月、朴槿恵大統領がアシックスの靴を履いただけで問題になったように、日本企業もしばしばバッシングの対象になっている。実際、上述した『ありがとう、韓国』のベストセラー入りの際には、李明博大統領(当時)の竹島上陸・天皇発言の直後だったこともあり、韓国紙からは意外視する声も出た。

なぜそんな韓国で、「日本生まれの宗教」が受け入れられているのだろうか。

一時は「布教禁止」にもなった

韓国では1960年代の初め、在日韓国人の会員などを通じて創価学会の信仰が広がり始めた。しかし日本への反発から「倭色宗教」「歌う宗教」などとやり玉に挙がり、64年には「反国家的、反民族的な団体」として一時的に布教を禁止された。

そこからの「再起」の理由を、韓国の研究者は「教義が韓国人の考え方に合っていた」「一般信者も主体的に信仰へ参加できるスタイルが好まれた」などと分析する。一方、創価学会広報部は、現地会員の「粘り強い活動」を強調する。30年以上にわたり環境運動や災害救援、慈善バザーなどに力を入れ、単なる宗教ではなくボランティア団体として、じっくりと韓国社会での立ち位置を獲得したというのだ。

「10人中8人が『創価学会(SGI)』の名を知らないのに、その会員は100万人に達する」

池田氏を取り上げた「月刊朝鮮」も、その「静かな」拡大ぶりを驚きとともに紹介している。創価学会側は否定するものの、韓国内ではその「政治的影響力」を危惧する報道がされたことさえあるほどだ。

池田大作氏はなぜ韓国にこだわるのか

また池田氏が韓国を「文化大恩の国」「兄の国」と呼び、並々ならぬ思い入れがあることは一部では知られている。

特に「歴史認識」問題については、「どれだけ日本が貴国の人々に、非道のかぎりを尽くしたのか」と韓国人学者に語るなど、何度となく謝罪の言葉を繰り返すとともに、日本人が「正しい歴史認識」を持つことの重要さを説き、そして若い世代の民間交流の必要性を強く主張する。戦前、ソウルでの生活経験があった父親や、戸田城聖・創価学会第2代会長などからの感化だというが、こうした姿勢が韓国の識者層に好意的に受け止められる要因となっていることは間違いない。

もちろん、裏を返せばこうした「親韓」は、日本国内からは時に「反日」との批判を受ける。池田氏の年来の持論である在日韓国・朝鮮人への参政権付与にも、賛否両論は絶えない。

それでも――創価学会広報部の担当者は、「正しい歴史認識」が根本だ、という池田氏の考えを繰り返しながら、言葉を選ぶようにこう語った。

「両国の間にさまざまな緊張があることは、もちろん承知しております。さまざまな政治的な波風はあるかもしれませんが、それでも我々は、宗教の次元で、韓国との方々と揺るぎない信頼関係を続けていくことができると思っています」

http://news.infoseek.co.jp/article/20131229jcast20132193040?p=1



非常にわっかりやすいニュース記事を見つけたので、転載します。

教祖の池田大作(本名:成太作(ソン・テチャク)も出自が朝鮮人だしね。
…そりゃ教義も行動も、韓国の諺まんまなわけだわ。

『マンガ・嫌韓流』を読むと、韓国人の行動や思想が、集団ストーカー加害者達の特徴と一致していることに気付きますが、韓国国民50人に一人が学会員というのは、ある意味、納得ですよね。

…国民総ストーカー気質ってやつですか。

『マンガ・嫌韓流』を、ただの漫画と侮るなかれ!
一家に一冊、手元に置いておくべき教科書のような内容ですよ。

4863912471_01_IN09__SX497_SCLZZZZZZZ_V168653199_.jpg


相模大野図書館にも置いてあったぐらいなので、地元の図書館でリクエストを推奨します!


http://youtu.be/kGBHdlrxu_s


最近、年末年始の郵便局・短期アルバイトをしています。大量採用なので、普通に採用されて働けています。
連日、夜8時まで残業だけど、来年初旬は、懐が温かく過ごせそうです。
今日は久々のお休みでまとまった時間が取れましたが、ブログ更新は、今年はこれが最後になります。

来年も、マイペースに更新していきますので、宜しくお願いします。

皆様、良いお年を~♪

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

今回は、集団ストーカー被害者が知っておくべき情報として、朝鮮総聯の大罪より転載します。

転載元: http://bokumetu.o.oo7.jp/Hukuro_butai_.html

朝鮮総連の暴力部隊・ふくろう部隊の人間狩り P100


1960年代後半、金?植副議長が韓徳銖議長の後継者の最有力候補として、朝鮮総連の実権を握っていた。
その横暴な振る舞いを批判する反主流波に制裁を加え、粛清するために、金?植が創設したのが、俗に「ふくろう部隊」と呼ばれる組織。

「ふくろう部隊」は主に朝春(在日本朝鮮青年同盟)や留学同(在日本朝鮮留学生同盟)から人材を集めて組織された。

「ふくろう部隊」はエリート部隊で、特別に選ばれた人間だということでおだてられる。

「ふくろう部隊」は金?植直属の私兵みたいなもの。その主な役目は「宗派(反主流派、異端)狩り」と称する人間狩り
「ふくろう部隊」のメンバーは普段はそれぞれの職場にいて、普通に働いている。 しかし、いったん命令が下ると、緊急招集に従って、最優先で指定の場所に馳せ参じる。

「ふくろう部隊」には、文字通り夜行性の「ふくろう」として、昼間は工場で働いていて、夜だけ活動する。しかし、そうではなく、昼夜を分かたずに二十四時間働くものもいる。秘密工作の七つ道具を入れたカバンを手にして集合場所に行くと、責任者がいて、その指示に従う。これが活動の基本パターン。いつお呼びが来るか分からないから、ふくろう部隊のメンバーはそのカバンをいつも手元に置いている。
中国には紅衛兵があったし、北朝鮮にもいろいろな工作のノウハウがあって、「ふくろう部隊」はそれらを真似て活動していた。
「ふくろう部隊」の青年たちはこれを崇高な使命と信じて、その活動に全力を注いだ。

「ふくろう部隊」は、尾行などで得た情報を標的が所属する各職場などの学習組で自ら直接報告することはない。こうした情報は自分を直接統括する上部組織にだけ報告する。P101


P102
「ふくろう部隊」は尾行・監視など、盗聴、脅迫、暴行などの犯罪まで行って、金?植に敵対する総聯活動家を潰していった。殺人に手を染める場合もあったとも言われる。

ふくろう部隊の基本的なやり方は、朝からずっと、ひたすら相手をつけまわし、監視するというもの。相手が喫茶店に行っている時などは、近くの席に陣取ってこれみよがしに、挙手、投足を監視する。これで相手は相当に神経がまいる。

そして、尾行・監視の結果、今日はあいつはどこへ行って何をしたなどと、細大もらさず上部組織に報告する。その中で問題にできそうな材料があると、相手の職場の学習組に裏から手をまわして、「総括」の際の攻撃のターゲットにする。つまり、「いじめ」の標的にさせるのだ。具体的に総聯中央の担当セクションから、叩きたい相手のいる職場の学習組の責任者に誰それをこのように攻撃しろと伝える。責任者はこれに従って、議論を誘導し、標的にされた人物を精神的にまいるまで痛めつける。「泣くまでやる」というが一つの基準になる。

何も問題が見つからない時はでっち上げてでも、罪を作り上げてゆく。この時相手の本当の日常生活について熱知していることが生きている。相手が自分の「罪」を否定しても、まわりは信じてくれない。これを「組織思想事業」と言う。まさに現代の魔女狩りだ。

P103
これによって、除名されたり、中央本部から地方の傘下団体や事業体に左遷きれることもある。しかも、それで攻撃が終わるならいいが、そうはならない例が多い。

ふくろう部隊の活動は単なる尾行・監視にとどまらない。かって「ふくろう部隊」に、自転車のタイヤをキリで突かれたり、カミソリで切り裂かれたりしたことが何度もあったという人が大勢いる。無言電話や脅迫状も「ふくろう部隊」の常套手段の」一つだ。こうした嫌がらせの結果、精神病になるなどというのは普通で、心身をおかしくして失明や半身不髄になった人もいる。一番ひどい場合には、本当に何の問題もないのに、ひたすらつけまわされ、ノイローゼの末に衰弱死してしまった。こうしたことは在日朝鮮人の間では一部でよく知られている。

「ふくろう部隊」の攻撃にはこうすれば許してくれるという対応策はない。極端な話、死ぬか、金?植の都合で中止されるまで攻撃が続く。「ふくろう部隊」を殺人部隊暗殺部隊と呼ぶ人もいるが、こうした点から見れば、ふくろう部隊にとって「殺人」はけっして特別なことではないと言えよう。

しかも、昨日まで攻撃する立場だったのが、ある日突然一転して攻撃される側になることもある。きっかけは大体些細なことで、これといった.理由はない場合も珍しくない。

自分が「ふくろう部隊」であることは家族にも言ってはならない秘密とされていたが、多くの家族では秘密は厳しく守られてはいなかった。 こうした犯罪集団であるにもかかわらず、60年代から70年代にかけては、たいていの家族はそのことを心配しなかった。むしろ「お国(北朝鮮)のため」だと、誇りに思い、周囲に自慢しているふしがあった。
・・・・
しかし、こういう気持ちが強かったからこそ、金正日が拉致を認め、北朝鮮が朝鮮民族の「名誉」を汚す行為をしていたと知り、それをきっかけにしていま、裏切られたリアクションとして総連組織から離れる人が大勢でてきている。


--------------------------------------------------------------------------------

序章 消えたソナム荘―朝鮮総聯の闇
第1章 朝鮮総聯―その知られざる権力闘争の歴史
第2章 「学習組」と「ふくろう部隊」
第3章 朝鮮総聯拉致工作員
第4章 北朝鮮への送金工作
第5章 朝鮮総聯の原罪北朝鮮「帰国」運動
第6章 反日「民族教育」と朝鮮学校
資料

[要旨]
拉致問題、核兵器開発、ドル・円偽造など北朝鮮にかかわる問題は深刻だ。その“大使館”ともいうべき朝鮮総聯が担ってきた役割とはなんだったのか。金日成・金正日親子と総聯幹部、そして日本共産党、社会党、自民党の一部議員たちとの血塗られた関わり、北朝鮮隷属を固めていったその偽りの戦後史をいま、白日のもとにさらす。さらに緊張を増す日朝関係にあってその役割を明らかにした問題作。



この手口は、現在、「集団ストーカー犯罪」として、創価学会信者が踏襲し、今現在、日本中で行われています。
最悪な事に、信者の子供までもが、「人間狩り(主に純日本人狩り)」に加担している始末です。

多くの被害者は、朝鮮総連や朝鮮カルト宗教とは、一切、関わりもなく、他人より恨まれたり、狙われる覚えもないので、こういった異常犯罪に、自らが巻き込まれていることに気付かずに過ごしています。

ある日、唐突に、被害認識させられ、精神的、肉体的、経済的に追い詰められていきます。

転載記事の書籍は、2003年出版の古いものですが、読んでいると、被害内容に思い当たる部分があるでしょ?

我が家の自転車も、頻繁にパンクさせられたり、部品が盗まれたりしています。(怒)

被害認識当初の頃は、家族総出で外出し、自宅を数時間、留守にした隙に、無修正ポルノ画像を印刷したものが、私の机に入れられていたこともあります。(キモッ!)
当時、自宅では、プリンターはおろか、PCすらも未所持なので、家宅侵入されたのは明白ですね。

店舗や、交通量の多い車道とは離れた、中層マンションや一軒家の多い住宅区画に、平日の日中、不審な中年男性や、働き盛りの若者や、老婆が、手ブラでウロウロしているのが、日常風景になってしまいました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 犯罪被害へ
にほんブログ村     ← ブログランキング参加中! 応援クリックお願いします!


今回は、『アジアの真実・韓国人の民族性を表すことわざ一覧』より、引用させていただきます。

「女は三日殴らないと狐になる。」
「他人の牛が逃げ回るのは見ものだ。」
「他人の家の火事見物をしない君子はいない。」
「弟の死は肥やし。」
「梨の腐ったのは娘にやり、栗の腐ったのは嫁にやる。」
「母親を売って友達を買う。」
「営門で頬を打たれ、家に帰って女房を殴る。」
「姑への腹立ち紛れに犬の腹をける。」
「あんな奴は生まずにカボチャでも生んでおけば、煮て食べられたものを。」
「人が自分にそむくなら、むしろ自分が先にそむいてやる。
「家と女房は手入れ次第。」
「野生のまくわ瓜は、最初に独り占めした物が持ち主だ。」
「らい病患者の鼻の穴に差し込まれたにんにくの種もほじくって食べる。」
「一緒に井戸を掘り、一人で飲む。」
「自分の食えない飯なら灰でも入れてやる。」
「川に落ちた犬は、棒で叩け。」
「泣く子は餅を一つ余計もらえる。」


http://trackback.blogsys.jp/livedoor/lancer1/10733752

――――――――――――――――――――――――――――――――引用終了

凄まじい民族性ですね。自分さえ良ければいい。自分以外の者の不幸を喜ぶ。
家族に対してすら慈悲の心を持ち合わせない。

この考え方、創価学会の考え方や行動にそっくりだと思いませんか?

創価学会員も、自分の家族、身内に対して、折伏や躾と称して、力ずくで信仰を強要し、歯向かう者への嫌がらせは勿論、“ただ気に入らないから”という理由で、たまたま目についた無関係な人間にまで、集団で嫌がらせ行為を繰り返し、ターゲットの身にに不幸が起きたら、皆で「勝利だ!」なんだと喜ぶ。

理論的に反論しても、「自分たちに嫉妬しているから」と、自分勝手で意味不明な結論に浸り、
論点ずらして、相手を攻め立て、相手こそが悪者、自分達には一切の非が無いという、無理やりの結論で終了。

基本、人の言葉の意味を解さない(日本語のみならず)人種なので、直接、会話するだけ無意味だと言えます。

創価学会の嫌がらせ被害に対して、直接、文句を言いに行っても、向こうは嘘をついてトボけるし、仲間の信者を使って口裏合わせをして、被害者こそが悪者だ、精神疾患だという風評を触れまわり、創価警察に連絡⇒創価の手先の待つ病院へ措置入院というパターンに陥らないよう、くれぐれも注意が必要です!


もし、何かあった時の為に、出掛ける際には、ICレコーダー等の撮影機器は手放せません。
最近は、スマホ一つで、ビデオ撮影も、音声録音も可能なので、外出時の荷物が軽くなりましたが。


にほんブログ村  ←ブログランキング参加中!ポチッとクリックお願いします。


創価学会と闘っている方のサイトを、ご紹介します。

【創価学会による被害者の会】
創価学会関連事件について詳しいリンク集です。まずは、このサイトから勉強すべきですね。
http://www.toride.org/

【政教分離を求める会】
http://seikyou-bunri.net/

【白バラ通信 パンドラの箱】
創価学会と裁判を起こしている、髙倉良一先生のブログです。
http://wrpandora.blog.shinobi.jp/

【カルト根絶センター】
日護会代表:黒田大輔氏のブログです。
http://ameblo.jp/cult-eradication-center/

【フォーラム21】
宗教と社会の関係を考える月刊誌。乙骨正生氏による創価批判本です。
http://forum21.jp/

【日本が危ない!カルト集団を撲滅根絶する会】
集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者のリンク集になっています。
http://cultbokumetsukonzetsu.web.fc2.com/

是非とも、参考にしてみて下さい。



にほんブログ村  ← 応援クリックお願いします!


創価学会の内部資料・マニュアル(?)のコピペです。
ネットじゃ、もう当たり前の情報ですが、まだまだ知らない人が多いみたいなので。
「大津いじめ事件」で、初めて創価学会員の悪辣さを知った人の為に、転載しておきます。

★各地域の敵対者排除/躾け

1)創価学会への強固な敵対者に対しては、将来的に考えてもその子息子女を落とす必要がある
  子息子女の不幸により折れる可能性も高い
  子息子女へは創価学会へ反発しないよう躾ける
  敵対者の子息子女の結婚は潰す必要がある
  会員の子息子女の敵であってはならない

2)会員の商売敵を排除する事は資金確保の上で重要である
  商売敵の子息子女も、将来を見据え落とす必要がある
  会員の子息子女の商売敵にならぬよう落とし躾ける

3)敵対者が地域で高評を受けぬよう計らう

4)各会員が連帯し、自然と不幸になったように落とす必要がある
  くれぐれも会員が疑われてはいけない

5)敵対者の言に信頼が集まらないよう計らう

6)敵対者の安定につながる者らも落とす必要がある

7)常に経済的/心理的に圧迫させる必要がある


これを読むと、学会員の子供が、親だけでなく、地域の信者ぐるみで、創価学会の言いなりになるよう、躾けられている様が分かります。
だからこそ、幼少時から、集団ストーカー、いじめに、喜んで加担出来るのでしょう。
彼らにとっては、それが当たり前の常識、信仰の一環だと思っている様ですから。

一般の子供の場合、親からの悪事の強制、虐待など、家庭環境が悪い時には、周囲の大人が、相談、サポート、矯正するのが普通ですが、創価信者の子供の場合、周囲が全て、信者で囲まれた環境で育つので、一般常識や善悪の判断が身に付く機会がなく、反社会的思想を持ったまま大人になってしまいます。
大阪・池田小学校の児童8人刺殺事件(平成13年)など、多くの凶悪事件を、創価信者が起こしているのも納得出来ます。

総集編 創価学会・公明党の犯罪白書
http://www.e-net.or.jp/user/mblu/ndb/skbk1/sg1/daredemo/komei-hanzai.htm

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ←ブログランキング参加中!ポチッとクリックしてね☆


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。